FBS レバレッジ

FBS

海外FX業者FBSのレバレッジを徹底解説【最大3,000倍】

レバレッジ3,000倍というハイレバレッジを提供している海外FX業者のFBSですが、ハイレバレッジ利用にはいくつか決まりがあります。

この記事では次の事が分かります。

  • FBSの口座タイプや取り扱い品目ごとのレバレッジ
  • FBSの3,000倍レバレッジの利用条件
  • 3,000倍のレバレッジでどの位のトレードができるのか

本記事を読み終えるとFBSのレバレッジについての全てが分かりますので最後までご覧ください。

最大レバレッジ3000倍!追証なし!

FBSリアル口座開設はこちら

入金100%ボーナスでお得にトレード

FBS口座タイプ別レバレッジ一覧

口座タイプ別 レバレッジ

FBSでは6つの口座タイプが用意されていますが、口座ごとに最大レバレッジが違います。

他の海外FX業者と比較すると口座タイプが多く用意されているのですが、口座タイプによって最大レバレッジが違いますので、次に一覧を作成してみました。

口座タイプ

最大レバレッジ
セント口座 1,000倍
マイクロ口座 3,000倍
スタンダード口座 3,000倍
ゼロスプレッド口座 3,000倍
ECN口座 500倍
仮想通貨口座 3倍
ボーナス専用口座 100倍

FBSで口座開設を考えている日本人トレーダーならば、マイクロ口座・スタンダード口座・ゼロスプレッド口座を資金量やトレードスタイルによって選択する場合がほとんどでしょう。

これら3つの口座であれば、最大3,000倍のレバレッジを利用する事が可能です。

ポイント

FBSの300倍のレバレッジが使えるのは3口座のみ

  1. マイクロ口座
  2. スタンダード口座
  3. ゼロスプレッド口座

スキャルピングをメインで行うトレーダーならば、ECN口座を開設する場合もあるかと思いますが、ECN口座は500倍に制限されています。

3,000倍のレバレッジと比較するとレバレッジが低いように感じるかもしれませんが、海外FXの平均レバレッジは400倍~500倍ですので、ECN口座も充分高いレバレッジと言えます。

FBSの取扱品目別レバレッジ一覧

取扱品目別レバレッジ

FBSでは通常の通貨ペアに加えて、指数や指標、仮想通貨、株式まで幅広くトレードが可能です。

ただし、レバレッジについてはトレードする品目によってそれぞれ違います。

そこで、FBSの品目別のレバレッジを一覧にしてみました。

取扱品目 最大レバレッジ
通貨ペア(USD/RUB以外) 3,000倍
通貨ペア USD/RUB 33倍
ドイツ株価指数 DAN30 100倍
株価指数 S&P500 33倍
NYダウ平均指数 YM 33倍
ナスダック株価指数 NASDAQ 33倍
エネルギー WTI BRN 33倍
貴金属 プラチナ パラジウム 100倍
貴金属 ゴールド シルバー 333倍
仮想通貨 3倍
株式 100倍

FBSは取り扱い通貨ペアが40種類程とけっして多くは無いですが、主要なメジャー通貨ペアはほとんどトレード可能です。

ですので、よほどマイナーな通貨ペアを希望しないかぎり不自由は感じないでしょう。

通貨ペアについてはロシアルーブルのみがレバレッジ33倍に制限されています。

ここに注意

通貨ペアではロシアルーブルのみレバレッジ制限がある

ロシアルーブルなどのマイナー通貨ペアは多くの海外FX業者で100倍以下に制限されていますので、FBSだけが特別というわけではありません。

株式については米国株中心に100種類程取引が可能ですが、レバレッジ100倍はかなりハイレバレッジと言えます。

国内の証券会社の場合、株式の信用取引を利用しても約3.3倍が最大レバレッジですので、100倍は資金効率がかなり高くなります。

FBSのレバレッジ制限

FBS レバレッジ規制

FBSでは口座残高に応じてレバレッジ制限がかかります。

口座の残高が基準額を超えると自動的にレバレッジが制限されます。

次にレバレッジ制限と入金額を一覧にしてみました。

口座残高 レバレッジ
200ドルまで 3,000倍
2,000ドルまで 2,000倍
5,000ドルまで 1,000倍
30,000ドルまで 500倍
150,000ドルまで 200倍

