ダウ理論 本質

FX攻略

ダウ理論の本質とは?6つの基本原則と3つの重要ポイント

FXもとい、投資や投機の勉強を始めれば誰もが「ダウ理論」について勉強します。

ダウ理論は、古くからある相場法則の基本です。FXに関する書籍や、証券会社のセミナーなど基礎知識としてダウ理論は誰でも耳にすることがあるでしょう。

とは言え、ダウ理論の話は小難しく本質を理解できずトレードに活用できない人は多いです。

そこで、本記事では「ダウ理論の基本と本質」をテーマに実績的で分かりやすく解説をお届けします。

ダウ理論の6つの基本原則

ダウ理論 基本原則 6つ

ダウ理論の基本原則6つ

  1. 平均はすべての事象を織り込む。
  2. トレンドには3種類ある。
  3. 主要トレンドはマーケットの動向によって3段階からなる。
  4. 平均は相互に確認されなければならない。
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない。
  6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

ダウ理論の本質に入る前に、基本原則からおさらいしましょう。

ダウ理論とは、19世紀後半に、アナリストのチャールズ・ダウが基本構想を発表した有名な理論です。

ダウ理論は、上記6つの基本原則によって成り立っています。

簡単にまとめると、テクニカル(市場の価格の動き)に注目して、トレンドを重視した考え方がダウ理論です。

ダウ理論の本質をキチンと理解するには、まず基本原則の6つを理解しなければなりません。

ダウ理論の原則(1) 平均は全ての事象を織り込む

ダウ理論における「平均」とは、「価格」のことです。
つまり、ダウ理論の原則(1)は「価格は全ての事象を織り込む」という意味になります。

モノの価格は、取引される様々な買値と売値の平均によって決まるものです。

例えば、FXで取引する外国為替も世界中の全ての人々が同じ価格で売買するのではなく、○○円で買いたい・○○円で売りたいといった取引の平均が市場の価格になっています。

取引が成立するのは、双方が売買価格に納得した状態ですから、経済指標や各国の情勢を踏まえて、買い手と売り手が合意のもと全ての事象を織り込んで相場が成立しているのです。

ダウ理論の原則(2) トレンドは3種類ある

トレンドは3種類ある」とは、単にトレンドと言っても期間が3つ分かれるという意味です。

具体的に、ダウ理論は長期・中期・短期と3つの期間にトレンドを分類して考えます。

  • 長期トレンド】1年未満~数年の期間のトレンド
  • 中期トレンド】数日~数か月の期間のトレンド
  • 短期トレンド】数時間から数日

ダウ理論における、長期トレンドとは1年未満~数年単位のスパンで確認できるトレンドを指します。
なので、長期トレンドの目安は「週足・月足」です。

より短い期間の中期トレンドは、数日~数か月単位の日足や4時間足で確認できるトレンドを言います。

したがって、最も短い期間の短期トレンドは1時間足以下の短期足が中心です。

ダウ理論の原則(3) 主要トレンドはマーケットの動向によって3段階ある

ダウ理論の本質でも重要になるのは原則(3)「主要トレンドはマーケットの動向によって3段階ある」です。

ダウ理論の原則(3)とは、1つのトレンドでも細かく3段階に分けられると言う意味になります。

具体的に、ダウ理論における3段階のトレンドとは以下の通りです。

トレンドの「初期」

dow-essence-1

下降トレンドが終わり、最初の買いポジションがエントリーされるのが初期段階。

ただし、下降トレンドから上昇トレンドへ転換したと断定できない段階です。

本格的な上昇ではなく、押し目を付けてからトレンド中期の段階になる場合が多くあります。

トレンドの「追随期(ついずいき)」

dow-essence-2

トレンド初期は、最初の押し目を形成することで終わりを迎えます。

押し目が終わり、本格的な上昇局面を迎えるのがトレンドの「中期」です。
安値を切り上げ、上昇トレンドへの転換が明確になります。

トレンド中期は、明確な上昇トレンドを見て追随の買いポジションが入りやすいのが特徴です。
また、最も力強い上昇はトレンド中期で見られやすくなります。

トレンドの「終期」

dow-essence-3

トレンド終期は、末期と言われる段階です。

トレンド長期の段階では、初期・中期で買いポジションをエントリーした人々の利確が入り、新規買いともみ合います。

一過性の急騰や、もみ合いの後に上昇する局面が見られやすいです。
ただし、初期・追随期・終期と続いてきたトレンドが終わり、急激に下げやすい局面でもあります。

ダウ理論の原則(4) 平均は相互に確認されなければならない

平均は相互に確認されなければならない」とは、相場における相関関係を重視する原則です。

ダウ理論の原則(1)で解説した通り、平均とは価格という意味です。
価格の上昇や下降は、関連銘柄との相関関係が一緒に見られる必要があります

例えば、ドル円が上昇トレンドの時、ドルの価値が相対的に高くなるため、ドルとの通貨ペアはドル高傾向に進みやすいです。

ただし、ダウ理論の原則(4)は、株式市場を基準としています。
ダウ理論が考案された当時の、工業株と鉄道株の相関関係を基準としているため、外国為替の相関とは本質的に異なります。

