gemforex 両建て

gemforex

Gemforexで両建てはできる?メリット・デメリット・注意事項を徹底解説

Gemforex(ゲムフォレックス)は海外FX会社の中でも日本人向けのサポートを備え、新規口座開設ボーナスや入金時ボーナスなども多く行なっている人気の海外FX会社です。

しかし人気になれば多くの誤解が生まれるもので、Gemforexには一方的な情報だけが受け止められて、誤解されている事もあります。

その誤解されている内容の1つに「両建て」があります。

この記事では

・Gemforexにおける両建てのメリットやデメリットを知りたい

・両建てがそもそも何かわからない

・Gemforexで両建てをする注意点を知りたい

以上のような方々に向け、海外FX会社であるGemforexの両建てに関するメリット・デメリットを徹底解説していきます。

この記事を読めば、Gemforexの両建てに関する、様々な利点と注意点をご理解いただけるようになります。

ぜひ最後までご覧ください。

新規口座開設で【10,000円】もらえる

GemForexリアル口座開設はこちら

最短30秒で登録可能!

Gemforexにおける両建てメリット・デメリットの前に

はじめに

そもそもこの記事を読んで下さっている方の中には「両建てってなに?」という方や「両建ての意味はわかるけれどやり方がわからない」という方がいらっしゃると思います。

まずは先に基礎的な知識をおさらいしていきましょう。

「両建て」とは

基本、投資においては「買い」「売り」かのどちらかを選択します。

「買い」トレードを行った場合、相場が上昇した場合は利益になりますし、下落した場合は損失になります。

「売り」トレードを行った場合、相場が上昇した場合は損失になりますし、下落した場合は利益になります。

トレーダーはチャートの動きや経済指標などからどちらのポジションを持つのが良いかを判断しますが、投資の世界では「買い」を選んでも「売り」を選んでも、突然訪れる「急上昇」「急落」という極端な結果がが訪れ、大きく損失を被ってしまう可能性も高まってしまいます。

「両建て」は、そうした大きな損失をカバーする為に「買い」と「売り」のポジションを両方所持する事を言います。

例えば……1ドル100円時、買いと売りのポジションを1000通貨ずつ持った際に値動きした状況

1ドル100円50銭まで値上がりした段階で売りポジションを損切り(損失:500円)

1ドル101円まで上がりきった段階で買いポジションを決算(利益:1,000円)

→結果:利益1,000円ー損失500円=500円の利益

損失よりも利益の方が上回っているのなら、それは投資の世界において「勝ち」です。

もちろん、片方しか持っておらず利益になったのならより大きく勝ち分を手にする事が出来ますが、その場合はリスクと隣り合わせになってしまいます。

このように両建てというのは「為替相場の変動に対するリスクを和らげる」事と同時に「着実な利益確保に動く」という戦術にも大きく役立てる事が出来る取引手法です。

両建ては必勝方法ではない

両建てそのものは、急変しやすい為替相場でのリスクを和らげる事が出来る手法であるとご説明しました。

しかし、それは理論上のお話で基本的に両建ては必勝法というわけではありません。

確かに先述のような方法で、可能な限り損失を軽減させる手法である事は間違いありませんが、急変動に対応しきれず、結果的に大きな損失を被る可能性は十分にあります。

例えば……1ドル100円時、買いと売りのポジションを1000通貨ずつ持った際に値動きした状況

1ドル=100円50銭まで値上がりした段階で売りポジションを損切りした(損失:500円)

その後、相場が急落し100円20銭の段階で買いポジションを慌てて利確(利益:200円)

