XM 手数料 高い

XM

XMの手数料が高い?理由やXMにかかる手数料の種類について解説

海外のFXサイトXMの手数料が高い

そんな悩みを抱えていませんか?

この記事を読むことで、その悩みは解消されます。

実際に私はXMの手数料が高い理由を知ることで納得のいく回答を得ました。その結果悩みが解消され、さらにXMで取引を楽しむことができています。

そこで今回の記事では、海外FXサイトXMがなぜ高いのか、どれくらい高いのかを踏まえて初心者でも理解できるように解説しました。XMで気持ちよくトレードするためにも、ぜひ最後までお読みください。

XMの口座をまだ登録していない方はこちらから登録できます。

口座登録で「3,000円」の取引ボーナスがもらえる

XMリアル口座開設はこちら

最短2分で登録完了

XMの手数料が高い!どうして?

XM 手数料 どうして?

そもそも、XMとは?

正式名称はXMTrading(エックス エム)と言い、海外FXのサイトのことを指します。

他にGemForex、AXIORYなどたくさんの海外FXサイトが存在します。

現在ではXMのような海外FXサイトが日本語に対応しているケースがほとんどです。ユーザが見やすく、一元管理しやすいようになっています。

 

FXにおける手数料とは?

海外のFXサイトでは入出金時、取引の際に手数料がかかります。

XMでは手数料が高いということで敬遠される人もいますが、見方によっては手数料が安くなる事も判明しました。

詳しい内容に関しましては後述しますが、まずはXMの手数料が高い理由をみていきましょう。

 

XMの手数料が高い理由

XMの手数料が高い理由は日本語によるサポートがあるということと、信用性のあるブランドとして確立されているからです。

XMは他社で獲得できなかったライセンスも取得しており、安心してユーザが利用できる海外FXとなっています。メールやライブチャットなどのサポートも厚いため初心者でも参入しやすいFXプラットフォームと言えます。

XMは約定率が圧倒的に良いです。

約定率とは注文した内容が意図した通りに成立する確率のことです。XMの約定率は99.98%と高い約定率を誇り、XMが力を注いでいるところでもあります。また、取引のスピードに関しても他社と比べて相当早いと謳われています。

XMでかかる手数料は8種類

XMの手数料の種類は、8種類存在します。

8種類も手数料があるとすると、

取引完了までに高額な手数料を取られることになるのでは?

とお考えの方もいらっしゃるかも知れませんが、フタを開けてみるとそうでもありません。先ほどもお伝えしましたが、ユーザによっては逆に安くなるという結果になったのです。

それでは、実際に出金までの手数料を詳しくみていきましょう。

XMの手数料8種類と出金までのマージン一覧

XM 手数料 8種類

XMでは8種類の手数料が存在すると説明しました。

では、どのような手数料が存在するのかを解説します。

まず、XMの8種類の手数料に関しては大きく2つに4つずつ分類されています。

  • 「お金の移動や口座維持に必要な手数料」の4つ
  • 「実際の取引にかかる手数料」の4つ

上の項目からみていきましょう。

まずは「お金の移動や口座維持に必要な手数料」4つについてご紹介します。

  1. 入金手数料
  2. 出金手数料
  3. 資金振替手数料
  4. 口座維持手数料

口座維持手数料など、初めて見る方は抵抗があるかも知れませんが、読み進めると簡単だということがわかるので安心して読み進めてください。

 

入金手数料

入金で手数料がかかるのは銀行での入金です。海外FX業者から手数料がかかるのではなく、銀行から手数料が取られるという仕組みになっています。

FX入金時手数料

クレジットカードやオンラインウォレットでは手数料がかかりません。

銀行送金だと1万円未満=980円の手数料がかかってしまいます。銀行によっては最大1500円もかかってしまう場合があります。

銀行送金の場合は1万円以上の入金をした方が良いですね。

※bitwallet、STICPAY、BXONEなどのオンラインウォレット(電子財布)には元々規定の手数料があるので、それは無料にはなりません。例えばSTICPAYにクレジットカードで入金しようとすると2%の手数料が取られます。

