移動平均線 とは わかりやすく

FX攻略

移動平均線とは?特徴と手法をわかりやすく解説【テクニカル指標の王道】

チャート分析の定番ツールにひとつに「移動平均線」があります。

手軽に活用出来て、トレンドや相場の強弱など多くの事を知る事ができるツールです。

この記事を読むと次の事がわかります。

  • 移動平均線の特徴
  • 移動平均線の使い方
  • 移動平均線を使ったトレード手法

最もオーソドックスなテクニカル指標である移動平均線について詳細に解説していますので、特徴を理解してトレードに取り入れましょう。

移動平均線とは?どんな線かわかりやすく解説

移動平均線 とは どんな線

移動平均線(SMA)とは、一定期間の価格の平均を繋いだ線の事です。

5日移動平均線とは、過去5日間の価格の平均を繋いだ線という事になります。

メモ

『移動平均線の算出方法』

5日移動平均線=(当日の終値+1日前の終値+2日前の終値+3日前の終値+4日前の終値)÷5

移動平均線の傾きや方向によってトレンドの方向やトレンドの強弱を視覚的に捉える事ができます。

 

移動平均線で良く使われる日数

移動平均線は算出する日数を変える事で、見え方が変わってきます。

日数が短くなるとより急な動きになり、日数が長くなると動きが緩やかになります。

移動平均線は算出期間の長さに応じて、一般的には短期移動平均線、中期移動平均線、長期移動平均線に分類されます。

ポイント

短期移動平均線:5日・10日

中期移動平均線:25日・50日

長期移動平均線:75日・100日・200日

短期移動平均線は平均する日数が少ないので、直近の価格に非常に敏感に反応します。

直近の大きな動きにすぐ反応するので、価格変化を敏感に捉えられる反面、ノイズなどと呼ばれる不規則な動きにもなりやすいデメリットもあります。

長期移動平均線は逆に日数が多いので、動きが緩やかになり長期の動きを捉えることができますが、急な動きには反応しにくい特徴があります。

決まりはないですが、一般的には5日・25日・75日移動平均線を短期・中期・長期で利用しているトレーダーが多いです。

そのためが、5日・25日・75日移動平均線が多くのトレードツールのデフォルト設定である事も多い印象です。

慣れたトレーダーになると、5日を3日に変えてより短時間のトレード用に修正する事もあります。

また、長期トレーダーの場合は100日や200日を利用したりと、トレードスタイルに合わせて日数を変化させて使うのが一般的です。

移動平均線には様々な算出方法がある

移動平均線 算出方法

これまでに解説してきた移動平均線は単純移動平均線(SMA)ですが、移動平均線には3種類あります。

メモ

『移動平均線の種類』

  1. 単純移動平均線(SMA:Simple Moving Average)
  2. 加重移動平均線(WMA:Weighted Moving Average)
  3. 指数平滑移動平均線(EMA:Exponential Moving Average)

期間中の価格を単純に平均したものが単純移動平均線で、直近の価格に重きを置いたものが加重移動平均線と指数平滑移動平均線になります。

加重移動平均線と指数平滑移動平均線はどちらも直近の価格に重テインを置いていますが、指数平滑移動平均線の方がより直近を重視して算出されています。

単純移動平均線(SMA)の特徴

単純移動平均線の計算式

(当日の終値+前日の終値+前々日の終値+・・・・・+(n-2)日前の終値+(n-1)日前の終値)÷n

単純移動平均線は、その名の通り単純に期間中の終値を平均した線です。

期間中の終値を均等に平均した数値を繋いでいます。

もっともオーソドックスなラインなので、利用しているトレーダーも多い移動平均線です。

 

加重移動平均線(WMA)の特徴

加重移動平均線の計算式

[(当日の終値×n)+{前日の終値×(n-1)}+{前々日の終値×(n-2)}+・・・・・+{(n-2)日前の終値×2}+(n-1)日前の終値]÷{(n+(n-1)+(n-2)+・・・+2+1)}

