エリオット波動 第3波

FX攻略

エリオット波動は長さのある「3波」を狙え!定番理論を分かりやすく解説

この記事は、こんな疑問・悩みを解決します!

「エリオット波動理論って何?」
「エリオットの波が上手く数えられない・・・」
「エリオット波動を勉強したけど使い方が分からない」 

エリオット波動理論に関するモヤモヤをスッキリしましょう。

エリオット波動理論は、FXトレーダーにとってもお馴染みの基礎知識です。

相場の流れを波を使って分析し、トレンドの状況を見極める働きがあります。

とは言え、基礎知識ながらエリオット波動を実践で初心者が使うのは難しいです。

本記事では、エリオット波動理論の基礎と、初心者でも簡単に使える「3波の長さを利益に変える方法」をご紹介します。

エリオット波動理論とは?

エリオット波動 理論とは

エリオット波動理論とは、相場のトレンドを波のカウントで数える定番の理論です。

エリオット波動は、トレンド方向への推進5波と調整3波で構成され、トレンドの進捗や優位性のあるエントリーポイントに探る際などに使います。

考案者は、米国のアナリストであるラルフ・ネルソン・エリオットであり、株式相場を基準に誕生しました。

エリオット波動理論の基本原則とセオリー

エリオット波動理論は、推進5波と調整3波で相場サイクルを数えると解説しました。

波のカウントは、何となく波の形を捉えるだけでなく、推進5波に明確なルールが存在しています。

推進5波のカウントを定義するルールが、エリオットの波動理論の基本原則3つです。

また、推進5波には、基本原則の他にトレードで役立つセオリーがあります。

セオリーは基本原則と違い、波のカウントで必須ではないものの、相場においてよく見られるパターンです。
ここでは、エリオット波動理論の3つの基本原則とセオリーを解説します。

基本原則(1) 3波が最も短くならない

eliot-third-wave-1

エリオット波動理論の基本原則で、最も重要なのが「3波が最も短くなることはない」です。

推進3波は、トレンドの転換が明確になり、多くの投資家・トレーダーが順張りのポジションをエントリーします。

下降トレンドなら売り、上昇トレンドなら買いと相場参加者の多くが同じ方向へエントリーすることで、3波の長さは最も長くなりやすいです。

3波は、力強いトレンドを示す大きな波であり、エリオット波動理論を使ったトレードで最も優位性があるエントリーポイントになりやすいです。

eliot-third-wave-5

エリオット波動理論のセオリー

2波の安値は、1波のフィボナッチリトレースメント0.5・0.618・0.786

エリオット波動理論で長さに特徴のある第3波には、3波のスタート地点を予想するのに役立つセオリーがあります。

3波のセオリーとは「2波の安値が1波のフィボナッチリトレースメントの0.5~0.786と重なりやすい」です。

3波のスタートから、上手くエントリーするには、3波のスタート地点は2波の安値と重なるため、2波の安値を見つける必要があります。

推進1波が正確にカウントできている場合に、1波にフィボナッチリトレースメントを当てることで、2波が予想可能です。

もちろん、必ずではないものの2波の多くは、1波のフィボナッチリトレースメントの0.5・0.618・0.786で止まりやすい傾向があります。

基本原則(2) 2波の安値は1波の安値を下回らない

eliot-third-wave-2

エリオット波動理論2つ目の基本原則とは「2波の安値は1波の安値を下回らない」です。

2波の安値が1波の安値を下回っていれば、正しい波のカウントではありません。

そもそも、エリオット波動理論の推進5波とは、トレンドが発生し、トレンド方向の値が動き、トレンドが終了する一連の流れを示しています。

1波は、トレンド発生の初動になりますから、2波が1波の安値を下回れば、新しいトレンドは根本的に発生していないです。

例えば、上昇トレンドに転換したと思われる状態で、1波が大きく上昇するも1波の起点を2波が割り込んでしまえば、安値を切り下げたことになります。

上昇トレンドは、高値と安値を切り上げなければなりませんから、推進1波と2波カウントとしては不正解です。

基本原則(3) 4波が1波の高値を下回らない

eliot-third-wave-3

エリオット波動理論の基本原則で、意外とカウントで忘れやすいのが「4波が1波の高値を下回らない」です。

4波の安値は、1波の高値を下回ることなく、あくまでトレンドの継続を示します。

仮に、4波の安値が1波を下回った場合には、単に4波の否定だけでなく、4波以下のカウント全てを再び数えなければなりません。

4波が1波を下回らない基本原則4波が1波の高値を下回らないことで、1から3波のトレンドの再確認と5波による最後の推進波に備えることができるのです。

eliot-third-wave-6

エリオット波動理論のセオリー

4波の安値は、3波のフィボナッチリトレースメント0.236・0.382

エリオット波動理論のセオリーを使って、4波の地点を予想することもできます。

4波の基本原則は、1波の高値を下回らなければ成立するので間の3波の長さによっては予想が難しいです。

したがって、3波の長さに対してフィボナッチリトレースメントを使うことで、4波の安値が止まる地点を探すことができます。

覚えておきたい「フラクタル構造」

eliot-third-wave-14

エリオット波動理論を完全に理解するには、「フラクタル構造」についても基礎知識として知っておきましょう。

フラクタル構造とは、Aの構造体の中には、Aを小さくしたBの構造体があり、Bの構造体にはBを小さくしたCの・・・と同じ構造が集合して物体はできている法則です。

エリオット波動理論に当てはめると、3波の長さの中には、小さな推進5波と調整3波があり、1つのサイクルが3波の長さを作っているというのがフラクタル構造です。

エリオット波動は長さのある3波を狙う

エリオット波動 第3波を狙う

エリオット波動理論の波のカウントに関わる基本原則3つと、波の価格を割り出す際に使える2つのセオリーを解説しました。

おそらく、エリオット波動理論の基礎知識はすでに知っている方も多いのではないでしょうか?