→結果:損失500円ー利益200円=損失300円

このように、上昇すると睨んだタイミングで相場が反転してしまう事もあり得てしまいます。

いつ、どのように相場が伸びるか、反転するかはある程度予想する事は確かに可能です。

しかし「必ずそうなる!」と断言する事はプロでも出来ません。

両建てとはあくまで「取引手法の1つ」という認識を改めた上で、Gemforexにおける両建てのメリット・デメリットを学んでいきましょう。

Gemforexにおける両建てに関する誤解・注意事項

gemforex 両建て 注意事項

ネット上ではよく「Gemforexは両建てが禁止されている」という記事やコメントなどが散見されます。

確かにGemforexでは「複数口座間での両建て」「他FX会社口座を跨いだ両建て」は禁止されています。

しかし「同一口座での両建て」についてなら、Gemforexはむしろ推奨している部分もあります。

GemForexリアル口座を開設をする

Gemforexで禁止されている両建て手法

各海外FX会社における両建て禁止状況

海外FX会社 同一口座での両建て 複数口座での両建て 他会社間での両建て
Gemforex × ×
XM Trading × ×
iFOREX × ×

基本的にGemforexに限らず、多くの海外FX会社では口座を跨ぐ両建ては禁止されています。

何故かというと海外FX会社では基本的に「追証なしのゼロカットシステムが用意されているから」です。

上記画像のように異なる口座間で両建てを行えば、片方の口座はいくら強制ロスカットを受けても片方の口座で大量の利益を見込めます。

そしてゼロカット(追証なし)というシステムによって、強制ロスカットされた分以上に証拠金を請求されず、利益だけが増え続けるのです。

海外FXにおけるゼロカット(追証なし)というシステムは、我々トレーダーにとって元手になる資金以上の負債を海外FX会社が負担してくれるありがたいシステムです。

こうした複数口座を用いての両建て手法はゼロカットを悪用した取引方法となり、海外FX会社に大きく負担が大きくのし掛かってしまいます。

だからこそ海外FX業者では複数口座での両建てを禁止しているのです。

異なるFX業者間でも両建てはバレる

「会社が違えば両建てがバレるわけないじゃん」と思われるかもしれませんが、基本的にバレます。絶対にやめましょう。

具体的な数字は提示されていませんが、Gemforexでも海外FX会社でも異なる海外FX会社間で両建てを行っていたトレーダーの口座を凍結した実績が相当数あるようです。

何故バレるのか、それは以下の2つが主な理由のようです。

①MT4やMT5などの共通プラットフォームでの取引履歴によりバレてしまう

②ブリッジと呼ばれる仲介業者によってバレてしまう

これも1つ1つ確認していきましょう。

①MT4やMT5などの共通プラットフォームでの取引履歴によりバレてしまう

海外FXではMT4やMT5などのプラットフォームを用いて取引する場合がほとんどです。

プラットフォームが同じ場合、会社が異なる場合でもプラットフォームの履歴をチェック出来るようになっています。

ではMT4やMT5を使わなければバレないのかというとそうではありませんし、MT4やMT5を使わないと言う事は、海外FX会社を利用するメリットの1つを完全に消してしまっています。

口座凍結の恐れがある禁止行為をする為だけに長い実績のあるプラットフォームであるMT4やMT5の利用をしないというのは、リスクに合わせてメリットも打ち消す行為で、ほとんど旨味がありません。

②ブリッジと呼ばれる仲介業者によってバレてしまう

ブリッジとは、インターバンク市場と海外FX会社との間に入る仲介業者です。

両建てする際に使った2つの異なる会社の口座から同じブリッジに通じていた場合、同じサーバーを通して注文する事となります。

このブリッジに残る取引履歴は、異なる会社間でもチェックが出来るようになっているようです。

①はともかく②のブリッジは我々トレーダーには明示されない情報です。

そして取引通貨と注文タイミングによっては、高い確率で同じブリッジを利用される事が多いようです。

また意図した両建てでなくともブリッジやGemforexが怪しいと判断しただけで口座凍結される可能性は高く、口座凍結されてしまうと取引自体の停止だけでなく利益取り消しに加え出金拒否などのペナルティーもあります。

