FX スリッページ どのくらい

FX攻略

FXの許容スリッページはどのくらいに設定するべき?【スリッページを解説】

あなたは、FXにおける許容スリッページをどのくらいに設定するべきか悩んでいませんか?

設定方法をきちんとおさえずにトレードを行うと、場合によっては損をすることがあります。

今回の記事では、

  • スリッページをどのくらいに設定するべきか
  • そもそもスリッページとは何か
  • スリッページの原因と対策

をわかりやすくご説明しています。

この記事を読んで、スリッページの原因と対策、許容スリッページの設定について学びましょう。

FXのスリッページとは?

スリッページとは?

FXのスリッページがそもそも何なのかわからない。

スリそのような方に向けて、まずはスリッページについてわかりやすくご説明します。

注文時の画面に表示されている価格(注文レート)と、約定した価格(約定レート)が異なる場合があります。

注文レートと約定レートの差を「スリッページ」といいます。

スリッページは日本語で「滑る」という意味です。FX業界では、相場をグラフから見たときに滑るように見えていることからスリッページが起きたことを「滑った」という表現で使われます。また、このときの注文価格と約定価格の差のことをスリッページ幅と言います。

FXでは画像のように100円で注文しても99円で確定するケースもあり、逆に101円で確定するケースもあります。

では、なぜこのような事が起こるのか?

わかりやすくご説明します。

FXでスリッページが発生する原因

スリッページの原因

相場は常に動いています。トレーダーが注文をしてからFX業者のサーバーに到達するまでも、相場は動き続けています。

注文を行ってから約定までの時間は極めて短いですが、常に相場が動いているために、そのほんのわずかな時間でも相場が動いてしまうことがあります。

スリッページが発生するおおよその仕組みが理解できたと思います。

次に、相場のグラフでみるとスリッページをより具体的にイメージできます。

お手元のスマホやパソコンから注文をすると、各FX会社のサーバーに到達し、注文処理が開始されます。

相場は常に動いているので、サーバーに届くまでの時間で相場も変動する場合があります。

FXでは注文が確定することを約定(やくじょう)と言います。

約定し、注文した額と差が出てしまうと、トレーダーにとって不利な状況になることがあります。

不利な状況とは?

スリッページが出た分だけ、こちらのトレードが有利になる場合もあります。しかし、相場が逆の場合はどうでしょう。

相場が逆の方向へいくと、スリッページが発生し、トレーダーが損をするということになります。

その差は仕方のないことなのかというとそうではありません。スリッページ対策をすることで不利なスリッページを回避することができます。

次に、不利にならないためのスリッページの対策方法をご紹介します。

FXのスリッページ対策方法7選

スリッページ 対策方法

トレーダーは損益を出さず、いかに有利なトレードを行えるが重要です。トレードを行うのに必要なのは証拠金です。この資源を確保する対策を知っておくことで、トレードを有利に運ぶことができます。

こちらでは、不利なスリッページの対策をご紹介します。

スリッページの対策方法として、ここでは7つ紹介します。

それでは1つずつわかりやすく説明します。

許容スリッページを事前に設定する

スリッページの王道的な対策方法は許容スリッページを事前に設定することです。

許容スリッページをあらかじめ設定しておくことで、不利になる注文はキャンセルさせることができます。

つまり、不利なスリッページは注文自体をキャンセルすることで回避できるということになります。

例えば、スリッページ幅を注文からプラスマイナス10pipsと設定すると、スリッページが注文価格から10pips差が出た時点で注文がキャンセルされます。

その結果設定以上のスリッページの発生を防ぐことができ、リスクを冒さずに注文を行うことができます。

許容スリッページ設定はMT4や自動売買ソフト(EA)で設定を行うことができます。

ココが注目ポイント

この設定はトレーダーが不利(損)になるケースに限ります。

有利(得)になる注文は、スリッページ幅を超えても注文が可能です。

信頼性のあるFX業者を選ぶ

スリッページを起こさせない対策として、信頼性のあるFX業者を選ぶことが重要です。

利用するユーザが多いかどうかも1つの基準として考え、実績があるFX業者を選びましょう。

また、カバー先が多いFX業者を選ぶことも1つのポイントで、スリッページを発生させない指標となります。

基本的にカバー先が多ければスムーズに注文が通るため、スリッページが発生しづらくなります。カバー先が多いということはその分顧客も多いので信頼できるFX業者と言えます。