3,000倍のレバレッジがかけられるのは、日本円で約20,000円までになっています。

200ドルを超えると残高に応じて2,000倍、1,000倍とレバレッジが制限されていきます。

レバレッジ制限と聞くと何だかマイナスなイメージですが、FBSのレバレッジは制限後も非常に高いです。

実際にどの位のハイレバレッジなのかを、海外FX業者で人気のあるXMのレバレッジ制限と比較してみましょう。

次にFBSとXMの口座残高に応じたレバレッジ制限を比較できる一覧を作成してみました。

口座残高 FBS XM
200ドルまで 3,000倍 888倍
2,000ドルまで 2,000倍 888倍
5,000ドルまで 1,000倍 888倍
20,000ドルまで 1,000倍 888倍
30,000ドルまで 500倍 200倍
100,000ドルまで 500倍 200倍
150,000ドルまで 200倍 100倍

 

ハイレバレッジで人気のあるXMと比較しても、口座残高に関わらず常にFBSの方がレバレッジの倍率が高い状態である事がわかります。

レバレッジ制限がかかってもFBSのレバレッジは非常に優れていると言えます。

そして、FBSのさらに優れているポイントは、口座残高がある程度大きな金額になった時でもハイレバレッジが可能という点です。

約1,000万円の証拠金の場合でも500倍のレバレッジをかける事の出来る業者はそう多くはありません。

最大レバレッジ3000倍!追証なし!

FBSリアル口座開設はこちら

入金100%ボーナスでお得にトレード

3,000倍のレバレッジで持てるポジション

3000倍 レバレッジ ポジション

FBSでは3,000倍という他の海外FX業者と比較しても破格と言っていい程のハイレバレッジが提供されています。

ハイレバレッジを利用すれば小資金でも多くのポジションを持てるので資金効率を高める事が可能です。

しかし、FBSで3,000倍のレバレッジを利用するには口座残高が200ドル以下と決まっており「200ドルでは少ないのでは?」と感じている方もいるでしょう。

そこで、3,000倍のレバレッジで保有できるポジションを計算してみます。

3,000倍のレバレッジで何万通貨持てる?

「2万円で3,000倍のレバレッジをかけるとどの位のポジションが持てるの?」

ここでは、1ドル100円と仮定して計算していきます。

メモ

保有できるポジション数

20,000円×3,000倍÷100円=600,000通貨

2万円に3,000倍のレバレッジをかけると、60万通貨つまり6ロット保有することができます。

仮にXMの888倍だと次のようになります。

メモ

XMで2万円だと

20,000円×888倍÷100円=177,600通貨

XMだと同じ資金でも17万通貨強しか保有できないわけです。

さらに、これが国内FXの25倍だったらどうでしょう。

メモ

国内FXで2万円だと

20,000円×25倍÷100円=5,000通貨

国内FX業者だとたった5,000通貨しか保有できないのです。

いかにFBSの3,000倍のレバレッジが高いかが分かります。

20,000円までとは言え、3,000倍のレバレッジをかける事ができれば、相当数のポジションを保有する事ができるわけです。

10万通貨持つにはいくら必要?

