テクニカル指標 一覧

FX攻略

【テクニカル指標一覧】手に取るようにわかる!分析方法・手法まとめ

この記事はFXのテクニカル指標について勉強したい方へ向けた記事です。

あなたは、FXの分析方法である「テクニカル指標」の一覧を見たいと思ったことはありませんか?

私自身もテクニカル分析における手法をわかりやすくまとめたサイトがなく、困っていました。

しかし、テクニカル指標をまとめてみると、実用的にトレードを行えるようになりました。

今回の記事ではテクニカル分析における指標を初心者でもわかりやすく解説します。

こんな方におすすめ

  • FXのテクニカル指標を一覧で見たい
  • FXのテクニカル分析を学んで、トレードに役立てたい

【テクニカル指標】とは

テクニカル指標 とは?

テクニカル指標とは、テクニカル分析における指標のことです。

様々な手法がありトレーダーは自分にあった方法で値動きを見極め、トレードを行います。

 

テクニカル指標は、主に2つに分類されます。

テクニカル指標はトレンド系とオシレーター系

  • トレンド系指標
  • オシレーター系指標

 

トレンド系とは

FX取引における「トレンド」とは、価格の方向性をいいます。

FX市場では価格に方向性が発生することがあり、テクニカル分析では、主に、このトレンドがどのような状態かを分析を行います。

トレンドは大きく分けると3種類に分けられます。

  • 「上昇トレンド」
  • 「下降トレンド」
  • 「トレンドなし」

また、トレンドの長さも短期的なものから中長期に及ぶものまであり、各時間帯でどのようなトレンドが発生しているかを分析する必要があります。

 

オシレーター系とは

オシレーターとは「振り子」や「振り幅」という意味です。

FXでは「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」を示すテクニカル分析手法となります。

 

 

一般的な買い方としては、トレンド系の指標=順張り、オシレーター系の指標=逆張りの投資手法で用いられます。

 

参考

  • 順張りとはトレンドの流れに沿ってを買う(もしくは売る)手法
  • 逆張りとはトレンドの流れに逆らって株を買う(もしくは売る)手法

 

それではテクニカル指標を早見表にまとめましたのでご覧ください。

【テクニカル指標一覧】トレンド系、オシレーター系の早見表

トレンド系

価格の方向性によって相場の流れを判断できる

名前 目的
DMI 当日と前日の数値を比べて市場の状況を見る
一目均衡表 相場の買い方と売り方の均衡が崩れたら大きな値動きがあり、それを一目でみる
移動平均線(MA) 値動きに敏感に反応するので買い売りのタイミングをキャッチできる
パラボリック トレンドの転換時をみて、買いや売りのタイミングを見る
エンベロープ 相場の中で動く平均線の幅に上限、下限があり、そこから買い売りのタイミングを計る
フィボナッチ 人間が好む黄金比により、チャートの動きを予測する
ボリンジャーバンド 移動平均線により相場の値動きを予想する ※統計学を用いる

 

オシレーター系

相場過熱度によって買われすぎ、売られすぎを判断できる

名前 目的
RSI (相対的指数) 相場の相対的な強さや弱さ、過熱度をみることができる
RCI (順位相関指数) 過熱度をみて、現在の価格が割安か割高かを判断する
MACD

(移動平均の収束と拡散)

移動平均線が改善されたもので、買い売りのタイミングを計る
移動平均線剥離率 価格が平均からどれくらい離れているのかを見て、値動きを見る
ストキャスティクス 変動する幅と終値から相場の強さと弱さの勢いを見て、買われすぎ、売られすぎを見る
サイコロジカルライン 投資家の心理を数値化することによって短期的な相場の強弱を見る。

口座登録で「3,000円」の取引ボーナスがもらえる

XMリアル口座開設はこちら

最短2分で登録完了

【テクニカル指標一覧】トレンド系の見方・説明

トレンド系

トレンド系の見方や概要説明をします。

トレンド系

  • DMI
  • 一目均衡表
  • 移動平均線(MA)
  • パラボリック
  • エンベロープ
  • フィボナッチ
  • ボリンジャーバンド
  • ダミーテキスト

1つずつ説明いたします。

1. DMI

DMI(Directional Movement Index 、方向性指数)は、有名な相対力指数(RSI)を開発したJ.W.ワイルダー氏が、市場の状況を見極めるために考案した指標です。

これまでの指標を改善していく上で作られました。指標の欠点をなくすトレンド指標として開発され、トレンドがあるかないか、また強さのレベルを測ることができます。

(DMIはトレンド系ですが、オシレーター系指標に分類する場合もあります。)

この指標の特徴は、終値などの数値をあえて無視し、当日と前日の高安を比べてどちらが大きいかを見極め、相場の強さを見るところです。

価格の変動の量より分析を行います。

DMIは通常、以下3本のラインを使って売買の判断をします。

+DI 上昇トレンドである可能性を判断します
-DI 下降トレンドである可能性を判断します
ADX トレンドの強弱を判断します

 

2. 一目均衡表

一目均衡表は、昭和初期に細田悟一氏という人が考案した相場分析手法です。

都新聞社の商況部部長だった細田氏が約2,000人のスタッフと協力し、7年をかけて完成させました。

「相場は買い方と売り方の均衡が崩れた時に大きく動くので、どちらが優勢かが分かればよく、それを一目で知ることができる」という考えから生まれました。

日本ではもちろん、海外のファンドマネージャーにも支持され、個人投資家の中でも最も人気の高いテクニカル指標の一つです。

ファンドマネージャーって?