加重移動平均線は、直近の価格を重視した移動平均線の事で、平均値を出すときに直近の比重を高くして算出します。

直近の価格を重要視すると、当日の終値に敏感に反応しやすくなるので、次の動きが予測しやすくなるというわけです。

期間の設定や加重移動平均戦の見方は、単純移動平均線と同じです。

 

指数平滑移動平均線(EMA)の特徴

指数平滑移動平均線の計算式

1日目の計算 :(c1+c2+c3+c4+・・・+cn)÷n
2日目以降の計算 :前日の指数平滑移動平均+α×(当日終値-前日の指数平滑移動平均)
c1=当日終値 cn=n-1日前の終値 α(平滑化定数)=2/(n+1)

指数平滑移動平均線は加重移動平均線に考え方が近いのですが、より直近の価格を重視した移動平均線です。

平滑指数を用いる事で直近の終値の影響が加重移動平均線より大きくなるように算出されます。

指数平滑移動平均線も日数の設定や見方は、他の移動平均線と同様です。

 

移動平均線は何を教えてくれるのか

移動平均線 何を教えてくれる?

では、移動平均線からはどんな事が分かるのでしょうか?

主には次のような事が読み取れます。

メモ

『移動平均線から分かる事』

  • トレンドの方向
  • トレンドの強弱
  • 相場の過熱感
  • 意識されているポイント(レジスタンス・サポート)

/st-mybox]

移動平均線はトレンドを見るのに非常に適したツールと言えます。

また、多くのトレーダーが利用している事もあり、レジスタンスラインやサポートラインとして機能する事も多く、エントリー時に利用できます。

移動平均線からトレンドを読み取る

まず、移動平均線からはトレンドの方向を読み取る事ができます。

読み取り方は非常に簡単で、移動平均線の傾きを見るだけです。

移動平均線が右肩上がりに推移していれば上昇トレンド、右肩下がりに推移していれば下降トレンドと判断する事ができます。

また、横ばいや上下にジグザグに推移している場合は、トレンドのない横ばい相場と判断します。

移動平均線の傾きを見てトレンドの方向を読みとる方法がもっともオーソドックスな移動平均線の活用方法です。

移動平均線からトレンドの強弱を読み取る

移動平均線からはトレンドの方向以外にトレンドの強弱を読み取る事も可能です。

トレンド強弱を移動平均線から読み取るには、移動平均線の傾きの強さを見ます。

移動平均線の傾きが大きければそれだけトレンドが強い事になり、傾きが弱ければトレンドも弱いと判断できます。

移動平均線から相場の過熱感を読み取る

移動平均線からは相場の過熱感も読み取る事ができます。

相場の過熱感を移動平均線から読み取るには、価格が移動平均線からどの位離れているかを見るだけです。

移動平均線乖離率などと呼ばれる事もありますが、価格が移動平均線から離れている程相場の買い圧力(売り圧力)が強いと判断します。

強いトレンド発生時はもちろん移動平均線からの乖離率は大きくなりますが、常に大きく乖離している事は無いので、一定以上に達するとまた移動平均線に近づく動きになります。

そのため、乖離率が大きい状態は相場が行き過ぎていると見る事も出来るというわけです。

移動平均線の知っておくべき動き

移動平均線 知っておくべき動き

移動平均線をチャートに表示しておくと、次のような動きがみられる事があります。

メモ

『移動平均線に見られる動き』

  • サポートライン
  • レジスタンスライン
  • ゴールデンクロス
  • デッドクロス

移動平均線に見られる動きを理解しておくと、チャート分析をより正確に行えるので、是非頭に入れておきましょう。

 

サポートライン

エントリーの際に役立つのが、移動平均線がサポートラインとして機能した場合です。

価格が移動平均線の上にあり、右肩上がりの上昇トレンドとなっている時は、買いでエントリーしたトレーダーが優位な状態と言えます。

一度移動平均線乖離率が大きくなって、再び移動平均線に戻って来て反発する動きは良くあるパターンです。

移動平均線に近づいたポイントでエントリーし、移動平均線乖離率が大きくなったポイントで利確すると言った基本の手法が活用できます。

 

