海外FXの両建ては禁止?

FX攻略

海外FXの両建ては禁止?両建ての概要やメリット、デメリットを解説

海外FXで両建は禁止なの?

使い方次第でローリスクで利益を得ることができ、かつ精神的負担も少ない手法として知られている両建てですが、海外FX業者では、両建てが禁止されているところがあります。

この記事では、海外FXにおける両建ての概要、メリット、デメリットを紹介するとともに、どのような業者が両建てを禁止しているのかを解説していきます。

海外FXの両建ては禁止?そもそも両建てとは?

海外FXの両建てとは?

両建ての概要をネットで調べてみると、「買いと売りのポジションを同時に保有すること」とよく書かれています。正直FX初心者の方はピンときませんよね、、、

下図を見てみましょう。FXのレートは絶えず変化しますよね。

買いポジションを持った後にレートが上がると、利益となり(赤矢印)売りポジションを持った後にレートが下がっても利益(黒矢印)となります。

FXの両建て 概要

両建ては、レートが上がるか下がるかわからないときに、買いポジションと売りポジションの両方を持つことで、売りポジションの損は買いポジションの利益、逆に買いポジションの損は売りポジションの利益相殺してしまうことなのです。

損を利益で相殺? それじゃあプラマイゼロで利益を得ることができないじゃないか、、

そう思う人も多いはず。

しかし、両建ては使い方を工夫することで様々な利益を得ることができるのです!

次に、両建ての主な手法解説していきます。

海外FXの両建て方法は大きく3種類 禁止されていないのは?

海外FXの両建方法は3種類

海外FXの両建ての手法は、大きく分けて3種類存在します。

  • 同一FX業者で同一口座での両建て
  • 同一FX業者で複数口座間での両建て
  • 複数FX業者で両建て

これらの3つです。この中にはFX業者によって禁止されている手法もあり、注意が必要です。

さっそく、それぞれ概要について説明していきます。

同一FX業者で同一口座での両建て

 同一口座での両建ては、海外FX業者すべてで認められている手法になります。

両建てを行うことにより、トレンドによってレートが上がったら買いポジションを決済、含み損となっている売りポジションはレートが下がったら決済し、工夫すればどちらのポジションでも利益を得ることが可能です。

なぜ、同一口座での両建てがすべての業者で認められているの?

ゼロカットシステムによる海外FX業者への不利益が起きないから

そもそもゼロカットシステムというのは、ある口座で、予想外の相場変動によりロスカットが間に合わず、口座残高がマイナスになった場合に、その損失分を海外FX業者が負担するような仕組みです。

そのため、ゼロカットシステムが働くたびに海外FX業者が損をすることになります。

同一口座での両建ての場合、買いポジションと売りポジションの損益が相殺されるため、口座残高がマイナスになることはなく、ゼロカットシステムも基本は生じません。

そのため、同一口座での両建てが規制されていないのは海外FX業者の損失に関わらないといえます。

しかし、これから紹介する他の2つの手法はゼロカットシステムにより禁止されていることが多いです。

同一FX業者で複数口座間での両建て

同一FX業者で複数口座間の両建てを行うことは、ほとんどのFX業者で禁止されています。理由は簡単です。

ゼロカットシステムにより、FX業者に不利益が生じてしまうからです。

例えば、口座Aで買いポジションを取り、同一FX業者の口座Bで売りポジションを取った場合、一方では利益が生じ、一方では損失が出ることになります。この損失額が、口座残高を越えてしまうと、ゼロカットシステムの補填により、FX業者が借金を肩代わりしなくてはなりません。

となると、トレーダーは口座残高がマイナスになった時点で得をする形になります。

このような不当性を防止するため、複数口座での両建てはほとんどの場合禁止されています。

復数FX業者で両建て

複数FX業者での両建ても、同じくほとんどのFX業者で禁止されています。

理由は同一FX業者で複数口座間での両建てと同じですが、複数FX業者での両建ては、バレないだろうという気持ちから、手を出してしまう人が多いです。

しかし、取引プラットフォームが充実しているため、取引履歴から簡単にバレてしまいます。

不正な両建てがバレてしまうと、口座の凍結や取引の禁止といった措置が下されるので注意が必要です。

海外FXにおける両建てのメリット

両建てのメリット

リスク軽減

両建てをする上でまず思いつくメリットは、リスクを軽減することができることでしょう。

損失を利益がカバーできるのですから、トレードで損失が出てしまった場合でも、現在持っているポジションと逆のポジションを取れば、それ以上の含み損の拡大と、強制ロスカットを防ぐことができます。

また、リスクが軽減されることによって、トレーダーのメンタルの安定化を図ることができます。含み損が拡大しているときの焦燥感は計り知れません。含み損の拡大を防ぐことができる両建ては、安心して取引を行う有効な手段といえるでしょう。

相場をじっくり観察できる

 取引をしていて利益が出ていても、これから相場が上昇するのか、下降するのか、判断が難しい場面があります。買いポジションで利益が生じている場合、当然ですが相場の下降により利益が消失、最悪損失が出ることになります。

そんな時に売りポジションも同時にとることで、損益を相殺し続け、相場の流れを安心して観察することができます。前述しましたが、FX取引において、メンタル乱れは取引の乱れです。

