gemforex スワップポイント

gemforex

GEMFOREXのスワップポイントランキング!運用方法も解説

この記事では

  • GEMFOREXのスワップポイントの特徴を知りたい方
  • スワップポイントの計算方法やもらう条件について知りたい方
  • スワップポイントの運用方法を知りたい方

に向けてスワップポイントについて深掘りしていきます。

スワップポイントは何となく知っているけど、具体的にどういうものでどういう仕組みになっているか分からない、そう思う人は多いでしょう。

今記事ではGEMFOREXのスワップポイントや、スワップポイントそのものについても、初心者の人にも分かりやすく解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください!

スワップポイントの概要

Gemforex スワップポイント 概要

スワップポイントとは2国間の「通貨の金利差」から発生する利息のことです。高金利通貨を買い、低金利通貨を売ることでその差益分が、スワップポイントとして得られます。反対に高金利通貨を売り、低金利通貨を買うとスワップポイント(マイナススワップ)を支払うことになります。

(例)アメリカ(米ドル)の金利 「0.2%」 、日本(円)の金利 「−0.1%」 の場合

0.2% − 0.1% = 0.1%(金利差)

利の高い米ドルを買って、金利の低い円を売れば 「+0.1%」 のスワップポイントが得られます。

金利の低い円 「−0.1%」 を買って、金利の高い米ドル 「0.2%」 を売ると 「−0.1%」 のマイナススワップを支払うことになります。

0.1% − 0.2% = −0.1%(金利差)

スワップポイントの計算方法

スワップポイントは以下の計算式から導き出すことができます。

  • 為替レート × 保有ポジション量 × 金利差 = 1年間のスワップポイント
  • 1年間のスワップポイント ÷ 365日 = 1日当たりのスワップポイント

ドル円(USDJPY)のレートが110円、金利差が0.1%で、10万通貨保有している場合で計算します。

【1年間で得られるスワップポイント】

110円 × 10万通貨× 0.1% = 11000円

【1日に得られるスワップポイント】

11000円÷365日=30円

1万通貨でドル円でポジションを保有すると1日「約30円」、1年間では「11000円」の利益になります。スワップポイントをうまく運用できれば、コツコツ利益を増やしていくことが可能です。

スワップポイントの獲得条件

FX業者によって若干の違いはありますが、一般的にスワップポイントが得られる条件と付与されるタイミングは以下の通りです。ちなみに、ポジションを翌日まで持ち越すことを「ロールオーバー」と言います。

月曜日ポジションを保有した場合

月曜日にポジションを保有した場合

  1. 翌日火曜日の日本時間7時(夏時間は6時)までポジションを保有すると確定
  2. 火曜日から更に2営業日後の木曜日に付与

条件を満たした2営業日後が土日の場合は、翌週の月曜日にスワップポイントが付与されます。

木曜日にポジションを保有した場合

  1. 翌日金曜日の日本時間7時(夏時間は6時)までポジションを保有すると確定
  2. 土日をまたいで翌週の月曜日に付与

ここで注意してほしいのが、スワップポイントは土日も発生するという点です。ですが、木曜日にポジションを保有した場合は、金曜日の1日分しか付与されず土日分はもらうことができません。土日分のスワップポイントをもらう条件は、水曜日から木曜日にロールオーバーすることで、「木曜日分+前倒しの土日分」の3日分のスワップポイントをもらうことができます。

スワップポイントが付与されるタイミング
月曜日 なし
火曜日 月曜日分が付与
水曜日 火曜日分が付与
木曜日 水・土・日の3日分が付与
金曜日 木曜日分が付与
土曜日 なし
日曜日 なし

つまり、水曜日から木曜日にポジションを持ち越すだけで、3日分のスワップポイントを得られるので「スワップポイント3倍デー」と呼ばれています。

GemForexリアル口座を開設をする

スワップポイントの注意点

スワップポイント 注意点

続いてはスワップポイントを運用する際の注意点として、以下の4つの点についてみていきます。

4つの注意点

  1. 各国の政策金利の動向に注意する
  2. FX業者によってスワップポイントが異なる
  3. 為替差損に注意する
  4. 高金利通貨での運用はリスクが高い

