XMとは

XM

XM(エックスエム)とは?今さら聞けない定番海外FXの完全ガイド

この記事では「XMとは、どんな海外FX業者なのか?」を分かりやすくお話しします!

XM Trading(エックスエム)とは、日本人にとって一番馴染みのある海外FX業者です。

国内のFX業者にない高いレバレッジや、追証で借金を抱えるリスクがない海外FXといった魅力がXMにはあります。

とは言え、海外FX業者といっても山ほどの数がある中、「なぜXMが人気なのか?そもそもXMはどんなFX業者なのか」知っていますか?

本記事では、今さら聞けないXMの完全ガイドをまとめました。

口座登録で「3,000円」の取引ボーナスがもらえる

XMリアル口座開設はこちら

最短2分で登録完了

XM Trading(エックスエム)の基本情報

XM 基本情報

XMとは、詳しく解説する前に基本的な取引条件を一覧表にまとめました。

レバレッジや取引手数料、異なる仕様の口座タイプをご覧ください。

口座タイプ スタンダード口座 マイクロ口座 ゼロ口座
発注方式 NDD STP方式
証拠金通貨 JPY/USD/EUR
最大レバレッジ 888倍 500倍
取引手数料 無料 5ドル相当額 (※1)
1ロット当たりの単位 10万通貨 1000通貨 10万通貨
最大ロット (※3) 50ロット 100ロット 50ロット
最小ロット 0.01ロット
初回最低入金額 5ドル相当額
取り扱い銘柄 【通貨ペア】57種類

【貴金属CFD】4種類

【エネルギーCFD】5種類

【株価指数CFD】28種類

【商品CFD】8種類

取り扱い銘柄:合計102種類
マージンコール 証拠金維持率が50%を下回った場合
ロスカット水準 証拠金維持率が20%を下回った場合
取引プラットフォーム MetaTrader4/MetaTrader5 (Web・PC・App)

(※1) 100,000通貨=1ロット当たりの片道取引手数料

XMの基本スペックを一覧表で確認しましょう!

\無料で3,000円相当のボーナス/

XMリアル口座開設をする

XM Trading(エックスエム)の運営元と安全性

XM 運営元 安全性

XM Tradingの運営元
Tradexfin Limited (2017年設立) ※1
運営元の所在地
F20, 1st floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles
金融ライセンス
セーシェル金融庁 (FSA) ※2

(※1) 日本から利用できるグループ会社と設立年
(※2) Tradexfin Limitedが取得したライセンス

XM Trading(エックスエム)とは、 XMグループがアジア圏を対象に運営する海外FX業者です。

過去にCySec(キプロス証券取引委員会)は日本居住者の受け入れを停止した経緯から、2017年にTradexfin Limitedを新たに設立しました。

XMグループ自体は、2008年に設立されており、今や世界196ヶ国に500万人超のユーザーを抱える大手FX業者です。

XMの信頼できる高い安全性

XM Trading(エックスエム)は、日本から利用できる海外FX業者の中でも非常に高い信頼を得ています。

実際に海外FX=XMといったイメージがあるのも信頼性の高さを示していますが、金融ライセンスの取得が決定的な証拠です。

XMグループが取得している金融ライセンスの一部

  • CySec(キプロス証券取引委員会)
  • FCA(イギリス金融行動監視機構)
  • BaFin(ドイツ連邦金融監督庁)
  • CNMV(スペイン国家証券市場委員会)
  • MNB(ハンガリー国立銀行)
  • CONSOB(イタリア企業貿易委員会)

日本から利用できるXM Tradingの運営元Tradexfin Limitedが取得しているセーシェル金融庁(FCA)を含めると、2021年時点で12種類の金融ライセンスをXMは取得しています。

