TITANFX スプレッド

TITAN FX

TitanFXのスプレッドは本当に狭い?実際に全銘柄・全口座タイプを調査してみた

この記事は、こんな疑問・悩みを解決します!

「TitanFXのスプレッドって実際に狭いの?」
「TitanFX公式ではなく、実測のスプレッドが知りたい」
「TitanFXのスプレッドを他社口座と比較したい!」

実際にTitanFXのスプレッドを調査したのでご紹介します。

低スプレッド&高約定力が強みで有名な海外FX業者TitanFX(タイタンFX)。

とは言え、実際にTitanFXのスプレッドは狭いのでしょうか?国内、海外に限らず、公式サイトを見ても原則固定のスプレッドや、最小スプレッドの記載がない場合は多いです。

そこで、本記事ではTitanFXのスプレッドを全銘柄・全口座タイプで調査
他社との比較も含めて、TitanFXのスプレッドの実体をまとめました。

レバレッジ500倍!追証なし!

TITANFXリアル口座開設はこちら

取り扱い銘柄63種類

TitanFXの実測スプレッド一覧【全銘柄・全口座タイプ】

TITANFX 実測スプレッド

今回はTitanFXで取り扱う以下の銘柄でスプレッドを実際に計測しました。

【FX/通貨ペア】62種類
【CFD/株価指数】21種類
【CFD/貴金属】11種類
【CFD/エネルギー】5種類
【CFD/仮想通貨】24種類

スプレッド一覧表に記載されている「平均スプレッド」は、東京市場・ロンドン市場・ニューヨーク市場の計3回に実測したスプレッドを元に算出しています。

スプレッドは、経済指標発表等を除けば、メインとなる市場の時間帯によって変動しやすいです。

したがって、メインとなる三大市場(東京、ロンドン、ニューヨーク)の3回でスプレッドを計測しています。

それでは、TitanFXの実測スプレッドをどうぞ!

TitanFX スタンダード口座の実測スプレッド

スタンダード口座のスプレッドを実際に調査しました。

TitanFXのスタンダード口座は、約定方式にNDD STP方式を採用しており、スリッページが発生しない特徴があります。
また、スプレッド自体はブレード口座より広いものの、取引手数料が無料です。

【スタンダード口座】FX(通貨ペア)の実測スプレッド

通貨ペア 平均スプレッド(pips)
USD/CHF 1.5
GBP/USD 1.6
EUR/USD 1.3
USD/JPY 1.3
USD/CAD 1.8
AUD/USD 1.1
EUR/GBP 1.2
EUR/AUD 2.7
EUR/CHF 2.0
EUR/JPY 1.4
GBP/CHF 2.4
CAD/JPY 1.8
GBP/JPY 2.4
AUD/NZD 2.0
AUD/CAD 2.4
AUD/CHF 2.0
AUD/JPY 1.9
CHF/JPY 1.7
EUR/NZD 3.3
EUR/CAD 10.7
CAD/CHF 2.2
NZD/JPY 1.8
NZD/USD 1.5
AUD/SGD 4.1
CHF/SGD 7.4
CNH/JPY 6.0
EUR/CZK 154.7
EUR/NOK 28.0
EUR/PLN 20.6
EUR/SEK 46.8
EUR/SGD 3.2
EUR/TRY 232.8
EUR/ZAR 150.0
GBP/AUD 3.5
GBP/CAD 3.4
GBP/NOK 47.6
GBP/NZD 4.6
GBP/SEK 32.6
GBP/TRY 301.3
GBP/SGD 4.5
HKD/JPY 1.3
MXN/JPY 5.2
NOK/JPY 2.0
NOK/SEK 7.0
NZD/CAD 2.8
NZD/CHF 2.3
SGD/JPY 2.3
SEK/JPY 6.0
THB/JPY 3.9
USD/CNH 6.0
USD/CZK 114.7
USD/HKD 15.3
USD/MXN 7.0
USD/NOK 32.0
USD/PLN 17.7
USD/RUB 522.5
USD/SGD 2.3
USD/THB 102.0
USD/SEK 20.2
USD/TRY 274.7
USD/ZAR 70.0
ZAR/JPY 2.0