各国の政策金利の動向に注意する

スワップポイントは金利と密接に関係しているため、各国の政策金利の動向を把握しておく必要があります。政策金利とは、各国の中央銀行が物価の安定を図るために行う措置のことです。政策金利には「利上げ」と「利下げ」があり、為替相場では特に重要となってくるため理解しておく必要があります。

政策金利の基本

  • 利上げ(インフレ対策):加熱した景気を抑えるために行う施策
  • 利下げ(デフレ対策):市場に流通するお金の量を増やすために行う施策

政策金利はスワップポイントたけでなく、為替レートにも影響してきます。そのため、自分が取引している通貨の国の経済状況が「利上げ傾向にあるのか?利下げ傾向にあるのか?」を理解することは必須要素です。

FX業者によってスワップポイントが異なる

スワップポイントはFX業者によって異なります。業者ごとに調達力が違うことや、顧客獲得戦略など様々な要因から、スワップポイントが設定されているためです。

スワップポイントの運用を優先するなら、当然スワップポイントが高い業者を選ぶべきですが、その分他でデメリットがないかなど全体的にみて判断していきましょう。

為替差損に注意する

スワップポイントは為替損益と比べて微々たるものです。そのため、スワップポイントで利益を得ても、為替差損が発生してしまうと収益はマイナスになってしまいます。

スワップポイントをコツコツ増やしていくためには、エントリーポイントやトレード方法にしっかり意識を向けていきましょう。

高金利通貨での運用はリスクが高い

スワップポイントを目的とする場合、高金利通貨を狙う人がいますが注意してください。確かに高金利通貨であれば、スワップポイントは多くもらえますが、その通貨の金利が高くなっているのは理由があるからです。高金利通貨の代表に「トルコリラ」「南アフリカランド」「メキシコペソ」どがありますが、このような通貨は総じて信用性は低いです。

つまり、金利を高くしないと買ってもらえないため、高金利にしているという背景があります。そのため、ボラティリティが高く相場が急変動する恐れがあり、高スワップポイントを狙うために安易に手を出すのはリスクが伴います。初心者のうちは「米ドル」のような、信頼性の高い通貨でまずは始めてみる方が得策でしょう。

スワップポイントの運用方法の5選

Gemforex スワップポイント 運用方法

スワップポイントを運用する際は5つのポイントを意識しましょう。

スワップポイント運用方法5選

  1. 証拠金が大きいほど稼ぎやすい
  2. 長期目線で相場の方向感をとらえる
  3. レバレッジは低めに設定する
  4. 複数の通貨ペアで運用してリスクヘッジする
  5. スワップポイントを狙うなら海外FXがおすすめ

GemForexリアル口座を開設をする

証拠金が大きいほど稼ぎやすい

当然ですが、スワップポイントを効率よく得ていくなら証拠金が大きければ大きいほど有利になります。スワップポイントは取引量に比例するため、少額の取引では微々たるものですが、高額での取引となればスワップポイント大きくなります。

そのため少額で取引する場合は、スワップポイントはおまけ程度にとらえ、トレードで利益を増やしくていく方が得策です。

スイングトレードのスキルを磨く

スワップポイントは長期運用が基本となるため、スイングトレードのスキルを身につける必要があります。長期目線で相場の方向感が把握できないと、値ごろ感でエントリーしたり、トレンドの方向とは反対のポジション持ったりなど、為替差損で収益がマイナスになってしまうからです。

スワップポイントの運用を考えるなら、何より先にトレードの手法を確立させて、ルールに沿ったエントリーを心掛けていきましょう。

レバレッジは低めに設定する

スワップポイントが目的の場合はレバレッジを低く抑えた方がベストです。レバレッジが大きいと損失のダメージも大きくなり、ロスカットされる確率も高くなるからです

相場の突発的な値動きにも耐えられるよう、レバレッジは低く設定してリスクを下げて運用していきましょう。

複数の通貨ペアで運用してリスクヘッジする

スワップポイント効率よく得る方法として、複数の通貨ペアで運用することをおすすめします。スワップポイントは急に変更となることがあり、一つの通貨ペアのみに絞るとその通貨ペアのスワップポイントが減少した場合、利益が小さくなってしまいます。