ココがポイント

信頼性のあるFX業者は、顧客が多いこと、カバー先が多いのが特徴です。また、NDD方式やDD方式といった情報や、ライセンス情報をきちんと提示している業者は信頼性が高いです。

相場が大きく動く場合は取引をしない

基本的に、相場が大きく動いている場合はあえて取引をしないことでスリッページを回避できます。

相場が大きく動いていると、注文から約定までのわずかな時間でも相場の変動の方が上回る場合があります。つまり、スリッページが発生しやすくなります。

以下のタイミングで、相場が大きく動きます。

  • 経済指標発表
  • 要人発言

などがあった直後で、相場が大きく動くときはスリッページを回避するためあえて取引を行わないことも一つの対策です。

反対に、経済指標発表時に大きく動く相場を狙って取引する経済指標でトレードするという方法もあります。

経済指標について詳しくはこちら

こちらもチェック

FX 経済指標 見方
【FX経済指標】見方をわかりやすく簡単に説明│トレードへの応用も

あなたはFX経済指標の見方がわからず、なんとなく理解しているようで、うやむやになっていませんか?経済指標のどこを見れば良いのかを突き詰めることで視界がクリアになり円滑なトレードができます。この記事ではFXの経済指標の見方をわかりやすくお伝えします。

続きを見る

時間帯によっては取引をしない

スリッページが発生しやすい時間帯が存在します。日本時間の朝方(5時~7時頃)は日本市場・ロンドン市場・ニューヨーク市場が閉まっているため取引量が減り、相場の動きが減少します。

さらに、スプレッドも高くなるため、朝5時~7時のトレードにはリスクが伴います。

さらに詳しく

相場の動きが大きい時間帯は参加する金融機関が多いため、FX会社が受け取るレートが豊富になり、FXトレーダーの大量の注文でも処理することができます。

しかし、相場が動きにくい時間帯は参加する金融機関が少ないため、処理が間に合わずトレーダーの希望どおりに約定できない、つまりスリッページが起こりやすいということになります。

巨額の注文はしない

100万通貨や1000万通貨など、大きすぎる注文はしないことで、スリッページを回避できます。

基本的に注文量が大きくなればなるほど、スリッページが発生する確率は高くなります。

賢い注文の方法

賢い注文の仕方として、大きい注文を2回に分けるなどして注文をしましょう。1回当たりの注文量を減らすことで、スリッページの発生率を下げられます。

スリッページが発生しない注文方法を利用する

スリッページが発生する注文方法は2つです。

成行注文を使用した場合

予約注文の逆指値注文の場合

予約注文の1つ、指値注文では原則スリッページが発生しにくいです。

指値で注文を行うとスリッページ発生しにくくなり、逆指値の注文はスリッページ発生する可能性があります。

その理由は、指値注文は指定した値段に達した瞬間に約定されますが、逆指値の場合、指定した値段に達した瞬間に成行注文されるというシステムがあるからです。

その結果、タイムラグが生じて約定が遅れ、スリッページが発生する可能性があります。

結果として、逆指値注文の場合にはスリッページが発生する可能性があるということになります。

成行注文と予約注文について

成行注文とは、現在表示されている価格でそのまま注文する方法のことです。予約注文は、指値注文と逆指値注文があります。予約を入れた価格でトレードし、相場が予約の価格に達したときに約定されます。

NDD方式のFX会社を利用する

NDD方式のFX業者を利用することで、スリッページを発生しにくい環境を作ることができます。

NDD方式とはNo Dealing Deskの略で、トレーダーからの注文をFX業者を介さず自動で取引を行う方式のことです。逆に業者を介する場合は、DD方式と呼び、約定の早さはNDD方式が評価されています。

NDD方式の業者は約定力も優れている傾向にあります。

海外FXでは、このNDD方式を利用している業者が多く約定力が強いので評価されています。

NDD方式を採用している海外FX業者一覧

海外FX業者 NDD方式
XM Trading
HotForex
TitanFX
iForex
AXIORY
LAND-FX
Ticmill
DealFX
NDD方式についてはこちらの記事で詳しく解説しております。

こちらもチェック

DD方式 NDD方式 違い
【あなたのFX業者はどっち?】DD方式とNDD方式の違いを詳細解説

FX業者の発注方式であるDD方式とNDD方式の違いをわかりやすく解説しています。DD方式を採用している海外FX業者とNDD方式を採用している海外FX業者も紹介しています。国内FX業者と海外FX業者の違いも知りたいトレーダーは必読の内容です。

続きを見る

FXの許容スリッページはどのくらいに設定すればよいのか?