XMグループの金融ライセンスは世界最難関のFCA(イギリス)CySec(キプロス証券取引委員会)が含まれています。

実は、イギリスの金融規制は日本の金融庁も参考にしているほどです。

徹底した分別管理の体制

XMでは、顧客の資産の安全を確保するため「徹底した分別管理」の体制を整えています。

分別管理とは、顧客からの預かり金(私達の口座資金)とFX業者の資金を物理的に分離して管理する方法です。

日本から利用できる海外FXは、金融ライセンスの都合上、分別管理で顧客資産の安全性を確保するケースが多くあります。

XMでは金融業界で有名なバークレイズ(世界40か国に展開する金融機関)を利用した分別管理を行っており、預け先として十分に安全性が高いと評価できます。

また、直接の管轄ではないもののXM本社のCySecライセンスでは、2万ユーロ(約250万円)の信託保全も行ってることから、十分に安全性は高いと言えるでしょう。

XM Trading(エックスエム)で実施しているボーナス

XM ボーナス

XM Tradingのボーナスは3種類

  • 口座開設ボーナス 3,000円相当
  • 入金ボーナス 最大500,000円相当
  • 取引ボーナス 取引毎に無制限付与

XM Trading(エックスエム)が初心者から上級者まで、幅広いトレーダー層から人気の理由は何と言ってもボーナスの豊富さでしょう。

まず、XMは新規口座開設で3,000円相当のボーナスが貰えます。

口座開設ボーナスは、入金不要で口座の有効化(本人確認)を完了することだけが条件です。

更に、入金ボーナス最大500,000円相当のクレジットが付与されます。

極めつけは、「ロイヤルティプログラム」による取引ボーナスで、毎回の取引でポイントが貯まり、キャッシュバックやクレジットで1ロット当たり約700相当のボーナスと交換も可能です。

全3種類のボーナスでお得に使えるのはXMの大きな魅力と言えるでしょう。

ちなみに、入金ボーナスは不定期でリセットされるので再び受け取れます!

XM Trading(エックスエム)のメリット・デメリット

XM メリット デメリット

メリット デメリット
母体が大きいFXブローカー

99.35%が1秒以内!高い約定力

最大888倍のレバレッジを追証無しで

幅広い金融商品を1つの業者で取引できる

3種類のお得なボーナスを常時開催

日本人スタッフが在籍するサポート体制

無料のウェビナー・シグナルでFXの基礎が勉強できる

スキャルピングや自動売買(EA)に制限無し

複数の決済方法に対応!入出金が早い

実は最大888倍のレバレッジは高くない

休眠口座あり、期間中は口座維持費がある

スプレッドが広い

株式CFDや暗号資産CFDの取り扱いがいない

口座残高によるレバレッジ制限がある

XM Trading(エックスエム)を利用することで、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

ここでは、具体的な上記のXMのメリット・デメリットから3つの注目ポイントをご紹介します。

最大888倍とゼロカット

XMは、最大888倍のレバレッジとゼロカットで、取引のリスクを大幅に軽減することができます。

最大888倍のレバレッジは、外国為替と貴金属CFDのゴールドとシルバーに適用されます。

最大レバレッジが高いことで、取引をするのに必要な証拠金を抑えられるのがメリットです。

例えば、本記事執筆時点の為替レートでドル円を10万通貨取引する場合、レバレッジ25倍では45万円、888倍では1万円程度でポジションが持てます。

また、XMは過去のショック相場(リーマンショックやスイスフランショック、アップルショックなど)でもゼロカットを行い、顧客をキチンと守ってきた実績も評価が高いです。

マイナーなFX業者の中には、ショック相場でゼロカットが実施できず、多くの損失を抱えるユーザーも発生しています。

ゼロカットとは?

ゼロカットとは、国内FX業者と同様のロスカットルールに加えて、さらに顧客の安全性が確保できる制度です。

ゼロカットは相場の急変動などにより、ロスカット後の損失が口座残高を超えてしまっても、不足分のマイナス残高は相殺されます。

つまり、いわゆる追証(おいしょう)による実質の借金がゼロカットでは発生ません。

3種類のボーナスでお得に海外FXデビュー

ボーナスが豊富な海外FX業者は多いですが、新規向けから既存のユーザーまでの3種類のボーナスはXMのメリットと言えるでしょう。

日本人スタッフ採用で、初めての海外FX業者として選ばれるXMは、まず無料の口座開設ボーナスを使って試すことができます。

また、入金して本格的に海外FXデビューをする際も、入金ボーナスでトレード資金を増やして有利に取引が可能です。

頻繁に取引をする上級者トレーダーなら、取引ボーナスも相当なキャッシュバック金額になります。

スプレッドの広さがデメリット?

