eyecatch

XM

XM3つの口座タイプの違いを徹底解説【どれを選べばいいの?】

この記事は
・XMの口座開設の際、どの口座タイプを選べば良いかわからない
・XM口座タイプの違いや特徴について理解したい
といった方に向けて書いた記事です

日本人トレーダーに一番支持されている海外FX業者のXMには3つの口座タイプが用意されています。

しかし、いざXMで口座を開設しようとしたら、『どの口座タイプを選べばいいの?』と迷ってしまったトレーダーもいるでしょう。

そこで本記事では、XMで開設できる3つの口座タイプの特徴や違いを詳細に解説していきます。

本記事を読んで頂ければ、あなたのトレードスタイルに合った口座タイプを選ぶ事ができるようになります。

口座登録で「3,000円」の取引ボーナスがもらえる

XMリアル口座開設はこちら

最短2分で登録完了

 

XMの口座タイプの違いと特徴

口座タイプ 違いと特徴

XMでは全部で3つの口座タイプを選ぶ事ができます。

国内FX業者では口座タイプは基本一つなので迷う事はありませんが、XMでは3つの中かから選ぶので迷いがちです。

しかし、3つの口座タイプの違いと特徴を知れば自分がどの口座タイプを選ぶべきか分かりますので、心配は無用です。

XM口座タイプ別一覧 スタンダード口座 マイクロ口座 ZERO口座
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
取引単位(1ロット) 100,000通貨 1,000通貨 100,000通貨
最低入金額 500円 500円 500円
平均スプレッド(ドル円) 2.0Pips 2.0Pips 0.1Pips
取引手数料 0円 0円 片道5ドル
注文方式 STP方式 STP方式 ECN方式

XMのスタンダード口座詳細

スタンダード口座はXMの口座タイプの中で、一番オーソドックスな口座タイプです。

XMでどの口座を開設したらよいか迷っている場合は、まずはスタンダード口座を開設すれば間違いありません。

スタンダード口座の魅力は、最大888倍のハイレバレッジと多彩なボーナスが付与される事です。

スタンダード口座の魅力

  • 最大888倍ものハイレバレッジがかけられる事
  • 口座開設・入金・ロイヤリティの3つのボーナスが付与される事

海外FX業者を選ぶトレーダーの多くは、ハイレバレッジトレードやボーナストレードを行いたいと考えている方が多いです。

特にXMではレバレッジとボーナスキャンペーンが他の海外FX業者に比較して充実しています。

そうした事から、XMの強みを最大限にトレードに活かすならスタンダード口座の開設が一番という事です。

 

XMのマイクロ口座詳細

XMのマイクロ口座は、基本はスタンダード口座と同じですが取引単位が小さく抑えられた口座です。

XMのスタンダード口座が1ロット=10万通貨なのに対して、マイクロ口座では1ロット=1,000通貨になります。

ロット数が小さいので、その分必要証拠金額も少なく抑えてトレードが可能です。

少額でトレードをしたいトレーダーやXMでのハイレバトレード初心者が練習の為にスタートするのに向いている口座タイプと言えます。

マイクロ口座の魅力

  • 少ないロットで取引が可能

XMではメインプラットフォームがMT4かMT5なのですが、MT4だと取引最小単位が0.01ロットになっています。

つまり、1000通貨単位の0.01ロットですので最小10通貨から取引が可能ということです。

XMの888倍のレバレッジを活用すれば、ドル円ならば約2円の証拠金で取引が可能です。

ただし、損失のリスクを抑える事はできますが、利益額も小さくなりますので一定の利益を上げたい場合は物足りないかもしれません。

 

XMのZERO口座詳細

XMのZERO口座は、いわゆる「ECN口座」と呼ばれるものでスプレッドを小さく抑える事ができる口座です。

「ECN口座」の場合、インターバンクに直接注文を流して約定するのでスプレッドが狭く、取引が透明であると言われています。

スタンダード口座やマイクロ口座の場合、取引手数料がスプレッドの中に含まれていますが、ZERO口座では取引手数料が別途徴収されるシステムになっています。

時間帯によってはスプレッド0で取引できる事もありますので、とにかくトレードコストを抑えたいトレーダーに向いている口座タイプです。

ZERO口座の魅力

  • スプレッドを小さく抑える事ができる
  • 取引の透明性を確保できる

XMのZERO口座では、平均スプレッドが0.1Pipsとかなり狭くなっています。

その代わりに取引手数料が片道1ロット5ドルかかります。

これは実質往復約1Pipsに相当しますので、ZERO口座の手数料込みのスプレッドは約1.1Pipsという事になります。

スタンダード口座の平均スプレッドが2.0PPipsですので、ZERO口座がいかにスプレッドが狭いかお分かりいただけるでしょう。

 

MT4とMT5はどちらを選ぶべき?

どっちを選ぶべき?