許容スリッページ

許容スリッページは0pips~10pipsくらいに設定されるのが一般的です。

確実に注文をして、約定を目指すのであれば広い数字を設定します。許容スリッページの目安は取引金額やトレードのやり方などによって異なります。

経済指標の発表後や、要人発言があった場合にトレードをする場合、相場が大きく動くことからスリッページが起こる可能性があります。

そのような場合でも約定させたい場合は、スリッページを広めに設定することで注文が約定しやすいです。

また、確実に約定させるために、あえて許容スリッページを設定しないという方法もあります。

一方、スリッページを出さず全く損失をとりたくないという人は、スリッページの許容値を0に設定することで、不利な方向にスリッページが発生した場合全てキャンセルさせる方法もあります。

注文時のレート、または有利な方向へ滑ったレートで約定させることができるので不利な場合は約定させたくない、という場合はこの設定がおすすめです。

許容スリッページを0にすると注文がキャンセルしやすくなるというデメリットがあり、約定の可能性が低くなります。

スリッページの許容値は、約定を優先する場合は大きめに設定し、損失を考える場合は小さめに設定するなど、環境に合わせて調節することが重要です。まずは、実際にトレードを行い感覚を徐々に覚えていきましょう。

スリッページが発生しにくいおすすめの海外FX業者3社を紹介

スリッページ FX業者

こちらではFXでスリッページが発生しにくいおすすめの海外FX業者を3社紹介します。

スリッページ対策ができる許容スリッページ設定ができるかどうかも説明しております。

スリッページが発生しにくいFX業者① XM

XM ロゴ

XMは世界最大級の海外FX業者です。

XMの特徴

  • 入金ボーナスや口座開設ボーナスが豊富
  • 素晴らしい約定力
  • 取引で貯まるXMポイント
  • 日本語サポート
  • 最大レバレッジ888倍・追証なし
  • MT4とMT5に対応
  • 豊富な通貨ペア&CFD銘柄の種類も豊富

こちらもチェック

XMとは
XM(エックスエム)とは?今さら聞けない定番海外FXの完全ガイド

XM Trading(エックスエム)とは、日本人にとって一番馴染みのある海外FX業者です。海外FX業者といっても山ほどの数がある中、「なぜXMが人気なのか?そもそもXMはどんなFX業者なのか」知っていますか?本記事では、今され聞けないXMの完全ガイドをまとめました。

続きを見る

XMはスリッページが発生しにくい業者と評価されています。

理由は2つあります。

理由その①NDD方式を採用

XMではNDD方式を採用しています。トレーダーが注文をすると、決定するまで自動的に処理されるのであまり時間がかかりません。つまり、スリッページが発生しにくく約定力が強いということになります。

理由その②マリー取引

XMではマリー取引を行っています。これによりスリッページが発生しにくくなっております。

マリーとは「相殺」という意味で、FX専門用語です。

FX業者はシステム内で買いと売りの注文を相殺させることができます。この相殺させることをマリー取引と言います。買いと売りの注文を相殺することにより、FX業者がリスクを減らすことができます。

  • 経済指標の発表後
  • 週明けの早朝の時間帯

などはスリッページが発生しやすいので気を付けましょう。

XMではMT4とMT5(FX売買ソフト)を利用することができ、許容スリッページ幅の設定を行うことができます。

信頼性の高さとボーナスが豊富なため、初めて口座を作る方におすすめです。

口座登録で「3,000円」の取引ボーナスがもらえる

XMリアル口座開設はこちら

最短2分で登録完了

スリッページが発生しにくいFX業者② GemForex

gemforex ロゴ

GemForexはGEM GROUP社が運営している海外FX業者です。

元々、EA(自動売買ソフト)を開発していた会社で、無料で扱えるソフトが豊富に存在する為、多くのユーザから指示されています。また、テクニカル分析を重視するユーザにも定評があります。