対策として複数の通貨ペアを運用していく、分散投資型にすれば双方でマイナス分を埋めることも可能です。

スワップポイントを狙うなら海外FXがおすすめ

スワップポイントは国内FXより海外FXの方がおすすめです。

海外FXのメリット

  • 通貨ペア種類が多く選択の幅が広い
  • ロスカット水準低いのでロスカットされにくい

国内FX比較して海外FXは、たくさんの通貨ペアを取り揃えています。通貨ペアの種類が豊富であれば、スワップポイントの運用に最適な通貨ペアも多くなります。

国内FXの平均ロスカット水準は50%ですが、海外FXでは20%前後であることほとんどです。スワップポイントは長期運用が前提なため、ロスカット水準が低い海外FXの方が、ロスカットに遭う確率を低く抑えられるのでおすすめです。

GEMFOREXのスワップポイント

Gemforexのスワップポイント

海外FXで人気のGEMFOREXスワップポイントについてみていきます。

下記はGEMFOREXの通貨ペアの1~8位のスワップポイントランキングです。

(2021年12月)

通貨ペア

買い売り

ランキング(1~8位)

USDTRY

売り

 1268円

EURZAR

売り

 784円

USDMXN

売り

 484円

CHFJPY

売り

 39

USDCHF

買い

 38円

USDJPY

売り

 28円

USDJPY

買い

 21円

USDZAR

売り

 8円

高金利通貨の代表3種 「トルコリア」 「南アフリカランド」 「メキシコペソ」 が1~3位を独占している状態です。

GEMFOREXはドル円の買い・売りともにプラススワップポイント

前項の通り、GEMFOREXのドル円のスワップポイントは珍しく、買い・売りともにプラススワップポイントです。

通貨ペア 買い 売り
USDJPY 21円 28円

この両方のスワップポイントを狙って、両建てで稼ぐという方法があります。この方法は、為替変動の対策として両建てを行い、その間にスワップポイントを獲得していくというものです。これは通称「アービトラージ(両建て)」と呼ばれますが、FX業者では禁止にしているところもある中、GEMFOREXでは認められています。

両建ては初心者がするにはリスクが大きいですが、トレードに自信があるならスワップポイントを狙う環境としておすすめでしょう。

新規口座開設で【10,000円】もらえる

GemForexリアル口座開設はこちら

最短30秒で登録可能!

GEMFOREXのスワップポイントの注意点

Gemforex スワップポイント 注意点

GEMFOREXでスワップポイントを運用する際は、以下の3つに注意してください。

注意点

  1. 複数口座を用いての両建ては禁止行為
  2. スワップポイントは急に変更されることがある
  3. ポジションを決済しないとスワップポイントは出金できない

複数口座を用いての両建ては禁止

GEMFOREXでは複数口座を使った両建ては禁止行為としています。ドル円の買いと売りの両方のスワップポイントを得るために、複数口座で両建てすることは規約違反となります。発覚した際は最悪、口座凍結を受ける恐れがあるので絶対にやめましょう。

スワップポイントは急に変更されることがある

GEMFOREXに限ったことではなく、FX業者で提示しているスワップポイントは急に変更されることがあります。状況によってプラススワップが、マイナススワップに変更となる場合もあるため、ポジション保有中は定期的にスワップポイントをチェックしておきましょう。

ポジションを決済しないとスワップポイントは出金できない

GEMFOREXでは保有ポジションを決済しないと、スワップポイントは出金できません。ポジション決済為替差損注意してから行いましょう。

GEMFOREXのスワップポイントまとめ

Gemforex スワップポイント まとめ

スワップポイントは2国間の金利差の利息を指し、高金利の通貨を買って低金利の通貨を売ることで得られます。スワップポイントは長期運用が前提となり、スイングトレードのスキルは必須です。スワップポイントでコツコツ利益を積み上げていくためには、為替の変動と各国の政策金利には注意してください。

GEMFOREXのドル円のスワップポイントは、買いと売りの両方がプラススワップである唯一の業務です。ただし、スワップポイントは急に変更となる場合があり、ドル円のスワップポイントもいずれ変更になる可能性があります。

また、GEMFOREXは少額で取引するのに特化した業者のため、資金が少ないならスワップポイントを目的とするより、トレードで利益を出していく方に専念した方が効率がいいです。

新規口座開設で【10,000円】もらえる

GemForexリアル口座開設はこちら

最短30秒で登録可能!

-gemforex