海外FX=スプレッドが広いといった話を聞いたことがあるかも知れません。

実際は、最小0pipsのスプレッドを提示していたり、マイナー通貨ペアでもメジャー通貨ぺア並みのスプレッドの海外FX業者もあります。

海外FXのスプレッドに対する日本人のイメージは、一番有名なXMのスプレッドが広いことにあるでしょう。

XMのスプレッドは、海外FX業者の中でもやや広く、取引ボーナスとの併用がおすすめです。

口座タイプにスタンダード口座を選択して、取引ボーナスを活用することで実質コストを半分程度に減らすことができます。

XM Trading(エックスエム)の提供する口座タイプは3つ

XM 口座タイプ3種類

XM Trading(エックスエム)では、ユーザーそれぞれのトレードスタイルに沿った「3種類の口座タイプ」が用意されています。

口座タイプによって仕様が異なることで、少額資金の取引や、中・長期トレード、高頻度な短期トレードまで快適な取引がXMでは可能です。

(1)XMのマイクロ口座

XMのマイクロ口座は、1ロットのサイズが1000通貨のミニマムロット対応の口座タイプ。

数十円の必要証拠金からポジションが持てるので、少額資金でFXの練習をしたい方におすすめです。

また、XMの高いレバレッジやボーナスを利用しつつ、積み立て式で長期運用をするのにもマイクロ口座は役立ちます。

(2)XMのスタンダード口座

XMで最も汎用性の高い口座タイプがスタンダード口座です。

海外FX業者では定番の1ロット当たり10万通貨のサイズとなり、XMの提供する3種類のボーナスを全て受け取れます。

マイクロ口座のロットサイズでは、損失も小さい半面、利益も非常に小さいです。

XMのスタンダード口座は、本格的にトレードを始める最初の海外FX口座としても向いています。

最大888倍と1ロット=10万通貨は海外FXの標準ですが、ボーナスが多い分、少ないコストで取引が可能です。

(3)XMのゼロ口座

XMで最も狭いスプレッドとなるのがゼロ口座です。

他の口座タイプと違い、入金ボーナスや、取引ボーナスの対象外となります。

また、XMの口座タイプで唯一、1ロット当たり片道5ドル相当の取引手数料が発生するのも特徴です。

その代わり、最小0pipsのスプレッド+500倍のレバレッジで快適にトレードができます。

自分に合った口座タイプで快適にトレードしましょう!

XM Trading(エックスエム)の【レバレッジ・スワップ・スプレッド】

XM レバレッジ・スワップ・スプレッド

どんな海外FX業者でも、取引環境に大きく関わる「レバレッジ・スワップ・スプレッド」の3大要素は重要です。

ここでは、XMの取引環境について分かりやすく解説をします。

XMのレバレッジは最大888倍

先に触れた通り、XMでは主要な通貨ペアと貴金属CFDのゴールドとシルバーに最大888倍が適用させます。

また、主要な通貨ペアとゴールド・シルバー以外の銘柄にもXMは好条件のレバレッジを提供しています。

例えば、XMで取り扱う日経平均株価CFDでは、現物と先物が共に最大200倍のレバレッジで取引可能です。

200倍のレバレッジの取引条件は、まず国内のCFD業者では不可能、さらには法人向けの口座より高い倍率になります

XMのスワップポイントは?