レジスタンスライン

レジスタンスラインは、サポートラインの逆の状態です。

右肩下がりの下落トレンドを形成している場面で、移動平均線まで反発してきて再度下落するパターンも良く現れるパターンと言えます。

下落トレンドの継続と判断できるならば、移動平均線に近づいたポイントが売りのエントリーポイントです。

ゴールデンクロス

ゴールデンクロスとは、短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に突き抜けるパターンの事です。

短期で弱気だった相場が、大きく上昇に転じる事で長期移動平均線を上抜けます。

ゴールデンクロスは下降トレンドの転換期やトレンド形成中の押し目や戻り高値からの反転の際に良く見られるパターンです。

クロスする角度が急である程、上昇の勢いが強いという事になります。

デッドクロス

デッドクロスとは、ゴールデンクロスの逆で短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に抜けたパターンを指します。

短期の強気から弱気に変わった時に良く見られるパターンです。

デッドクロスは上昇トレンドの転換や下降トレンド時の戻り高値からの再下落の動きをする時に良く見られます。

移動平均線を活用した手法

移動平均線 活用方法

実際のチャートを使ってレジスタンスライン(サポートライン)として移動平均線が機能している時のエントリーとゴールデンクロス(デッドクロス)した時のエントリーをご紹介致します。

この2つのエントリー手法が理解できると、かなりエントリーチャンスを増やせますので、是非身に着けておきたい手法です。

サポートライン(レジスタンスライン)を活用した手法

レジスタンスラインを活用したエントリーは、次の3ステップでエントリー出来ます。

レジスタンスラインを活用したエントリー

  1. トレンドの判断
  2. サポートラインが機能しているか判断
  3. サポートライン付近でエントリー

まず、移動平均線の傾きを見てトレンドが上昇か下降かを判断します。

次に、短期・中期・長期移動平均線の内、どの移動平均線がサポートラインとして機能しているかを確認。

そして、機能していると判断したサポートラインに価格が近づいてきたタイミングでエントリーします。

レジスタンスラインの場合もサポートラインと同様で、下落トレンドの売りエントリーで活用出来ます。

 

ゴールデンクロス(デッドクロス)を活用した手法

ゴールデンクロス(デッドクロス)を活用した手法は次の3ステップでエントリー出来ます。

ゴールデンクロスを活用したエントリー

  1. 移動平均線のゴールデンクロスを確認
  2. ゴールデンクロス確認後、再下落の後のローソク足の陽線が確定した事を確認
  3. 陽線が確定した次のタイミングで買いエントリー

ゴールデンクロスをした瞬間は新規買いや損切りで大きく価格が動く事が多いです。

もちろんゴールデンクロスと同時にエントリーする事も可能ですが、勢いの強いゴールデンクロスの場合は一度リターンムーブが起きます。

このリターンムーブから再度の上昇でエントリーした方が、だましに巻き込まれる可能性を減らせるのでおすすめです。

デッドクロスの場合は、ゴールデンクロスの逆で下落からの売りの場面でエントリー可能です。

 

まとめ

移動平均線 まとめ

移動平均線は最もオーソドックスなインジケーターであるにもかかわらず、非常に利用価値の高いツールと言えます。

シンプルながら非常に多くの情報を得られるので、チャートに常に表示しておいて損はありません。

移動平均線一つでトレンドの方向性と相場の過熱感の両方を知る事の出来る数少ないツールでもあります。

多くのトレーダーが利用しているからこそレジサポとしても非常に機能しやすいのも特徴的です。

FXのトレードを始めるにはまず、移動平均線を使いこなせるようになる事をおすすめします。

移動平均線を使いこなせるようになればチャート分析の精度も上がりますし、トレードの戦略も大きく広げる事が可能です。

-FX攻略