次に、1ロット=10万通貨を保有するにはいくらかかるかを計算してみましょう。

FBSの3,000倍のレバレッジで1ロット=10万通貨持つには次のとおりです。

メモ

10万通貨持つのに必要な証拠金

100円×100,000通貨÷3,000倍=3333.33・・・円

FBSで1ロット=10万通貨持とうと思うと、証拠金は3,334円必要になります。

同じ条件でXMの888倍のレバレッジで計算してみましょう。

メモ

XMで10通貨持つには

100円×100,000通貨÷888倍=11261.261・・・円

XMの場合、約11,262円必要になります。

同じロット数を持つのに約8,000円近くもの差があり、それだけFBSは資金効率を高めたトレードが出来るという事です。

ちなみに、国内FXの25倍のレバレッジだとどうなるでしょうか。

メモ

国内FXだと

100円×100,000通貨÷25倍=400,000円

国内FX業者だとなんと、400,000円もの証拠金が必要になってきます。

少額でトレードを考えている場合は、海外FXの方がハードルは低いと言えます。

ただし、ハイレバレッジはリスクが高い事も頭に入れてトレードを行いましょう。

FBSリアル口座を開設をする

ポイント

  • ハイレバレッジは資金効率を高める事ができる
  • 少額の証拠金なら海外FXがおすすめ
  • ハイレバレッジはリスクも大きくなる

レバレッジは高ければリスクも高い

FBSのレバレッジは3,000倍とかなり大きいので、魅力的と感じるトレーダーも多いでしょう。

確かにハイレバレッジは資金効率を高める事ができますが、損失もその分大きくなるというリスクもありますので注意が必要です。

実際に3,000倍のレバレッジでトレードした時のリスクについて計算してみましょう。

ここでも1ドル100円として計算していきます。

保有する通貨ペアが10Pips動いたとすると

証拠金20,000円でフルレバレッジの買いのポジションを持っている状態で考えていきます。

FBSの3000倍のレバレッジならば、先程の計算より最大で60万通貨保有できます。

もしこの時1ドルが100円から99.90円まで10Pips下がったとすると、60万通貨の場合6万円の損失となります。

証拠金は20,000円ですので、価格が99.90円に達する前にストップロスに引っかかる事になります。

対してXMの場合は20,000円で177,600通貨保有できますので、10Pipsマイナスに動くと、17,760円の損失となります。

XMのロスカット水準は20%未満ですので、この場合もロスカットにかかります。

プラスになる場合ももちろん大きいですが、マイナスになる場合も同じペースで損失が膨らむ事になりますので、倍率をやたら大きくするのはおすすめできません。

値動きのゆるやかなドル円とは言え、10Pips程度は日常的に動く範囲ですので、エントリーを間違えるとあっという間に資金を失う事になります。

ちなみに、20,000円で60万通貨を保有すると、約3.5Pipsマイナスに動いた時点でロスカットとなってしまいます。

トレンドが出る以前に5~10Pipsはランダムに動く範囲内ですので、さすがに20,000円でマックスまでポジションを抱えるのは現実的ではないと言えるのではないでしょうか。

フルレバレッジで勝負しないにせよレバレッジを高くかけるという事は、それだけマイナスのリスクも増大している事を頭に入れてトレードしましょう。

また、FBSではレバレッジの変更も可能ですので、あらかじめレバレッジを下げておくのも良いかもしれません。

FBSのレバレッジの注意点

FBS レバレッジ 注意点

FBSのレバレッジは最大3,000倍ですが、無条件で常に3,000倍が適用されるわけではありません。

次のような条件下ではレバレッジが制限されますので頭に入れておきましょう。

FBSのレバレッジ注意点

  • 口座タイプによって最大レバレッジが違う
  • 入金額に応じてレバレッジ制限がかかる
  • 入金ボーナス利用の場合は500倍に制限される
  • CFDはレバレッジが制限される

FBSでは入金ボーナスを利用したトレードの場合はレバレッジが500倍に制限されます。

また、口座開設でもらえる100ドルボーナスをもらうには専用の口座開設が必要で、ボーナス専用口座はレバレッジが100倍になっています。

貴金属や指数などは、種類によって制限されているレバレッジの倍率が違いますので、トレードしたい品目のレバレッジは事前に確認しておくことをおすすめします。

まとめ

FBS レバレッジ まとめ

FBSは実質3,000倍のレバレッジが使えるのは証拠金20,000円までなので、少額のハイレバトレードをしたいトレーダーには特に向いていると言えます。

入金額が増えてレバレッジ制限がかかっても、利用できる実質レバレッジは他のFX業者の平均より高めですのでレバレッジで選ぶならFBSはおすすめです。

海外FXの中でも群を抜いて高い倍率のFBSの3,000倍レバレッジを一度体験してみてはいかがでしょうか。

最大レバレッジ3000倍!追証なし!

FBSリアル口座開設はこちら

入金100%ボーナスでお得にトレード

-FBS