FXで取引する通貨ペアは、異なる通貨同士の取引です。

通貨には、それぞれの国の金利が反映されるため、ポジションを持ち越す際には金利の差額を清算する必要はあります。

清算時に発生する、異なる通貨の金利差がスワップポイントです。

XMでは、FXで取引する通貨ペアの他、CFDで取り扱う各銘柄に関してもスワップポイントが発生します。

参考までに、本記事執筆時点のXMのスワップポイントを一覧表にまとめました。 

メジャー通貨ペア EUR/USD USD/JPY GBP/USD AUD/USD USD/CAD
ロング -5.04pips -3.03pips -3.82pipspips -2.18pips -3.89pips
ショート -1.14pips -3.23pips -3.52pipspips -1.78pips -3.09pips

2021年12月時点のメジャー通貨ペアのスワップポイントは上記の通りです。

メジャー通貨ペアは、構成する通貨の金利状況から、全てネガティブロール(スワップポイントの支払い側)となります。

ロングポジションとショートポジションの差が小さく、比較的トレードしやすい環境です。

高金利通貨ペア USD/TRY USD/ZAR USD/MXN
ロング -724.16pips -33.56pips -598.47pips
ショート 63.34pips 9.24pips 271.53pips

スワップポイントを利益として狙う取引で人気の高金利通貨ペアは、上記のスワップポイントです。

現状の金利状況から、仕方のない部分もありますがネガティブロールとポジティブロールで差が大きくなります。

両建てによるスワップポイントのサヤ取りには、難易度が高いと言えるでしょう。

CFD銘柄 JP225Cash UK100Cash US30Cash US500Cash GOLD
ロング -2.34pips -0.6pips -2.97pips -0.4pips -2.53pips
ショート -2.41pips -0.58pips -2.87pips -0.38pips -2.4pips

主要なCFD銘柄のスワップポイントは上記の通りです。

基本的にCFDでは、ポジションの持ち越しにスワップポイントに支払いが必要となります。

ただし、決済期日の決まっている株価指数先物に関してはスワップポイントがありません。

XMのスワップポイント一覧はこちら

XMのスプレッドは?

XMのスプレッドを、実際に計測してみました。

ここでは、メジャー通貨ぺア「EUR/USD・USD/JPY・GBP/USD・AUD/USD・USD/CAD」と、人気のCFD銘柄の平均スプレッドを一覧表でお届けします。

EUR/USD USD/JPY GBP/USD AUD/USD USD/CAD
1.8pips 1.6pips 2.6pips 1.9pips 2.3pips

こちらは、XMのスタンダード口座とマイクロ口座の平均スプレッドです。

スタンダード口座とマイクロ口座のスプレッドは共通の仕様となっています。また、スタンダード口座とマイクロ口座では、取引ボーナスを受け取ることできるので実質コストを抑えられるのが特徴です。

取引ボーナスは、最大で1ロット(10万通貨当たり)の取引で7ドル相当のクレジットが受け取れます。

スプレッドに換算すると0.7pips相当なので実質コストはかなり安いです。

EUR/USD USD/JPY GBP/USD AUD/USD USD/CAD
0.1pips 0.2pips 0.5pips 0.6pips 0.6pips

純粋に低スプレッドを求めるならゼロ口座が良いでしょう。

上記はゼロスプレッド口座のメジャー通ペアの平均スプレッドです。ゼロ口座の平均スプレッドは、スタンダード口座やマイクロ口座と比べて、かなり狭いのが分かります。

ただし、ゼロ口座は1ロットの片道取引当たり、5ドル相当額の取引手数料が必要です。

ちなみに、5ドル相当の取引手数料は、スプレッドに換算すると0.5pips相当になります。
JP225Cash UK100Cash US30Cash US500Cash GOLD
0.6pips 30.0pips 41.7pips 5.0pips 5.7pips

CFD銘柄のスプレッドは、口座タイプによる違いがありません。

つまり、スタンダード口座や、マイクロ口座、ゼロ口座でどの口座タイプでCFDの取引をしても同じ取引条件ということです。

口座タイプの最大レバレッジに関わらずCFDの最大レバレッジは共通になります。

XM Trading(エックスエム)で取り扱っている通貨ペアは?