ワンポイントアドバイス

海外FX業者は、入金手数料を無料としているところが多い

出金手数料

海外FXからの出金手数料は無料の場合がほとんどです。

クレジットカード、オンラインウォレットは基本的に無料ですが、銀行へ出金する場合は手数料がかかります。

銀行での出金の手数料には出金手数料とリフティングチャージというものがあります。

出金時手数料

基本的に出金手数料は1500円以上かかり、リフティングチャージは送金額×0.05%かかります。銀行によってバラつきがありますが調べましたところソニー銀行と福岡銀行が出金手数料が無料でした。

ソニー銀行はたくさんのFXユーザに好まれています。銀行を利用する人で手数料をちょっとでも抑えたい人は手数料が無料のソニー銀行を選ぶ方が良いです。

リフティングチャージは日本語だと「円為替取扱手数料」のことを指します。円のまま海外に送金をする際の手数料のことでリフティングチャージは0.05%の場合、10万円の出金だと500円かかります。

資金振替手数料

資金振替とは所持している口座内でお預かり金の移動のことです。

XMでは1つのアカウントで8つも口座を作ることができます。

基本通貨の「JPY」「USD」「EUR」の3つの中で、通過が違う口座へお金を移動した際に手数料が発生します。

通貨移動

手数料は移動する金額×0.3%です。1000円なら3円、1万なら30円、10万なら300円ですね。

 

口座維持手数料について

XMでは口座を90日間取引をしないと、休眠口座と判定され5ドルの手数料がかかります。

※ここでいう取引というのは、XMの取引や入出金、資金振替のことも対象になります。

口座維持手数料

さきほどXMでは1つのアカウントで8つの口座を所持できるというお話をさせていただきました。

例えば、2つ口座を持っているとして片方で取引をしてさえいれば手数料は取られません。

2つの口座とも90日間取引がないと5ドルの手数料が取られてしまうということです。

対策

資金振替をしましょう。 資金振替で口座から口座へお金を移すだけでも取引したと判断され90日間がリセットされます。

以上、「お金の移動や口座維持に必要な手数料」の4種類についてご説明しました。

ここからは「実際の取引にかかる手数料」4種類をご説明します。

実際の取引時にかかる手数料はこちら

  1. スプレッド
  2. 取引手数料
  3. スワップポイント
  4. スリッページ

スプレッド

スプレッドとはFX取引をする際の買い値と売り値のことです。

取引の際に手数料がかかります。

海外FXの有名な5社でスプレットの手数料を比較してみました。

比較する海外FXはこちら

USD/JPYのトータルコストのグラフ (数字の3は平均0.3pipsという意味

IS6FXがスプレット手数料が高く、他は平均0.3pipsと同じような数字でした。

これらの他にFXPROの手数料が高く平均1.5pipsという結果になりました。

XMはスタンダード口座(一般口座)は、USD/JPYのスプレット手数料が平均1.65pipsと良い評価(中程度の評価)ですが、EUR/JP、GBP/JPY、EUR/USDではスプレット手数料が高めです。

海外FX/通貨 USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY EUR/USD
XM 1.65pips(平均値) 2.2pips(平均値) 3.6pips(平均値) 1.8pips(平均値)

 

しかし、これらの手数料はECN口座では一転し、安くなります。

ECN口座での手数料

海外FX/通貨 USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY EUR/USD
XM 0.35pips(平均値) 0.4pips(平均値) 0.65pips(平均値) 0.3pips(平均値)

XMはスタンダード口座のスプレット手数料が高めという結果でしたが、ECN口座では他社より圧倒的に手数料が低いです。

XMでECM口座をお考えの人にとって有力な情報ですね。

海外FXのスプレッドに関してはこちらの記事でさらに詳しくまとめています

取引手数料

海外FXではSTP口座とECN口座の2つの取引口座があります。STP口座では手数料がかかりません。

ECN口座では一回の取引で平均5ドルかかります。

FXでは1度の取引で「購入」「決済」を行う必要があり、それぞれ手数料がかかります。

XMでは1ロット=5ドルです。

「購入」「決済」にそれぞれ1ロット=5ドルという手数料がかかるため1回の取引で10ドルかかるということになります。

 

1ロットあたりの手数料が高い順 [海外FX 5社比較]