【スタンダード口座】株価指数CFDの実測スプレッド

株価指数CFD 平均スプレッド(pips)
AUS200 5.1
CAN60 2.2
CN50 6.9
EUSTX50 3.2
FRA40 2.6
GER30 4.1
HK50 4.8
HSCEI 3.1
IND50 4.6
JPN225 10.3
NAS100 2.2
NETH25 2.2
SING30 2.2
SWISS20 3.4
TWFTSE 2.2
UK100 3.1
US2000 1.6
US30 3.6
US500 1.5
USDX 3.2
VIX 1.9

【スタンダード口座】貴金属CFDの実測スプレッド

貴金属CFD 平均スプレッド(pips)
XAGAUD 2.5
XAGEUR 2.2
XAGUSD 2.3
XAUAUD 4.8
XAUCHF 3.6
XAUEUR 2.7
XAUGBP 3.1
XAUJPY 3.6
XAUUSD 2.1
XPDUSD 131.0
XPTUSD 35.1

【スタンダード口座】エネルギーCFDの実測スプレッド

エネルギーCFD 平均スプレッド(pips)
XBRUSD 0.8
UKOUSD 0.8
XTIUSD 0.6
USOUSD 0.6
XNGUSD 2.3

【スタンダード口座】仮想通貨CFDの実測スプレッド

仮想通貨CFD 平均スプレッド(pips)
BCHJPY-5Day 14.5
BCHUSD-5Day 13.1
BTCJPY-5Day 403.3
BTCUSD-5Day 252.0
ETHJPY-5Day 124.3
ETHUSD-5Day 113.9
LTCJPY-5Day 12.1
LTCUSD-5Day 10.4
XRPJPY-5Day 1.6
XRPUSD-5Day 1.5
BNBJPY-5Day 17.9
BNBUSD-5Day 16.1
DOTJPY-5Day 13.3
DOTUSD-5Day 12.0
EOSJPY-5Day 14.0
EOSUSD-5Day 12.6
LINKJPY-5Day 12.7
LINKUSD-5Day 11.6
UNIJPY-5Day 13.1
UNIUSD-5Day 11.9
XLMJPY-5Day 16.4
XLMUSD-5Day 14.8
XTZJPY-5Day 18.8
XTZUSD-5Day 16.8

TitanFX ブレード口座の実測スプレッド

TitanFXのブレード口座は、非常に狭いスプレッドが特徴です。

スタンダード口座と違い、約定方式にNDD ECN方式を採用しており、ブレード口座は取引手数料が3.5ドル発生します。

(※1)取引手数料は発生するものの、狭いスプレッドの水準で安定しており、スリッページも起きづらい取引環境です。

(※1) 1ロット=10万通貨の片道取引当たりの取引手数料

【ブレード口座】FX(通貨ペア)の実測スプレッド

通貨ペア 平均スプレッド(pips)
AUD/CAD 1.4
AUD/CHF 0.9
AUD/JPY 0.7
AUD/NZD 1.1
AUD/SGD 3.2
AUD/USD 0.1
CAD/CHF 1.7
CAD/JPY 0.8
CHF/JPY 0.8
CHF/SGD 6.2
CNH/JPY 5.0
EUR/AUD 1.4
EUR/CAD 1.5
EUR/CHF 1.0
EUR/CZK 134.0
EUR/GBP 0.3
EUR/JPY 0.4
EUR/NOK 30.9
EUR/NZD 2.4
EUR/PLN 17.4
EUR/SEK 46.9
EUR/SGD 2.4
EUR/TRY 220.2
EUR/USD 0.3
EUR/ZAR 151.0
GBP/AUD 2.4
GBP/CAD 2.0
GBP/CHF 1.6
GBP/JPY 1.4
GBP/NOK 43.0
GBP/NZD 3.3
GBP/SEK 36.2
GBP/SGD 3.7
GBP/TRY 288.9
GBP/USD 0.6
HKD/JPY 0.3
MXN/JPY 4.2
NOK/JPY 1.0
NOK/SEK 5.8
NZD/CAD 1.8
NZD/CHF 1.2
NZD/JPY 0.8
NZD/USD 0.5
SEK/JPY 5.0
SGD/JPY 1.2
THB/JPY 2.9
USD/CAD 0.8
USD/CHF 0.5
USD/CZK 91.0
USD/HKD 14.4
USD/JPY 0.4
USD/MXN 6.3
USD/NOK 28.8
USD/PLN 14.6
USD/RUB 508.8
USD/SEK 23.1
USD/SGD 1.3
USD/THB 94.3
USD/TRY 266.7
USD/ZAR 72.3
ZAR/JPY 1.0
USD/CNH 5.0