ファンドマネージャーとは投資運用を専門家のことです。

一目均衡表は、5本の線を用いて表します。

  1. 転換線
  2. 基準線
  3. 先行スパン(2本)
  4. 遅行スパン

さらに、時間論・波動論・値幅観測論の3つの理論から構成されています。

 

3. 移動平均線(MA)

移動平均線(Moving Average)は、ローソク足に絡むように描かれており、一定期間の価格の終値の平均値を繋ぎ合わせた折れ線グラフで、トレンド分析の代表格です。

トレーダーがよく使う移動平均線は単純移動平均線(SMA)と呼ばれるものがあります。

その他に、

  • 指数平滑移動平均線(EMA)
  • 加重移動平均線(WMA)

があり、この2つは単純移動平均線と比較して値動きに敏感に反応するため、買いや売りのタイミングをいち早くキャッチすることができます。

トレードへの活用

  • 移動平均線が上向きなら上昇トレンド
  • 横ばいなら方向感のないもみあい局面
  • 下向きなら下降トレンド

[/st-mybox]

と判断します。

 

4. パラボリック

パラボリック(英語=放物線)は、これまでの手法・分析法を作り出してきたJ.W.ワイルダー氏によって考えられ、作られました。

パラボリックは、チャートの上に放物線のラインを表示するテクニカル指標です。

主に相場にあるトレンドの変化をみるのに適しています。

ポイント

FXトレーダーはSAR(ストップアンドリバース)という指標を使用して、相場の買いタイミングや売りタイミングを見極めます。

 

5. エンベロープ

エンベロープとは、移動平均線から上下に一定に離れてくっつく線のことで、移動平均線から、どの程度離れたかを見るために用います。

一般的には、エンベロープの上下限をトレンド反転のポイントとして売買サインに用いたり、支持・抵抗の目安として用います。

活用の方法

レートの動きは移動平均線に対して一定の範囲内で推移することが多いので
線の上付近では「売り」、下付近では「買い」を行うというのがエンベローブの一般的な考え方です。

また、長いトレンドの転換時に起きるエンベロープからの逸脱は、上記の一般的な戦略とは反対に、
急反発や急反落となることもあるので、十分注意してください。

6. フィボナッチ

フィボナッチは、レオナルド・フィボナッチ氏という人物が由来です。

13世紀中世に存在したイタリアの数学者です。

 

「1:1.618」という黄金比率をチャートに組み込み、その後の動きを予想するテクニカルな分析方法です。

黄金比とは、フィボナッチ数列によって導き出せる数式のことで、一般的に人間が自然と好む黄金比とされています。

人間の心理要素を取り入れた分析方法ということですね。

この黄金比はFXのチャート上にも登場し、数値の比率を参考にしながらチャートの動きを予想します。

 

7. ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、アメリカの投資家ジョン・ボリンジャーが考案したテクニカルチャート分析です。

移動平均線とその上下2本ずつの標準偏差からなる線の計5本の線で成り立っています。

ボリンジャーバンドは統計学を使って作られています。

基本的に、相場の値動きを予測するために使います。

※統計学上、ボリンジャーバンドに収まる確率は95.45%とされています。

XMリアル口座開設をする

【テクニカル指標一覧】オシレーター系の見方・説明

オシレーター系

続いてオシレーター系の見方・概要説明をします。

オシレーター系

  • RSI
  • RCI
  • MACD
  • 移動平均線剥離率
  • ストキャスティクス
  • サイコロジカルライン

1つずつ説明します。

1. RSI

RSIは相対力指数と言い、オシレーター系の代表的なテクニカル指標であり、トレーダーに人気のある指標の一つです。

パラボリック・DMI・ピボットなど数多くのテクニカル指標を生み出したJ.W.ワイルダー氏が考案し、現在の相場の相対的な強さや弱さ、あるいは過熱感を表す指標です。

特徴としてボックス相場が続いているときの的中率は高いものの、上下に強いトレンドが出ると、売買シグナルが出ていたとしても、トレンドの勢いが止まらずに、結局ダマシ(予想と反する)に終わることがあります。

ボックス相場って?