絶対に、異なる口座間での両建ては行わないように注意しましょう。

Gemforexで容認されている両建て手法

複数口座間での両建ては、ゼロカットシステムを用意されている為に禁止されている事はご理解頂けたかと思います。

ですが同一口座での両建てについては、トレーダーのリスクを軽減する手法として、各海外FX会社も容認しています。

Gemforexでも例外ではなく、同一口座での両建ては容認されているだけでなく、むしろ推奨されている手法となっています。

確かに必勝と言える手法ではありませんが禁止されていない取引手法でリスクを可能な限り和らげることの出来る方法を取る事で、着実に勝ちを積み重ねていく事は可能です。

Gemforexにおける両建てのメリット・デメリット

gemforex 両建て メリット・デメリット

ここからはGemforexにおける両建てのメリットとデメリットを学んでいきましょう。

これまで「両建て」はトレーダーのリスクを軽減する他に、着実な利益を求める事が出来る手法であると解説してきましたね。

そしてGemforexでもこの手法は上手く使えばトレーダーにもメリットがあるとして、同一口座での両建てはむしろ推奨されています。

両建てのメリット

Gemforexが両建てを推奨している理由は、主に以下の3つです。

①損失に対するストレス軽減

②リスクヘッジになる

③スワップポイントによる利益を得られる

1つずつ順番に説明していきます。

①損失に対するストレス軽減

トレーダーは常に「反対に動いたらどうしよう」という心理的ストレスに晒されています。

心理的ストレスを受けたトレーダーの多くは冷静さを欠いてしまう事が常です。

例えば「ポチポチ病」と呼ばれる「とりあえずポジションを保有しておこう」なんて無理なトレードをし続けてしまう事も、心理的なストレスや焦りから来るものとされています。

両建ては含み損を軽減できる為、そうした心理的ストレスも同時に軽減し、落ち着いた取引を可能とする事に向いています。

「この相場はこう動くと思うけど反対に動いたら……」なんて迷い、ポジションを持てない場合には、一旦両建てをする事で冷静にトレードが出来るようになります。

②リスクヘッジになる

例えば「この相場は上がる!」と思って「買い」でエントリーしたにも関わらず、予想が外れて下がってしまった場合、両建てをしておく事でリスクヘッジ(損失回避)になります。

これも例えば、最初は両建てしていなくとも予想に反した動きをした段階で両建てを行う事で、相殺は出来なくても損失を軽減する事には繋がります。

損失を軽減できれば資金を守る事ができ、資金が守られれば次のトレードに繋げる事が出来ます。

③スワップポイントによる利益を得られる

スワップポイントとは売買した通貨の金利差額の事を言います。

低金利の通貨を売って高金利の通貨を買った場合、為替差益とは別にスワップポイントを貰う事が出来ます。

本来であれば、スワップポイントは「買い」のトレード時に発生し「売り」のトレード時は逆に払わなければなりませんので、両建てにおいては相殺されてしまうのが常ですが、このスワップポイントの差額がプラスになる場合は手法として成立します。

この差額益を利用した手法を「スワップアービトラージ(サヤ取り)」と言い、スワップポイントによる利益を目的としたトレーダーに親しまれています。

新規口座開設で【10,000円】もらえる

GemForexリアル口座開設はこちら

最短30秒で登録可能!

両建てのデメリット

デメリットについてはこれまで軽く解説してきましたが、取引方法を間違えると大きな不利益に繋がる事もあります。

①収益性が低い

②乱高下を繰り返している場合は両建てでも損失が出る可能性が

③スプレッドが開いた場合、ロスカットの危険性がある

④自分でも意図していない異口座間での両建てに注意

もう一度、上記のようなデメリットと、1つ1つ向き合っていきましょう。

①収益性が低い

メリットの①~③でも紹介したように、基本的に両建てというのは「損失によるリスクを回避する」という手法です。

大きく利益を取れたトレードと同時に損失を被ったトレードの2つによって最終損益額は変わりますので、得られる利益は一方通行のトレードで勝つよりも明らかに減ってしまいます。

ただリスクだけを抱えて取引する事が必ずしも正路ではない、という事です。

ここは自分のトレードスタイルと天秤をかけ、収益性の低さを許容できるかをしっかりと考えましょう。

②乱高下を繰り返している場合は両建てでも損失が出る可能性が

両建てを行っている場合、どちらかに損失が発生しても、それを上回る利益が出れば問題ありません。

しかし例えば経済指標発表時などの状況では相場が乱高下を繰り返す事があります。

「最初は相場が急激に上がったから売りポジションを損切りしたけど、その後すぐに相場が下がっちゃって買いポジションも損失になっちゃった……」なんて事になる可能性は十分あります。