【ブレード口座】株価指数CFDの実測スプレッド

株価指数CFD 平均スプレッド(pips)
US500 0.3
VIX 0.7
AUS200 1.3
CAN60 1.0
CN50 5.9
EUSTX50 2.0
FRA40 1.4
GER30 2.6
HK50 3.9
HSCEI 1.9
IND50 3.4
JPN225 8.0
NAS100 1.1
NETH25 1.0
SING30 1.0
SWISS20 1.9
TWFTSE 1.0
UK100 1.8
US2000 0.4
US30 2.4
USDX 2.0

【ブレード口座】貴金属CFDの実測スプレッド

貴金属CFD 平均スプレッド(pips)
XAGAUD 2.3
XAGEUR 1.7
XAGUSD 2.1
XAUAUD 4.4
XAUCHF 3.3
XAUEUR 2.5
XAUGBP 2.8
XAUJPY 3.1
XAUUSD 1.8
XNGUSD 2.3
XPDUSD 134.7
XPTUSD 37.0

【ブレード口座】エネルギーCFDの実測スプレッド

エネルギーCFD 平均スプレッド(pips)
UKOUSD 0.7
USOUSD 2.0
XBRUSD 0.7
XTIUSD 0.5

【ブレード口座】仮想通貨CFDの実測スプレッド

仮想通貨CFD 平均スプレッド(pips)
BCHJPY-5Day 14.5
BCHUSD-5Day 13.1
BNBJPY-5Day 17.9
BNBUSD-5Day 16.1
BTCJPY-5Day 410.0
BTCUSD-5Day 360.0
DOTJPY-5Day 13.3
DOTUSD-5Day 12.0
EOSJPY-5Day 14.0
EOSUSD-5Day 12.6
EHTJPY-5Day 131.8
ETHUSD-5Day 118.6
LNKJPY-5Day 12.7
LNKUSD-5Day 11.5
LTCJPY-5Day 12.8
LTCUSD-5Day 47.6
UNIJPY-5Day 13.1
UNIUSD-5Day 11.9
XLMJPY-5Day 16.5
XLMUSD-5Day 14.9
XRPJPY-5Day 1.6
XRPUSD-5Day 1.5
XTZJPY-5Day 18.8
XTZUSD-5Day 16.9

TitanFXのスプレッドが狭い理由

TITANFX スプレッド 狭い理由

TitanFXのスプレッドが狭い理由

ボーナスを実施しない実力主義
独自テクノロジーで取引環境を強化
優れたECN方式の口座

一覧表を見ると分かるように、非常に狭いスプレッドをTitanFX(タイタンFX)は提供しています。

特に、今回の実測データではブレード口座のドル円は0.4pips、ユーロドル0.3pipsと、高いレバレッジが使える海外FX業者なのに、国内FX業者並みの平均スプレッドを提示していました。

TitanFXが、ここまで有利な平均スプレッドを提示できるのは3つの理由があります。

ボーナスを実施しない実力主義

ボーナスが豪華だったので使ってみたけど、スプレッドが広いし不安定」こんな海外FX業者も珍しくありません。

ボーナスで最初は、お得に使えてもスプレッドが広ければ、取引で利益を得るのは難しくなります。
TitanFXは、リリース当初から一貫してボーナスを提供しない海外FX業者です。