GemForexの特徴

  • EA(自動売買ソフト)の充実
  • 全ての口座において取引手数料が無料
  • ミラートレードも手数料無料
  • スプレッドの狭さ・取引コストが安い
  • 海外FX業者の中でスワップポイントが高い
  • ゼロカットシステム採用
  • 入金方法が豊富

といった特徴があります。

こちらもチェック

gemforex 評判
【GemForexは大丈夫?】気になる良い評判と悪い評判まとめ

GemForexの良い評判と悪い評判を知りたい方、GemForexがどんな業者なのかを知りたい方、GemForexで口座開設を検討している方に向けてGemForexの良い所や悪い所をSNSの評判をもとに詳細に解説しています。

続きを見る

GemForexはNDD方式ではなく、DD方式を採用しています。

DD方式というのは、Dealing Deskの略で、相対取引と言われております。トレーダーとFX業者が1対1で取引を行う方式のことです。

売買のスピードはNDD方式の方が早く、スリッページはNDD方式より発生しやすいです。

しかし、GemForexの場合はDD方式を採用しているにも関わらずスリッページが発生しにくく、約定力に定評があります。

なぜなら、GemForexの優秀な開発陣によって開発されたシステムを採用し、全取引の99.99%が0.78秒以内に執行を実現しているからです。

手数料が低い業者=約定力が弱い業者 と思われがちですが、GemForexならスピーディーな注文ができるので安心してトレードができます。

GEMFOREXも、MT4で許容スリッページの設定ができます。自動売買をする場合は、許容スリッページの設定をすることをおすすめします。

EAの充実、口座手数料の安さ、スプレットの安さから、分析しながらトレードを行いたい人や手数料やスプレットを抑えたい人におすすめです。

新規口座開設で【10,000円】もらえる

GemForexリアル口座開設はこちら

最短30秒で登録可能!

スリッページが発生しにくいFX業者③ FXBeyond

FXBeyond ロゴ

FXBeyondは2021年3月15日に日本に上陸したばかりの海外FX業者です。

新設のFX海外業者ということで現在注目を浴びています。

FXBeyondの特徴

  • 新設FX海外業者
  • ゼロカットシステム
  • 扱っている商品の豊富さ
  • 本人確認書類無しで即トレードが可能
  • 手続きが早い
  • 初心者でもわかりやすい公式サイト

といった特徴があります。

こちらもチェック

FX Beyond 評判
FX Beyond(FXビヨンド)の評判を徹底調査│リアルな評価も

FX Beyond(FXビヨンド)がどんなFX業者か気になっていませんか?Fxbeyondは新しいFX業者であり、口座登録やトレードを行うのに抵抗のある方も多いと思います。この記事ではFxbeyondの評判、メリットとデメリット、リアルな評価を検証しています。

続きを見る

特に、手続きの早さには定評があり、入金、出金まで15分程度で完了します。

FXByondではNDD号式を採用しています。つまり、取引の透明性が高く、自動で注文処理が行われるため安定かつ信頼できるトレードができます。

海外FX業者にはDD方式、またはNDD方式という記載がないのもあるなか、FXByondの公式サイトでは「NDD方式を採用している」ときちんと記載しているところからトレーダーにとって安心感のあるFX業者です。

FXBeyondではMT4を利用することができます。もちろん、許容スリッページの設定もMT4上で行うことができます。

入金、出金までの手続きの早さや、初心者にとってのサポート、公式ページの見やすさは他のFX業者より評価が高いです。

FXByondは入金ボーナスもあることから、これまでFXを経験された方はもちろん初心者の方にもおすすめです。

完全日本語対応!見やすいサイト設計!

FXBeyondリアル口座開設はこちら

最短1分で登録完了

FXのスリッページ まとめ

FX スリッページ まとめ

いかがでしたでしょうか。

FXでスリッページが発生する仕組みと対策、さらに許容スリッページの設定方法をお伝えしました。

スリッページの本質を捉えることができ、相場の動き方や、時間帯、許容スリッページの設定によってスリッページを回避する方法が理解できたかと存じます。

FX業者にはおすすめした海外FX業者の他にも様々な業者が存在しますが、スリッページに関してはこちらの記事の対策方法を指標にしていただき、お役に立てていただければ幸いです。

スリッページによる損失を防ぎつつ、有利なトレードを行っていきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-FX攻略