また、長期的なトレンドに取りつつ短期的な逆張りをしたい場合にも有効であるといえます。

安心した取引を行うことができ、相場をじっくり観察することができる両建ては、初心者にとってかなりオススメできる手法です。

海外FXにおける両建てのデメリット

両建てのデメリット

不正な両建ては口座凍結などの処罰を受けるリスクがある

不正な両建てがバレてしまえば、口座が凍結される可能性があります。FX市場が盛り上がってきている現在では、不正な両建てを禁止するFX業者がほとんどです。

また、口座凍結のほかに出金拒否、両建てで手に入れた利益の抹消といったペナルティも課されることがあるため、しっかりとルールに則ったうえで両建てをしましょう。

スワップポイントで損する可能性

取引している通貨の金利差から、利益を得ることができるスワップポイントですが、多くの場合、このスワップポイントはマイナスポイントになってしまいます。

理由としては、多くのFX業者がマイナスのスワップポイントを大きくし、利益の一部としているからです。

そのため、ポジションを保有する期間が長くなる両建てでは、スワップポイントによる損失が拡大していってしまう恐れがあります。

長期的に両建てをする場合は特に注意しましょう。

海外FXの両建てのテクニック

両建てのテクニック

さて、ここまで両建てとは何か、どんなメリット、デメリットがあるのか簡単に紹介していきましたが、ここでは、両建てでどのように利益を上げることができるのか、説明したいと思います。

つなぎ売り

トレードをしていると、短期的な相場の予想よりも、長期的な相場の予想のほうが大切になっていきます。

今、トレーダーが長期的に見て相場が上がると予想し、買いポジションを保有していたとします。相場は乱降下しますので、当然相場が一時的に上がることもあれば、下がることもあります。

この場合、一時的に相場が下がるというときに買いポジションを保有した状態で売りポジションを持ち、短期決済すれば、相場が降下した分だけ利益を積み上げることができます。

買いポジションでも売りポジションを利益を得ようとすることは、相場の見極めが重要です。

経済指標発表時の相場変動対策

経済指標発表は、相場の動きに密接にかかわっています。

長期的に目指しているトレンドがあるにも関わらず、経済指標発表とかぶってしまった、そのような場合に両建てをするという選択肢があります。

なぜなら経済指標発表の前後で両建てすることで、相場の急激な変動にも対応することができるからです。

両建てすることで、経済指標発表後の動きを冷静かつ安心に分析できるといったメリットがあります。

両建てを禁止している海外FX業者一覧

以下が、両建ての手法ごとの海外FX業者の対応をまとめた表になります。

同一業者同一口座 同一業者複数口座 複数業者
XM × ×
iForex × ×
FBS
Axiory
Tradeview
GEMFOREX × ×
HotForex × ×
LAND-FX × ×
TTCM

ここでは、特に人気のある海外FX業者のXM、Axiory、GEMFOREXの両建てに対する扱いの違いについて詳しく見ていきたいと思います。

XM

XMは運営機関が12年と比較的長く、信頼性、安全性ともに優れており、新規口座開設数も破竹の勢いで成長しているFX業者です。そのため、初心者にオススメなFX業者の一つとも言えます。

そんなXMですが、両建てに関しては厳しい措置を取っており、同一口座内での両建てのみ許可されています。

しかし、XMには、XMポイントと呼ばれる、XM独自のポイントシステムのおかげで、両建ての恩恵を受けることができます。XMでは、1分以上ポジションを保持していれば、このXMポイントがたまる仕組みになっています。

両建てをすると、2ポジション分のポイントを手にすることができるため、トレーダーにとっては嬉しいシステムになっています。

口座登録で「3,000円」の取引ボーナスがもらえる

XMリアル口座開設はこちら

最短2分で登録完了

AXIORY

Axioryは2011年7月にサービスを開始した海外FX業者です。スキャルピングをしやすい、出金拒否などの事例がなく、信頼性が高いことから、日本でも認知度が高い人気FX業者となっています

Axioryは両建てに関しては非常に寛容的であり、すべての両建ての手法を認可しています。

とは言ったものの、露骨なロスカット狙いといった、明らかにAxioryの不利になるような行為は慎んでほしいと明言しています。

ルールの範囲内で、両建てを行うことに関してはルールがほとんどないため、様々な手法の両建てを実践したいという方にオススメです。

約定率99.99%の実績

AXIORYリアル口座開設はこちら

パートナーコード【20004】でお得に取引

Gemforex

Gemforexはボーナス制度が充実している海外FX 業者であり、口座開設をするだけで数万円の取引ボーナスを受け取ることができます。両建てに関しては、XMと同様に、同一口座のみでの両建ては認可しています。

また、アメリカの雇用統計や、各国の政策金利といった経済指標発表時を狙った両建ても、禁止されています。口座凍結の対象となってしまうので注意が必要です。

そのほかにも、この表を見てみると各手法の両建てに寛容な海外FX業者はFBS、Tradeview、TTCMが挙げられます。

しかし、どの業者もゼロカットシステムによる利益を目的とした両建ては禁止されています。FBSに関しては、複数口座での両建てを行った場合、ゼロカット対象外となるため、実質両建てが禁止されているということになります。

新規口座開設で【10,000円】もらえる

GemForexリアル口座開設はこちら

最短30秒で登録可能!

最大レバレッジ3000倍!追証なし!

FBSリアル口座開設はこちら

入金100%ボーナスでお得にトレード

まとめ

海外FXの両建て まとめ

いかがだったでしょうか。両建てにはメリットもあれば、デメリットも多く存在します。

また、海外FX業者は両建てを禁止しているのがほとんどで、禁止していなくても、ゼロカットシステムを目的とした両建てはすべての業者で不正としてみなされます。

そのため、両建てを行う場合は同一業者、同一口座で行うことが、デメリットを軽減できる手法といえるでしょう。

相場の動きを予想するための経済指標、両建てのテクニックの理解も安定したトレードを行うためには必要不可欠になっています。

-FX攻略