ダウ理論の原則(5) トレンドは出来高でも確認される必要がある

トレンドは出来高でも確認される必要がある」とは、トレンドの発生は出来高が伴っていなければならないという意味です。

例えば、上昇トレンドの初期段階から、中期→長期へとトレンドが進行する中で、同じ規模感の出来高増加が見られなければなりません。

出来高を伴っていないトレンドは、ごく少数の取引で成り立つため、大きな取引によってトレンドが急激に崩れるとダウ理論では考えます。

ダウ理論の原則(6) トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

dow-essence-4

ダウ理論の原則で、最も本質的かつ実践的なのが原則(6)「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する」です。

明確な転換点と聞くと、いわゆるトレンド転換のチャートパターンが想像されやすいですが、ダウ理論の原則にチャートパターンは含まれていません。

ダウ理論における、トレンド転換シグナルとは高値と安値の関係を指します。

  • 【上昇トレンドへ転換】高値と安値の切り下げ→高値と安値を切り上げる
  • 【下降トレンドへ転換】高値と安値の切り上げ→高値と安値を切り下げる

そもそも、トレンドとは高値と安値の位置関係で決まります。

例えば、上昇トレンドへ転換する場合は、高値と安値を切り上げることが最も明確な転換シグナルです。

ダウ理論の本質とは?3つのポイントで完全理解

ダウ理論 3つの 重要ポイント

ダウ理論の本質3つのポイント

  1. 終値を基準にダウ理論は判断する
  2. 為替と株式で市場は異なる
  3. トレンドを見極めてトレンド沿う

ダウ理論の基本原則を理解したところで、次はFXトレードで活用するための本質に迫ります。

具体的には、ダウ理論は本質的に3つのポイントが重要です。

ダウ理論の本質(1) 終値を基準にダウ理論は判断する

ダウ理論を勉強して、実際にトレードをする時に迷うにはトレンドの判断をする価格です。

例えば、ローソク足一本でも高値・安値・終値・始値の4つの価格で構成されています。

特に、高値と安値を更新したのか、曖昧な場合には迷う原因にもなるでしょう。
ダウ理論では、本質的に終値を基準にトレンドや転換を判断します。

確定したローソク足の実体部分、終値を基準にダウ理論は使いましょう。

ダウ理論の本質(2) 為替と株式で市場は異なる

ダウ理論は、最もシンプルかつ実践でも役立つ本質的な相場理論です。

とは言え、ダウ理論が誕生したのは19世紀後半のこと。
また、根本的に古い株式市場を基準に考案されたことを忘れてはいけません。

例えば、株式市場はFXで取引する外国為替では、取引時間が違います。
外国為替の市場は平日24時間、株式市場は一日6時間程度です。

つまり、ダウ理論のベースとなる株式市場とFXでは、4倍以上の取引時間の差があります。

ダウ理論の原則では、トレンドの期間や段階がありますが、取引時間の長い外国為替市場の方が、トレンドの進行が早くなりやすいです。

ダウ理論の本質(3) トレンドを見極めて、トレンドに沿う

ダウ理論の本質として、重要なのは「トレンドを見極めて、トレンドに沿う」という考え方です。

ダウ理論の6つの基本原則について解説しましたが、全項目の共通点は「トレンド」にあります。
ダウ理論は、高値と安値の関係、段階と期間、出来高と相関を使ってトレンドを判断するため理論です。

今の相場が上昇トレンドと下降トレンドのどちらかを見極め、上がるなら買い、下がるなら売りで付いて行く「順張り(トレンドフォロー)」が基本になります。

とは言え、上昇トレンドだから買い!と単純思考も本質的ではありません。

ダウ理論では、トレンドの段階についても触れていました。
初期や追随期など期待値の高い段階では、リスクを取って積極的にポジションを取り、終期(末期)ならロット数を減らすなどリスク管理も重要です

ダウ理論の本質 まとめ

ダウ理論 まとめ

今回は「ダウ理論の本質とは?6つの基本原則と3つの重要ポイント」をテーマに解説しました。

ダウ理論は、19世紀後半に誕生していこう、多くの投資家・トレーダーに長く活用されている本質的な理論です。

基本の考え方は、トレンドを見極め、トレンドに付いていく順張りの考え方になります。

ダウ理論自体はシンプルですが、誕生したのが株式市場であり、現在の相場とは異なる点もいくかあるので、本記事で解説したポイントも押さえておきましょう。

-FX攻略