XM 通貨ペア

XM Trading(エックスエム)では、外国為替や株価指数、貴金属や商品先物など幅広い金融市場を1つのアカウントで取引できます。

ここでは、具体的にXMがどんな通貨ペア、CFD銘柄を取り扱っているかを一覧表にまとめました。

XMが取り扱う通貨ペア【全57種類】
AUDCAD EURPLN NZDJPY
AUDCHF EURRUB NZDSGD
AUDJPY EURSEK NZDUSD
AUDNZD EURSGD SGDJPY
AUDUSD EURTRY USDCAD
CADCHF EURUSD USDCHF
CADJPY EURZAR USDCNH
CHFJPY GBPAUD USDDKK
CHFSGD GBPCAD USDHKD
EURAUD GBPCHF USDHUF
EURCAD GBPDKK USDJPY
EURCHF GBPJPY USDMXN
EURDKK GBPNOK USDNOK
EURGBP GBPNZD USDPLN
EURHKD GBPSEK USDRUB
EURHUF GBPSGD USDSEK
EURJPY GBPUSD USDSGD
EURNOK NZDCAD USDTRY
EURNZD NZDCHF USDZAR

マイクロ口座では、通貨ペア名の末尾に「.micro」が付きます。ゼロ口座は、通貨ペア名の末尾に「.」と記載されており、上記の表はスタンダード口座の通貨ペア名です。

[/st-mybox]

XMが取り扱う全株価指数(現物)【全14種類】
AUS200Cash

EU50Cash

FRA40Cash

GER40Cash

HK50Cash

IT40Cash

JP225Cash

NETH25Cash

SPAIN35Cash

SWI20Cash

UK100Cash

US100Cash

US30Cash

US500Cash

XMが取り扱う全株価指数CFD(先物)【全10種類】
EU50

FRA40

GER40

JP225

SWI20

UK100

US100

US30

US500

USDX

XMが取り扱う貴金属CFD【全4種類】
GOLD

SILVER

PALL

PLAT

XMが取り扱うコモディティCFD【全8種類】
COCOA

COFFE

CORN

COTTO

HGCOP

SBEAN

SUGAR

WHEAT

XMが取り扱うエネルギーCFD【全5種類】
BRENT

GSOIL

NGAS

OIL

OILMn

XM Trading(エックスエム)の口座開設手順

XM 口座開設手順

XMの口座開設手順【3000円相当のボーナス付き】

  1. こちらのリンクからXMの公式サイトを開く
  2. 口座開設申し込みフォームから手続きをする
  3. 画像で本人確認書類をアップロードする
  4. 口座の有効化が完了・3,000円相当のボーナスが反映

口座登録で「3,000円」の取引ボーナスがもらえる

XMリアル口座開設はこちら

最短2分で登録完了

XM Trading(エックスエム)の口座開設は、初心者でも特に難しいと感じることはありません。

XMは、日本人スタッフが在籍しており、口座開設フォームから問い合わせの窓口まで完全に日本語をサポートしているからです。

実際の口座開設手続きも日本のFX業者と大差がなく、全てウェブ上で完結するのでXMの方が簡単とすら感じられるでしょう。

とは言え、初めての海外FX業者でキチンと口座が開設できるか不安な方は、以下の記事で実際の操作画面に沿って紹介しているのでチェックしてみてください。

XM Trading(エックスエム)の入金方法と手数料

XM 入金方法 手数料

入金方法 最低入金額 入金手数料 取引口座への反映目安
国内銀行送金 1円から 980円 (※1) 平日30分から1時間程度
クレジット/デビットカード(VISA) 5ドル相当額 無料 即時反映
Bitwalllet(ビットウォレット) 5ドル相当額
STICPAY(スティックペイ)
BXONE(ビーエックスワン)