海外FX業者 ECN口座での取引手数料  1ロットあたり
Axiory 1ロット=6ドル
XM 1ロット=5ドル
TITAN 1ロット=3.5ドル
iFORX 無料
GEMFOREX 無料

XMは2番目に手数料が高いという結果になりました。海外FX業者によってはiFORXGEMFOREXのように手数料が無料というところもありますね。

 

スワップポイント

スワップポイントについて、わかりやすく説明します。

自国の政策金利より高い海外の通貨を買うと、保有している間毎日収益が入ります。

この金利差がスワップポイントと言います。スワップポイント

注意

スワップポイントは収益が全て入るというわけではなく、手数料がかかるという仕組みになっています。

スリッページ

FXで注文をしてから海外のサーバーに届くまでの間でレートが変わってしまった時のことをスリッページと言います。

しかしXMでは「99.98%の確率で注文ができる」とあるため、スリッページが発生する可能性は極めて低いです。

そのため、XMの場合はスリッページのことをあまり気にしなくても良いでしょう。

XMの手数料は高い理由は充実のボーナス制度にもある

理由 ボーナス制度

XMと他社のFXサイトと比べると、XMの手数料は同程度か少し高いということになりました。

しかし、XMの特徴としてボーナス制度やXMPというのがあります。

1つずつ説明していきましょう。

XMのボーナス制度とは?

口座開設ボーナス

XMでは口座開設時に3000円をもらえます。[ 2021年10月現在 ]

口座登録で「3,000円」の取引ボーナスがもらえる

XMリアル口座開設はこちら

最短2分で登録完了

Zero口座などの初心者用の口座ではそこそこ遊べます。

入金ボーナス

XMでは、500ドルまでのご入金に対して、入金額と同額の100%ボーナスを進呈しています。

さらに入金が500ドル以上で、ボーナス総額が5,000ドル相当に達するまでは、入金額の20%のボーナスを提供しています。

入金ボーナス

例→ 100ドル入金→200ドルの取引が可能 (100%ボーナス)

例→ 1000ドル入金→1600ドルの取引が可能 (500ドルまでの100%ボーナス=1000ドル 残りの500ドルに対する20%の100ドル追加=600ドル)

※ただし、ボーナスで得た分は出金できません。ボーナスを使って収益を得た場合は出金ができます。
※Zero口座の場合は入金ボーナスはありません。

 

XMP

XMPとはロイヤリティポイントプログラムといって、XM独自のポイント制度です。

取引をすればするほどポイントが貯まります。

1ポイント=約0.33ドルとして扱うことができます。

1ロットの取引あたり10~20ポイント貯まります。(差は取引者のランクによって変わります。)

10ロット7000円、100ロット70000円と考えればポイントの重要性が明確になりますね。

以上、3種類のボーナスプログラムが存在します。これは、他社サイトと比較するとかなり充実しているといえるでしょう。

XMは手数料が高い分、こういったボーナス制度で還元していると言えます。

XMの手数料に対するインターネットの声

インターネットの声

インターネットの調査ではどういった声が上がっているのでしょうか?

TwitterからXMの手数料に関するインターネットの声を調査してみました。

・XMは手数料が高い
・ハイレバレッジが良い

といった声が多いようです。

XMではレバレッジが最大888倍と、 他より突出している特徴があるという声や、40万円までの取引では手数料がかかるという声もあります。

つまり大きく取引したいと思う人はXMが向いているのかなと感じました。

まとめ XMの手数料が高いのは手厚いサービスの証

いかがでしたでしょうか。

まとめると、XMの手数料が高い理由は以下のようになります

まとめ

・豊富なライセンスや古株の海外FXということで信頼性が高い
・日本語サポートが充実
・各ボーナスやロイヤリティプログラムが豊富
・業界最高水準の約定率

たしかにXMの手数料は他社と比較すると高く感じるかもしれません。しかしその分XMは充実したサポートやプログラム、システムが完備されているといえます。

初心者の方にも使いやすい海外FX業者です、迷っている方はぜひ登録してみてください。

口座登録で「3,000円」の取引ボーナスがもらえる

XMリアル口座開設はこちら

最短2分で登録完了

XMについてさらに深く知りたい方はこちら!

-XM