XMで口座開設を進めていくと、メインプラットフォームを選択する項目があります。

メインプラットフォームはMT4かMT5を選択する事ができるのですが、『どっちを選べばいいの?』とここでまた迷ってしまうトレーダーも多いです。

MT4とMT5の違いも一覧にしてみました。

MT4 MT5
リリース年 2005年 2010年
表示可能時間足 9種類 21種類
標準インジケーター数 30種類 38種類
アップデート なし あり
カスタムEA 多い 少ない
カスタムインジケーター 多い 少ない

MT4とMT5は、ロシアのMetaQuotes社が開発した為替トレード用のプラットフォームの事です。

使い勝手の良さやカスタマイズ性の高さから多くのトレーダーに利用されており、世界で一番普及しているプラットフォームとなっています。

MetaTraderの優れた点は、自動売買のプログラムやインジケーターなどを自分で作成してプラットフォーム内で動かせる点にあります。

自動売買とは

FXの自動売買とは、あらかじめ設定しておいたプログラムが設定に基づいて取引を行ってくれるものです。

チャートをいつも見れない忙しい方や裁量トレードが苦手な方に向いている取引と言えます。

MetaTraderとは

現在世界で一番利用されているプラットフォームです。

多くの海外FX業者がメインプラットフォームとして採用しており、国内FX業者でも利用できる所もあります。

シンプルなデザインと操作性の高さはもちろんの事、インジケーターなどのツールが充実している事が大きな特徴と言えます。

なぜそれほど充実しているかというと、MetaTraderではインジケーターをカスタムできるからです。

また、カスタムされたインジケーターなどを自分のプラットフォームに取り込んで利用できる点も普及の一因と言えます。

自動売買のカスタムEAの豊富さも強みと言えます。

 

MT4の特徴

MT4は2005年にリリースされたプラットフォームで、現在世界で一番普及しているプラットフォームでもあります。

自動売買のEAやインジケーターを手軽にカスタマイズ出来る点が受けて、世界中のトレーダーに普及しました。

カスタマイズEAやカスタマイズインジケーターまで含めると、種類は無限大に存在しており、自分に合ったツールを選べる点も利便性が高いと言えます。

海外FX業者のほとんどがMT4をメインプラットフォームとしている場合が多く、XMでもMT4とMT5に対応しています。

 

MT5の特徴

MT5は、MT4の次のバージョンとして2010年にリリースされたプラットフォームです。

動作スピード向上や表示できる時間足の増加など大幅にグレードアップされました。

現在アップデートはMT5のみ行われおり、MetaQuotes社はMT5の普及を進めたい事が良く分かります。

しかし、MT4用の自動売買のEAやカスタムインジケーターがMT5では使えないため、MT5の普及がなかなか進んでいないのが現状と言えます。

これまでMT4を利用してきたトレーダーは、EAやインジケーターを継続利用するためにMT4を使い続けているわけです。

ポイント

  • MT5の方がMT4よりスピードやツールは向上している
  • MT5はアップデートが定期的に行われている
  • MT4との互換性がない事で普及が進んでいない

これからXMでトレードするならMT5がおすすめ

これからXMで口座開設をするトレーダーならば、MT5を選択しておいて問題ありません。

なぜならば、定期的にアップデートが行われているのはMT5だけであり、性能もMT5の方が向上しているからです。

ただし、自動売買で使いたいEAが決まっている場合や、特定のカスタムインジケーターの利用を検討している場合は注意が必要です。

必ず事前に使いたいEAやインジケーターがMT5に対応しているかを確認しておきましょう。

特に特定のEAやインジケーター利用の予定がないならば、MT5を選択しておいた方が今後のアップデートも含め安心です。

さらに、MT5で利用できるEAやカスタムインジケーターも徐々に増えてきており、今後も増えていきますのでそこまで困る事もないはずです。

迷ったらMT5を選択しましょう。

 

XMで口座タイプを選ぶ時の注意点

注意点

XMで口座タイプを選ぶ際には、次の点に注意しましょう。

口座タイプを選ぶ際の注意点

  • MT4とMT5は互換性がない
  • ZERO口座ではボーナスが付与されない
  • ZERO口座は最大レバレッジが500倍

MT4とMT5は互換性がない

先にも説明した通り、MT4とMT5には互換性がありません。

従って、既にXMや他のFX業者でMT4を利用していて使い慣れたカスタムインジケーターやEAがある場合は注意が必要です。

なぜならばMT5をメインプラットフォームとして口座を開設すると、インジケーターやEAが引き継げなくなる可能性があるからです。

事前にMT4とMT5どちらに対応しているか必ず確認しておきましょう。

 

ZERO口座ではボーナスが付与されない

XMのZERO口座ではボーナスが付与されません。

スプレッドや手数料が小さく抑えられている分、ボーナスが付与されないとも言えます。

もし、XMの充実したボーナスプログラムを利用したいならば、スタンダード口座かマイクロ口座を選びましょう。

 