両建て時とはいえ、乱高下を繰り返しているタイミングでは、利益を焦る事は禁物です。

時には利確も損切りも待ち、状況を見る事も大切である事を覚えておきましょう。

③スプレッドが開いた場合、ロスカットの危険性がある

基本的に両建てを行っている場合は利益と損失が相殺し合っている状況なので、必要証拠金は少なくても大丈夫と思われる方も多くいます。

しかしこれは大きな勘違いで、むしろ「両建てこそ豊富な証拠金が好ましい」です。

まず両建てを行う為には、通常は売買どちらかのポジションしか保持しない事に対して倍の証拠金が必要です。

ちなみにMT4で両建て取引を行っている場合、MT4側の仕様によって証拠金維持率が表示されないのですが、内部的にはキッチリ計算されています。

その上で注意しなければならないのは「スプレッドが開いた場合、2つ分のスプレッド負担額が発生する」という事です。

Gemforexに限らず海外FX会社は基本、変動制スプレッドを採用している為、早朝や経済指標発表時、突然のイベント時にスプレッドが大きく開いたりする場合があります。

その開いたスプレッド分は負担する必要がある為、その負担分の証拠金がなかった場合、強制ロスカットを執行されてしまう可能性は十分にあります。

両建てを行う時には、最低限の必要証拠金ではなく可能な限り証拠金を用意するように心がけましょう。

④自分でも意図していない異口座間での両建てに注意

何度も言いますが、Gemforexは自分が意図していない状況でも口座を跨ぐ両建てを認めていません。

もしGemforexに「口座間を跨いだ両建てだ」と判断されてしまえば、口座凍結だけでなく取引利益の没収、出金拒否という重いペナルティーが課せられます。

理不尽に思われるかもしれませんが、一度口座が凍結された場合はいかなる理由があっても、自分が意図していない両建てであっても許されませんし、ペナルティーを回避する方法もありません。

可能な限り、口座を跨いだ取引については注意しておいた方が良いでしょう。

Gemforexにおける両建てのオススメ手法

Gemforexの両建て おすすめ手法

ここまでGemforexにおける両建てのメリット・デメリットや注意事項について学んできました。

これまで学んだ事に留意しつつオススメ出来る手法が存在します。

それが「スワップアービトラージ(サヤ取り)による利益確保」です。

両建てスワップアービトラージでの利益確保方法

市場状況により変動する可能性はありますが、基本的にスワップポイントというものは「プラススワップ」「マイナススワップ」が存在します。

メモ

「プラススワップ」はトレーダーが受け取れる利益

「マイナススワップ」はトレーダーが支払う損失

基本的には「買い(ロング)はプラススワップ」「売り(ショート)はマイナススワップ」という形で、両建てを行なっても相殺されるか、僅かに利益や損失が上回る程度になってしまいます。

ですがGemforexでは「買い(ロング)」「売り(ショート)」のスワップポイントが両方ともプラスになるドル円(USD/JPY)の通貨ペアが存在します。

以前はユーロドル(EUR/USD)もダブルスワップだったのですが、現在は売買共にマイナスになってしまいました……。

公式サイトの各通貨スワップポイント一覧(2022年1月2日1時時点)より抜粋しました。

「USD/JPY」のスワップポイントは以下の通りです。

通貨ペア ロングスワップ ショートスワップ
USD/JPY(10万通貨) 0.21000 0.28000

例えば、ドル円の買い10万通貨・売り10万通貨で両建てした場合、1日持ち越しした場合のスワップポイントは以下のように計算できます。

0.21(スワップポイント) × 100,000(通貨数) × 0.00001(最小ポイント) × 114.750(ドル円レート) × 1(ロット数)= 約24円