(※1) 入金額10,000円相当額以上で手数料無料

XM Trading(エックスエム)では、様々な決済に対応しており、海外FX業者ながら便利な入金方法が整っています。

特に便利なのは「国内銀行送金」です。

国内銀行送金は、決済代行業者を通じて、普段お使いの銀行振込の要領で、XMへスピーディーに入金できます。

また、出金時には入金分と利益分を国内銀行送金でまとめて、直接銀行口座に出金できるのもメリットです。

例えば、他の入金方法では、入金と同額分までしか出金できず、利益分は国内銀行送金で別途出金する必要があります。

XM Trading(エックスエム)の出金方法と手数料

XM 出金方法 手数料

出金方法 出金手数料 最低出金額 最大出金額 出金完了までの目安
国内銀行送金 無料 10,000円相当額 入金相当額+利益分 1週間以内
クレジット/デビットカード(VISA) 5ドル相当額 入金相当額まで 即時処理 (※1)
Bitwalllet(ビットウォレット) 即時処理 (※2)
STICPAY(スティックペイ)
BXONE(ビーエックスワン)

(※1) XMからの返金リクエスト即時、その後の返金日数はお使いのカード会社によって異なります。
(※2) XMの取引口座からウォレット残高への出金までが即時反映です。

XM Trading(エックスエム)は、入金した時と同じ決済手段で出金するルールがあります。

なぜ、出金方法にルールがあるかと言いますと、XMが複数の金融ライセンスを取得している世界的なFX業者だからです。

金融ライセンスの管轄下では、不正な現金化を防ぐ(アンチマネーロンダリング)ことを徹底する立場にあります。

そのため、現金取得に繋がるクレジットカードの入金分は、利用キャンセルの形で出金。
間接的にクレジットカード入金ができるオンラインウォレット(Bitwallet/STICPAY/BXONE)はウォレットへ入金分を出金しなければなりません。

初めから現金でしか入金できない国内銀行送金に関してのみ、入金分、利益分の出金が可能です。

肝心の出金スピードに関しては、非常に早く処理が行われます。

口座登録で「3,000円」の取引ボーナスがもらえる

XMリアル口座開設はこちら

最短2分で登録完了

XM Trading(エックスエム)の評判は?

XM 評判

XMで評判の良い点 XMで評判が悪い点
約定力が安定している
XMP(取引ボーナス)の使い勝手が良い
最大888倍のレバレッジで取引しやすい
取引ツールが優秀
ゼロカット採用で安心
スプレッドが広い
金融庁から警告を受けている

XM Trading(エックスエム)の評判は、先にメリット・デメリットでもお伝えした通り、約定力の高さやボーナスの豊富さ、ゼロカットによる安心感の評判が良いです。

しかし、取引ボーナスを加味しない、純粋なスプレッドでは他社より広いと悪い評判に挙げられます。

また、金融庁からの警告についてですが、有名な海外FX業者の大半は警告を受けているのは事実です。

日本の規制では、日本人が海外FX業者を使うことは問題ありませんが、海外FX業者が直接、日本人向けに宣伝・勧誘することが禁止されています。

そのため、日本の金融庁に未登録で、海外の金融庁・金融ライセンスの管轄にある海外FX業者へ警告を行っているのです。
XMでは、警告を受け公式サイトには日本居住者を対象に勧誘していないと記載されるようになりました。

XM Trading(エックスエム)を他社と比較

XM 他社と比較

日本から利用できる海外FX業者も増え、今や日本国内のFX業者の数とは比にならない数となりました。

数ある海外FX業者と比較して、XMと他社でどういった違いがあるのかを見てみましょう。

XMの他社比較(1) スプレッド

通貨ペア EUR/USD USD/JPY GBP/USD AUD/USD USD/CAD
XM Trading(エックスエム) 1.8pips 1.6pips 2.6pips 1.9pips 2.3pips
iFOREX(アイフォレックス) 0.7pips 1.0pips 1.1pips 0.8pips 2.0pips
Gemforex(ゲムフォレックス) 1.7pips 1.4pips 2.4pips 1.5pips 2.0pips
FBS(エフビーエス) 1.2pips 1.3pips 1.8pips 1.5pips 2.3pips
AXIORY(アキシオリー) 1.2pips 1.3pips 1.4pips 1.6pips 1.8pips
FXGT(エフエックスGT) 1.5pips 1.6pips 2.2pips 2.0pips 2.5pips
IS6FX(アイエスシックス) 2.0pips 1.6pips 2.4pips 2.0pips 2.2pips
TradersTrust(トレーダーズトラスト) 1.7pips 1.8pips 2.0pips 1.9pips 2.5pips
TITANFX(タイタンFX) 1.2pips 1.3pips 1.8pips 1.5pips 2.3pips