ボーナスがない代わりに、スプレッドやサーバーの整備、各種インフラの強化に予算を割く運営をしています。

独自テクノロジーで取引環境を強化

TitanFXのスプレッドの狭さと安定性は、独自の「Zero Pointテクノロジー」によって支えられています。

Zero Pointテクノロジーは、3つの技術で構成されています。

【自動スプレッド最小化システム】ZP-ASM

ZP-ASMとは、FX業者のスプレッドに関係するカバー先の銀行や、リクイディティ・プロバイダー(流動性を提供する金融機関)から最適なスプレッドを提示する仕組みです。

TitanFXでは、提携する全ての金融機関のレートと取引高を1秒当たり100万回を超える頻度でシステムが、最適なレートを比較することで最小のスプレッドを提示しています。

【ダイナミック・リクイディティ・アグリゲーション】ZP-DLA

複数の金融機関から提示されるレート(価格)が、私達の取引するスプレッドには関わっています。

TitanFXが提携する世界中の金融機関を1か所にまとめ、あらゆる金融商品で優れたスプレッドと約定力を提供する技術が「ダイナミック・リクイディティ・アグリゲーション(ZP-DLA)」です。

低スプレッドな口座タイプでも、外国為替しか低スプレッドが実現できない他社が多く存在しています。

しかし、TitanFXはZP-DLAの技術で、全ての通貨ペアと株価指数や貴金属のCFD銘柄も、低スプレッドと高い約定力を実現しました。

【約定スピード最適化機能】ZP-OEO

提携する金融機関や、優れた管理システムも重要ですが接続環境も重要です。

ZP-OEOは、AmazonやGoogleも利用する通信業界大手のエクイニクス社のデータセンターや、光ファイバー接続による通信インフラを指します。

TitanFXは、東京を含む世界4か所にサーバーを設置しており、スプレッドの狭さだけでなく、通信の安定性にも優れているのが特徴です。

金融機関との提携から、通信インフラにこだわることで、狭い水準のスプレッドで安定した取引環境を実現しています。

TITANFXリアル口座を開設をする

TitanFXのスプレッドを他社と比較

TITANFX スプレッド 比較

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドを他社と比較してみました。

結論から申し上げますと「他社と比べてTitanFXのスプレッドは狭く、特にブレード口座が優秀」と言えます。

ここでは、他社口座のスプレッドを同条件で計測し、TitanFXと比較しました。

TitanFX スタンダード口座のスプレッドを他社比較

TitanFXスタンダード口座のスプレッド比較対象

XM Trading(スタンダード口座)
Gemforex(オールインワン口座)
FBS(スタンダード口座)
AXIORY(スタンダード口座)
FXGT(スタンダード口座)
IS6FX(スタンダード口座)
TradersTrust(クラシック口座)

海外FX業者 EUR/USD USD/JPY GBP/USD AUD/USD USD/CAD
TitanFX 1.3 1.3 1.6 1.1 1.8
XM Trading 1.8 1.6 2.6 1.9 2.3
Gemforex 1.7 1.4 2.4 1.5 2.0
FBS 1.2 1.3 1.8 1.5 2.3
AXIORY 1.2 1.3 1.4 1.6 1.8
FXGT 1.5 1.6 2.2 2.0 2.5
IS6FX 2.0 1.6 2.4 2.0 2.2
TradersTrust 1.4 1.6 2.2 1.8 2.6

TitanFXのスタンダード口座と同じ、NDD STP方式を採用する他社口座とスプレッド比較をしました。

TitanFXのスタンダード口座は、全体的に海外FX業者の中でも狭い水準のスプレッドです。
特に狭いスプレッドなのは、AUD/USD(豪ドル/米ドル)のスプレッドで、1.1pipsを提示しています。