0.28(スワップポイント) × 100,000(通貨数) × 0.00001(最小ポイント) × 114.750(ドル円レート) × 1(ロット数)= 約32円

ロング・ショート合計:1日約56円

そしてこのレートやスワップポイントが変わらないと仮定し、1ヶ月保持をし続けた場合、約56円 × 30日 = 約1680円。

さらに一年間保持し続けたと仮定すれば、約56円 × 365日 = 20440円となります。

スワップポイントやレートは変動するため、あくまで目安にはなります。

しかし両建ての場合は値動きをあまり気にせず保持し続ける事ができるので、スワップポイントの売買差額がプラスであれば保持し続けてスワップポイントによる利益を確保する方法が成立します。

また上記の例はあくまで1ロット(10万通貨)での金額になりますので、Gemforexの魅力であるレバレッジ1000倍を活かした高ロット取引を行う事で、より効率よくスワップポイントでの利益を得られます。

ただし、Gemforexでは10ロット以上の取引を行う場合には事前にGemforexのサポートへ連絡する必要がありますのでご注意下さい。

GemForexリアル口座を開設をする

両建てスワップアービトラージの注意事項

両建てによるスワップアービトラージは、両建てによるリスク軽減が有効的に機能する、オススメの長期トレード手法です。

しかし、それでも注意しなければならない事が幾つかあります。

①スプレッドの開きに注意

②フラッシュクラッシュには要注意!

③スワップポイントは日々変動し、将来的にダブルスワップでなくなる可能性もある

①スプレッドの開きに注意

両建てのデメリットでも説明しましたが「2ポジション分の証拠金が必要」という事は絶対に忘れないで下さい。

また、スプレッドが開いた分に発生する損益も、同様に2ポジション分発生します。

Gemforexは変動制スプレッドを採用しているが故に、いつ大きくスプレッドが開くかはわかりません。

「両建てだからと証拠金を少なく入金してたらロスカットされちゃった……」なんて事になれば目も当てられませんから、注意しましょう。

②フラッシュクラッシュには要注意!

滅多に起きる事ではありませんが、為替相場ではフラッシュクラッシュと呼ばれる「理由の分からない急高騰・急下落」が往々にして起こり得ます。

その際に想定を大きく上回るスプレッドの開きが発生し、ロスカットを受ける可能性があります。

一応、Gemforex側に非があるスプレッドの急変動については補填してくれる可能性はありますが、そうでない場合は一切補填されません。

フラッシュクラッシュを防ぐ方法はなく、長期保有する際には必ずと言っていいほどつきまとう問題です。

「いつだってフラッシュクラッシュは起こり得る」という心持ちは忘れないようにしましょう。

③スワップポイントは日々変動し、将来的にダブルスワップでなくなる可能性もある

2022年1月現在、Gemforexでドル円(USD/JPY)のスワップポイントは売買共にプラスになっている為、ダブルスワップによるアービトラージが成立しています。

しかし以前はユーロドル(EUR/USD)もダブルスワップだったものが、現在は売買共にマイナスになってしまいました。

元々、ダブルスワップ自体がGemforex側が負担し、ユーザーへ還元していたものです。(客寄せの側面も間違いなくあるかと思いますが)

今後、ドル円のダブルスワップも見直される可能性もありますし、そうでなくともスワップポイントについては相場によって日々変動しています。

両建てアービトラージによる長期保有を考えている方は、常にスワップポイントに気を配るようにしましょう。

Gemforexにおける両建てメリット・デメリットのまとめ

gemforexボーナス まとめ

いかがでしたでしょうか。

Gemforexにおいて、両建ては正しく使えばリスクを軽減でき、心理的ストレスも抑える事が出来る手法であるという事をご理解頂けたかと思います。

そしてダブルスワップによるアービトラージも、現状は有効的に機能する手法です。

しかし「正しく使えば」という部分を常に念頭に入れ、両建てにはリスクがあるという事を忘れないようにしましょう。

最後までご覧いただきありがとうございます。

新規口座開設で【10,000円】もらえる

GemForexリアル口座開設はこちら

最短30秒で登録可能!

-gemforex