XMのスタンダード口座(マイクロ口座)の平均スプレッドを他社と比較しました。

他社のスタンダード口座と比較して、XMのスタンダード口座は若干広い印象を受けます。

ただし、取引ボーナスを踏まえて考えると、実質コストでは他社より優れているでしょう。

海外FX業者 EUR/USD USD/JPY GBP/USD AUD/USD USD/CAD
スプレッド(スプレッド+取引手数料)
XM Trading(エックスエム) 0.1pips(0.6pips) 0.2pips(0.7pips) 0.5pips(1.0pips) 0.6pips(1.1pips) 0.6pips(1.1pips)
AXIORY(アキシオリー) 0.2pips(0.5pips) 0.4pips(0.7pips) 0.3pips(0.6pips) 0.5pips(0.8pips) 0.7pips(1.0pips)
GEMFOREX(ゲムフォレックス) 0.6pips(0.6pips) 0.4pips(0.4pips) 1.9pips(1.9pips) 0.9pips(0.9pips) 1.3pips(1.3pips)
TitanFX(タイタンFX) 0.3pips(0.65pips) 0.4pips(0.75pips) 0.8pips(1.15pips) 0.3pips(0.65pips) 0.8pips(1.15pips)
FBS(エフビーエス) 0.3pips(0.6pips) 0.4pips(0.7pips) 0.8pips(1.1pips) 0.8pips(1.1pips) 1.2pips(1.5pips)
Traders Trust(トレーダーズトラスト) 0.4pips(0.7pips) 0.6pips(0.9pips) 1.2pips(1.5pips) 0.9pips(1.2pips) 1.4pips(1.7pips)

低スプレッドに特化したXMのゼロ口座も、同じように低スプレッドに特化している他社口座と比較しました。

取引手数料を加味してXMのゼロ口座のスプレッドを見ると、他社より0.1pips前後広い結果となりました。

海外FX業者 GOLD(XAU/USD) JP225 US30 US100
XM Trading(エックスエム) 5.7pips 0.6pips 41.7pips 20.0pips
AXIORY(アキシオリー) 5.6pips 1.1pips 4.1pips 2.3pips
iFOREX(アイフォレックス) 8.0pips 1.3pips 4.1pips 2.2pips
GEMFOREX(ゲムフォレックス) 3.3pips 27.0pips 49.0pips 20.0pips
Traders Trust(トレーダーズトラスト) 6.5pips 20.0pips 3.6pips 1.7pips
IS6FX(アイエスシックスFX) 3.5pips 29.0pips 5.4pips 2.4pips

主要なCFD銘柄の平均スプレッドも他社と比較を行いました。

ゴールド、日経平均株価、ダウ平均株価、ナスダック総合指数のうち、XMは日経平均株価(JP225)が非常に狭いです。

他社の半分以下のスプレッドかつ、取引ボーナスも併用できるため好条件で日経平均株価の取引が出来ます。

XMの日経平均株価は200倍のレバレッジが使えます!

XMの他社比較(2) 最大レバレッジ

XM Trading(エックスエム) Axiory(アキシオリー) iFOREX(アイフォレックス) TitanFX(タイタンFX) GEMFOREX(ゲムフォレックス) FBS(エフビーエス) IS6FX(アイエスシックス) Traders Trust(トレーダーズトラスト) FXbeyond(FXビヨンド)
888倍 400倍 400倍 500倍 1000倍 3000倍 1000倍 3000倍 1111倍