ZERO口座は最大レバレッジが500倍

XMのZERO口座では最大レバレッジも500倍に下がります。

888倍のレバレッジを利用するならば、スタンダード口座かマイクロ口座を選ぶ事になります。

ただし、国内FXの最大25倍のレバレッジに比べると500倍でも充分ハイレバレッジと言えます。

また、XMでは口座残高に応じてレバレッジ制限がかかりますので、高額証拠金でトレードをする場合は注意が必要です。

XMおすすめ口座タイプ【トレードスタイル別】

おすすめ口座タイプ

XMの3つの口座タイプがどんなトレーダーに向いているかをトレードスタイル別に分類してみました。

主に次の4つのトレードスタイルを想定しています。

4つのトレードスタイル

  1. スキャルピング
  2. デイトレード
  3. スイングトレード
  4. 長期トレード

トレードのスタイルは保有時間によって分類され、狙う利幅も保有時間が長くなるほど大きくなります。

明確な線引きはありませんが、ざっくり分類すると次のような感じになります。

 

トレードスタイル 保有時間 利幅
スキャルピング 数秒~数十分 数Pips~10Pips
デイトレード 数十分~数時間 10Pips~50Pips
スイングトレード 1日~数日 30Pips~100Pips
長期トレード 数日~数週間 100Pips~500Pips

 

スタンダード口座におすすめのトレードスタイル

XMのスタンダード口座におすすめのトレードスタイルは『デイトレード』『スイングトレード』『長期トレード』です。

XMの最大888倍のレバレッジを活用できて、ボーナスも3種類全てが付与されますので、最もXMのメリットの恩恵を受けられます。

XM口座で『デイトレード』『スイングトレード』『長期トレード』を考えているならスタンダード口座の開設をおすすめいたします。

 

マイクロ口座におすすめのトレードスタイル

XMのマイクロ口座はスタンダード口座と同じ内容ですので、トレードスタイルは『デイトレード』『スイングトレード』『長期トレード』が向いています。

最小取引単位が小さく設定されているので、小ロットでトレードをしたいトレーダー向きの口座と言えます。

また、XMの888倍のレバレッジを試したり、MT4やMT5の操作性を試す練習用口座としても使えます。

ただし、スタンダード口座でも最小ロットが1,000通貨から取引可能ですので、よほどの小ロットでない限りはスタンダード口座で良いでしょう。

 

ZERO口座におすすめのトレードスタイル

XMのZERO口座に向いているトレードスタイルは『スキャルピング』です。

ZERO口座ではボーナスが付与されない代わりにスプレッドが狭いので、スキャルピングの様に取引回数が多いトレードスタイルに向いているのです。

スキャルピングは1日に多いと数十回以上トレードをする為、いかにトレードコストを抑えるかが重要になってきます。

ZERO口座はXMの口座タイプの中で最もトレードコストを小さく出来ますので、スキャルパーにはおすすめなのです。

 

XM口座タイプの上手な使い分け方法

上手な使い分け方

XMの口座タイプはトレードスタイルに応じて選ぶと良いのですが、実はXMではひとり8口座まで開設する事ができます。

通常国内FX業者では1口座のみですが、XMでは複数口座保有できるので使い分ける事で効率よくトレードを行う事ができるのです。

ポイント

  • XMはひとり8口座まで開設できる

スタンダード口座とZERO口座の併用

スイングトレードしか行わないと決めているトレーダーならば『スタンダード口座』、ボーナスをもらいたいなら『スタンダード口座』コストを抑えたいなら『ZERO口座』を開設すればOKです。

ただし、実際にはチャートの値動きによってスキャルピングを行ったりスイングトレードを行ったりする事の方が多いはずです。

そこで、スタンダード口座とZERO口座の両方を保有していればその時の状況に応じて使い分けられるので便利です。

ポイント

  • スキャルピングをする時・・・ZERO口座を利用
  • デイトレ・スイング・長期トレードをする時・・・スタンダード口座を利用

こうする事によって、ボーナス付与対象とならない短時間のトレードはZERO口座でコストを抑えつつ、ボーナスが付与されるトレードだけスタンダードでボーナスをゲットできます。

トレードの効率を高められるスタンダード口座とZERO口座の併用は複数口座保有できるXMの強みと言えます。

 

まとめ

まとめ

XMの3つの口座タイプの違いはトレードスタイルに合わせて選ぶと最適な口座を開設できます。

もしまだトレードスタイルも決まっていないならば、まずはスタンダード口座を開設しましょう。

なぜならXMの魅力である888倍のレバレッジと3つのボーナスプログラムをフル活用できるのはスタンダード口座だからです。

まずはスタンダード口座を利用した上で、必要とあれば追加で口座を開設するのがおすすめですよ。

口座登録で3,000円の取引ボーナスがもらえる

XMリアル口座開設はこちら

2分で登録完了

XMについてさらに深く知りたい方はこちら!

-XM