ボックス相場とは、トレンド相場とは反対に、市場にトレンドが無く、ある程度上限と下限の価格が決まった範囲の中で、株価が上下している状態のことをいいます。

 

2. RCI

RCIは順位相関指数と呼ばれ、過熱感を測って、現在の価格が割安か割高かを判断するときに使われる指標です。

RCIは投資家の心理を数値化して、売買のタイミングをとるのに役立てようという考えから生まれたもので、日付と価格に順位をつけて相関関係があるのかどうかを調べます。

 

1本の線で表示されます。

指数は ー100~100となっており、買いのタイミングは

  • 売られ過ぎの-100に接近してから、上がりはじめたとき
  • -80以下から-80以上に上がった時
  • マイナスからプラスに転じた時
  • マイナスで反発した時

です。

 

逆に売りのタイミングは

  • 買われ過ぎの+100に近づいたあと、下落し始めた時
  • +80以上から+80以下に落ちたとき
  • プラスからマイナスに変わったとき
  • プラス状態からで落ちはじめたとき

があります。

3. MACD

MACDは、1960年代にジェラルド・アペル氏によって考案された手法で、マックディーという名前でトレーダーが活用しています。

その後、多くの投資家が欠点を補い改善されました。

MACDは、移動平均が改善されたもので、従来の売買シグナルより精度をあげた分析方法です。

ジャンルとしてはオシレーター系なのですが、トレンド系と混合される場合があるので注意してください。

日本では

  • 「移動平均収束拡散」
  • 「移動平均収束乖離」

と呼ばれることがあります。

トレンド形成時に威力を発揮するため、逆にボックス相場に弱いのが特徴です。

主にMACDとMACDシグナルという2本のラインの交差を売買のタイミングとして用いられることが多く、初心者の方でもシグナルの発見が容易です。

 

MACDは3つの要素でできています。

MACDの構成

  • 「MACD」
  • 「シグナル」
  • 「ヒストグラム」

シグナルは平均値、ヒストグラムはMACDとシグナルの距離です。

シグナルがMACDを超える瞬間をゴールデンクロスと呼び、相場が上がることが予想できます。

 

4. 移動平均線剥離率

移動平均線乖離率は、価格が平均からどれぐらい離れているかをパーセンテージ(%)で表したものです。

移動平均線は価格の動きを平均値でみることができます。

移動平均線に対して価格が離れすぎた乖離率の拡大は価格が上下に行きすぎた状態ということになりますので、価格は移動平均線の慣性力に引き戻され、これを修正する動きをします。

したがって、価格の上限と下限を判断することができます。相場が下がりから上がりへの転換時のように反転することを予想することができます。

主に逆張り投資に使われます。

考え方

価格が移動平均線から大きく上に離れると、平均よりプラスに大きく動いているということになり、「売り」のサインとなります。
逆に価格が移動平均線から下に大きく離れると、平均よりマイナスに大きく動いているということになり、「買い」のサインとなります。

※移動平均線との乖離幅については、移動平均線の日数や相場動向、扱う銘柄の特性によって変わるので注意が必要です。

 

5. ストキャスティクス

ストキャスティクスは「売られすぎ」や「買われすぎ」を示す指標です。

一定期間の変動幅と終値から、相場の相対的な強さと弱さの勢いを見ることができます。

ストキャスティクスでは3つの数字を扱います。

  1. 「%K」
  2. 「%D」
  3. 「Slow%D」

※「Slow%D」は「%SD」や「SD」と表記されることもあります。

 

「%D」が基準値です。

「%D」 + 「%K」  =ファースト・ストキャスティクス

「%D」 + 「slow%D」 =スロー・ストキャスティクス

の組み合わせで使います。

 

いずれも中央値の50を境に、

「50~100が買われすぎ」

「0~50が売られすぎ」

と判断します。

 

6. サイコロジカルライン

サイコロジカルラインは「投資家の心理」を数値化した指標です。

主に、相場の強弱の見極めや、買い場、売り場を短期的に判断するのに有効的です。

例えば、サイコロの数字が偶数ばっかり出ているとしたら「もうそろそろ奇数が出るのでは」という心理に傾く可能性が高くなります。

FXではどういったことが起こるの?

1週間連続で上昇したら「そろそろ下がるのでは」と思う投資家が多くなった場合、株式市場では売りが先行したり、買いが途絶え株価が下落する可能性が高まります。

12日間で9勝すれば、75%となり勝ちが続いているので多くの投資家に「買われすぎ」ということが判断できます。

ここから、そろそろ下がりだすのでは?と考えることができます。

これがサイコロジカルラインの仕組みです。

 

【テクニカル指標一覧】まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はFXのトレードにおけるテクニカル指標をご紹介しました。

考案された歴史的な人物や、それを改善された方により様々な手法が生まれました。

FXトレーダーはこれらの手法を全て1度に活用しているわけではなく、自分に合った手法を用いるパターンが多いです。

何度も繰り返し使用することで、ご自身に合った手法を見つけてFXトレードに役立てたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

-FX攻略