海外FX業者 XAU/USD JP225 US30 US100
TitanFX 2.1 10.3 3.6 2.2
XM Trading 3.8 12 2.9 2.1
Gemforex 3.3 27 49 20
AXIORY 5.6 1.1 4.1 2.3
FXGT 4.5 1.1 82.2 58.7
IS6FX 3.5 29 5.4 2.4
TradersTrust 6.5 20 3.6 1.7

定番のCFD銘柄で、スタンダード口座のスプレッド比較を行いました。

CFD銘柄に関しては、銘柄によってスプレッドに差があるのが分かります。
TitanFXのCFD銘柄でスプレッドが狭いのは、XAU/USD(ゴールド)で最も狭い2.1pipsです。

TitanFX ブレード口座のスプレッドを他社比較

TitanFXブレード口座のスプレッド比較対象

XM Trading(ゼロ口座)
AXIORY(ナノスプレッド口座)
FBS(ECN口座)
Traders Trust(プロ口座)

海外FX業者 EUR/USD USD/JPY GBP/USD AUD/USD USD/CAD
スプレッド(スプレッド+取引手数料)
TitanFX 0.3(0.65) 0.4(0.75) 0.6(0.95) 0.1(0.45) 0.8(1.15)
XM Trading 0.3(0.8) 0.4(0.9) 0.5(1.0) 0.6(1.1) 0.6(1.1)
AXIORY 0.2(0.5) 0.4(0.7) 0.3(0.6) 0.5(0.8) 0.7(1.0)
FBS 0.3(0.8) 0.4(0.9) 0.8(1.3) 0.8(1.3) 1.2(1.7)
Traders Trust 0.4(0.7) 0.6(0.9) 1.2(1.5) 0.9(1.2) 1.4(1.7)

TitanFXのブレード口座と同様にNDD ECN方式を採用する他社口座とスプレッドを比較しました。

単純なスプレッド比較では、TitanFXと他社のスプレッドには差がない様に見えます。

しかし、NDD ECN方式の取引口座には取引手数料が発生します。取引手数料は1ドル当たり0.1pipsのスプレッド相当です。

取引手数料を踏まえて、ブレード口座と他社で比較すると、ブレード口座の取引コストは非常に低くなります。

海外FX業者 XAU/USD JP225 US30 US100
TitanFX 2.1 8.0 2.4 1.1
XM Trading 3.8 12.0 2.9 2.1
AXIORY 5.6 1.1 4.1 2.3
Traders Trust 6.5 20 3.6 1.7

TitanFXは、独自のZero PointテクノロジーによりCFD銘柄も、ブレード口座では低スプレッドを実現しています。

他社のECN口座ではCFD銘柄のスプレッドが通常口座と同じが多いです。
特にTitanFXのブレード口座は、XAU/USD(ゴールド)のスプレッドが狭く、おおよそ他社の半分で提示しています。

海外FXのスプレッド比較についてさらに知りたい方はこちらの記事で解説しております。

こちらもチェック

海外FX スプレッド 比較
海外FX11社のスプレッド徹底比較【どの業者のスプレッドが狭い?】

『少しでもスプレッドの狭いFX業者を選びたい』というFXトレーダー共通の願いを、海外FX業者主要11社のスプレッドを一覧で比較できるようにしました。各海外FX業者の特徴も紹介していますので、スプレッドにこだわるFXトレーダー必見の内容です。

続きを見る

TitanFXのスプレッド まとめ

TITANFX スプレッド まとめ

今回は「TitanFXのスプレッドは本当に狭い?実際に全銘柄・全口座タイプを調査してみた」のテーマで解説しました。

実際にTitanFXのスプレッドを調査してみると、かなり狭い水準なのが分かりました。
また、独自のZero Pointテクノロジーにより、スプレッドはもちろん、約定力も安定しているのが魅力です。

金融機関が行う高速取引(HFT)にも対応できるTitanFXは、スキャルピングや自動売買と相性が良いでしょう。

レバレッジ500倍!追証なし!

TITANFXリアル口座開設はこちら

取り扱い銘柄63種類

-TITAN FX