とは言え、基礎知識が分かっいても、波のカウントが上手くできない、トレードで使いこなせないといったエリオット波動理論に関する悩みは多いです。

エリオット波動理論を上手くトレードで使えない人は「長さのある3波だけを狙う」を実践してみましょう。

3波に限定してトレードを組み立てることで、シンプルかつ効率的に利益を狙いやすくなります。

eliot-third-wave-7

そもそも、エリオット波動理論の基本原則で3波を定義する部分が2つありました。

  • 3波が最も短くなることはない
  • 2波の安値は1波の安値を下回らない

3波は、推進5波におけるトレンドの上昇波で最も短くなることはなく、1波の安値を下回らない。

また、下降トレンドなら下降波で最も短くならず、1波の高値を上回らないとしています。

つまり、エリオット波動理論で伸びしろが大きくなりやすいのが3波であり、1波の安値を下回れば、波のカウントは成立しないので損切りポイントが分かりやすいのです。

さらに、エリオット波動理論の3波には「2波の安値(3波の起点)は1波のフィボナッチリトレースメント0.5・0.618・0.786」のセオリーが役立ちます。

フィボナッチリトレースメントが示す押し目の中で、「0.5・0.618・0.786」は、かなり深い水準です。

eliot-third-wave-8

前述した通り、2波の安値が1波の安値を下回ると、波のカウントも否定されますから損切りも狭くなります。

エリオット波動理論の3波は、損切りが浅く、長さも期待できるためリスクリワードの良いエントリーがしやすいのです。

エリオット波動で3波の長さは予想できる?

エリオット波動理論上、基本原則2つと1つのセオリーから損切り幅が狭く、トレンド続伸の長さが期待できると解説しました。

2波が1波の安値を下回れば、3波のカウント発生しないため損切り水準は明確です。

損切りの場所だけでなく、エリオット波動理論の3波の長さをフィボナッチエクステンションを使って予想もできます。

3波には、1波のフィボナッチエクステンション1.618以上になりやすいセオリーがあり、3波には波の長さエクステンション(延長)される場合が多いです。

エクステンションとは、トレンドが強い場合に見られやすい現象で、推進波の1・3・5で見られます。

エクステンションが発生しやすく、少なくともフィボナッチエクステンション1.618以上なりやすい3波は、手堅く利食いするなら1波の約1.6倍の場所に設定すると良いでしょう。

エリオット波動の3波を狙ったトレード例

エリオット波動 第3波 トレード例

ここまでエリオット波動理論の基礎知識と、3波の長さを生かしてトレードに取り入れるのがポイントだと解説しました。

具体的に、どういった形で実際のトレードでエリオット波動3波の長さを利益に変えていくのかを解説します。

テクニカル分析の段階から、エントリーポイントと利食い・損切りまで実践目線でまとめました。

eliot-third-wave-10

まずは、上位足から相場の状況を把握していきます。

こちらのドル円日足チャートでは、直近の高値を超え、エリオット波動理論の1波が発生したと考えられる状況です。

1波と仮定し、2波の安値をフィボナッチリトレースメントを使って予想します。

トレンドラインを引くと「下降ウェッジ」のチャートパターンも確認できます。下降ウェッジが見られると、その後は上昇に転じやすいです!

eliot-third-wave-11

フィボナッチリトレースメントを1波に当てたら、エリオット波動理論のセオリー「2波の安値が1波のフィボナッチリトレースメントの0.5~0.786と重なりやすい」を参考にエントリーを検討します。

基本的には、1波に対して0.5・0.618・0.786の3回に分けてエントリーをするのがシンプルです。

eliot-third-wave-12

エントリーポイントが分かったところで、次は「3波の長さ」を予想します。

3波は、エリオット波動論のセオリー「1波の安値と高値、2波の安値にフィボナッチエクステンション1.618以上になりやすい」を使い、3波の長さを予想することで利食いの目安も立てられました。

損切りは、3波が発生せずに1波の安値をした回った場合なので、1波の安値付近に設定しておきましょう

初心者のうちは、損切り注文だけでもエントリー時に設定しておくのがオススメです!

eliot-third-wave-13

エリオット波動理論のセオリーと、基本原則だけを使いエントリーポイントと利食い・損切りが決まりました。

赤色に描写した部分が損切り幅、緑色に描写した部分が利食い幅です。

想定できる利食い幅と損切り幅のリスクリワードは、約2.6倍なので比較的バランスの良いトレードができます。

エリオット波動理論に基礎知識と、3波の長さに着目するだけで1つのトレードが完成しましたね。

エリオット波動理論 まとめ

エリオット波動 まとめ

今回は「エリオット波動は長さのある「3波」を狙え!定番理論を分かりやすく解説」のテーマでお届けしました。

エリオット波動理論は、推進5波と調整3波でトレンドのサイクルを考え、トレンドの発生や進行具合を判断できます。

負けやすいエントリーを避け、押し目回や戻り売りにエリオット波動は役立ちますが、初心者には波のカウントが難しいです。

とは言え、全てキチンとカウントするのではなく、長さのある3波だけを狙えば簡単にトレードで活用できます。

-FX攻略