XMの最大レバレッジを他社と比較してみましょう。

他社の最大レバレッジは、最も低いのが400倍、最も高いのが3000倍と非常に幅が広いのが分かります。

XMの最大レバレッジは、おおよそ中間ぐらいの倍率です。
高過ぎず、低すぎない使いやすのがXMの最大レバレッジと言えるでしょう。

XMの他社比較(3) ボーナスの種類

海外FX業者 XM Trading(エックスエム) Axiory(アキシオリー) iFOREX(アイフォレックス) TitanFX(タイタンFX) GEMFOREX(ゲムフォレックス) FBS(エフビーエス) IS6FX(アイエスシックス) Traders Trust(トレーダーズトラスト) FXbeyond(FXビヨンド)
口座開設ボーナス
入金ボーナス
取引ボーナス

XMは、豊富なボーナスが特徴です。
ポイントは、期間限定ではなく、常時全てのボーナスを実施している点にあります。

他社で常時開催のボーナスを比較してみると、XMの様に3種類のボーナスを実施しているのがFBS(エフビーエス)のみでした。

しかし、FBSではボーナスを利用すると最大レバレッジに制限があります。
XMは、取引ルールに制限がなく、純粋にボーナスのメリットを受けられます。

XM Trading(エックスエム)に関するよくある質問

XM よくある質問

XMに関するよくある質問

  • XMで出金拒否はある?
  • 入金ボーナスはもう開催しないの?
  • XMを使うことは違法ではない?
  • XMで結構稼いだ!確定申告はいくらから?
  • 困った時の窓口はどこ?

ここでは、XMを今から使おうと思っている方、XMが初めての海外FX業者といった方向けに「よくある質問と解答」をまとめました。

細かい疑問や、困ったときに活用してください。

XMで出金拒否はある?

金融ライセンスやXMグループの規模でも触れた通り、XMで悪質な出金拒否が起こる事はないでしょう。

ただし、以下の場合はXMに限らず、出金拒否が行われます。

  • 出金手続きに不備があった
  • XMの利用規約に違反した

出金手続きに関しては、入金分を入金時と同じ出金方法で申請しているか、出金先の金融機関情報に誤りがないかを入念にチェックしましょう。

また、XMのサービスを悪用する不正取引を行っていないかも確認すべきです。

例えば、複数口座を利用した両建て取引は規約違反に該当します。

入金ボーナスはもう開催しないの?

XMで常時開催している入金ボーナスは、ボーナスの合計金額が50万円の上限を迎えると一旦は対象外となります。

ただし、不定期でボーナスの受け取り金額はリセットされるので、実は複数回受け取ることが可能です。

XMを使うことは違法ではない?

日本人居住者がXMを含む海外FX業者を利用することは違法ではありません。

また、XMは金融庁に未登録なので、怪しいといった意見もあります。

しかし、「未登録」とは、「日本にオフィスを持たない、日本の金融庁の管轄下にない」という意味になります。日本から利用できるXMは、セーシェル金融庁(FSA)の管轄です。

また、仮にXMが日本の金融庁に認可を受けてしまうと、最大888のレバレッジは25倍に、ゼロカットが廃止され追証の支払い義務が発生します。

XMで結構稼いだ!確定申告はいくらから?

厳密な基準は、個々の年間所得等によって異なりますが、XMを使って得た利益は必ず確定申告をしましょう。

また、海外FXの税金は高いといった話がありますが、目安として年間の所得が300万円未満の場合は、実は国内FXより海外FXの方が税率は低いです。

XMで得た利益は、雑所得となるため累進課税が適用されます。

XMを含めて、海外FXで年次の利益が出ましたら、自治体の窓口、あるいは税理士へ専門家に相談することがお勧めです。

困った時の窓口はどこ?

初めての海外FX業者なら、何かとトラブルが多いかも知れません。

多くのトラブルは、自身の操作ミスや、海外FX業者の仕様を知っていれば避けられます。

しかし、登録情報を変更したい場合など、どうしても自分で解決できない問題はXMのサポートを利用しましょう。

平日の日本時間午前9時から午後21時までならXM公式サイトのライブチャットを、夜間や急ぎでない場合はメールによる問い合わせが便利です。

口座登録で「3,000円」の取引ボーナスがもらえる

XMリアル口座開設はこちら

最短2分で登録完了

その他おすすめの海外FX会社比較はこちら!

-XM