国内FXと海外FXの違い

FX攻略

国内FXと海外FXの違いとは?それぞれの概要を徹底解説!!

国内FXと海外FXにはどんな違いがあるのか

どんな違いがあるの?

FXを始めたいけどのFX業者がいいの?そもそも国内FX業者と海外FX業者には結局どんな違いがあるのか知りたいな

そう思っている皆さんのために、この記事では、国内FXと海外FXの違いを徹底解説し、それぞれのメリット、デメリットを簡単に解説していきます。

この記事を見ると、国内FXの海外FX の

  • 安全性
  • スプレット
  • レバレッジ
  • ロスカット
  • 入出金

の違いを知ることができます。さらに、FX業者で取引をした際のボーナスの違いも解説していきますので、ぜひご覧ください!

国内FX業者と海外FX業者の安全性の違い

安全性の違い

国内FX業者と海外 FX業者の安全性については、結論から言ってしまえば、国内FX 業者のほうが安全となっています。大きな理由としては、国内FX業者は日本の金融庁からの厳格かつ公正な審査を受けた業者がほとんどだからです。

また、信託保全の義務化といった、トレーダーの安全性を確保するとためのルールが設けられているため、安心して取引をしたいと考えているFX トレーダーにとっては非常に心強いです。

一方海外FX業者は無登録で金融商品取引業を行っている業者が多いことや、信託保全が無いという理由から、安全性という面に限って言えば、国内FX業者よりも劣っているといえます。

しかし、海外FX業者の場合、無登録で金融商品取引業を行っているおかげで、後に記載しますが国内FXとは比べ物にならないレバレッジで取引を行うことが可能です。

そのため、少額で大きな利益を狙いたいと思っているトレーダーは、海外FX業者で取引を行うことをお勧めします。

まとめ

海外FXよりも国内FXの方が安全性が高い 

海外FX業者のXMはレバレッジ888倍までかけることができ、非常におすすめです。

XMリアル口座開設はこちら

最短2分で登録完了

国内FX業者と海外FX業者のスプレッドの広さの違い

スプレッドの違い

国内FX業者と海外FX業者のスプレットの違いを解説する前に、そもそもスプレットとは何なのか、簡単に説明したいと思います。スプレットとは、簡潔に言ってしまえばFXの1回の取引に生じるコストのことです。

スプレッドの分かりやすい例

日本円からドルに交換するとき1ドルが110円5銭、ドルから日本円に交換するときは1ドルが100円5銭だとします。この時に、日本円でドルを交換してから、すぐにドルで日本円を交換すると、その差である10円を損失することになってしまいます。

このレートは為替市場の売買状況によって大きく変動しますが、ここで生じた10円の差額がスプレットと呼ばれているものなのです。この差額は、トレーダーにとってはコストになりますが、FX業者にとっては利益となります。

そのため、トレーダーは、取引に生じるコストを少しでも抑えたい場合、スプレットの幅が小さいほうがお得ということになります。

 

さて、本題に戻りましょう。国内FX業者と海外FX 業者とでは、どちらがスプレット幅が小さいのか。答えは、国内FX業者のほうが圧倒的にスプレット幅が小さい、です。

なぜなら、国内FX業者の場合、取引手数料からではなく、トレーダーの負け損失から主に利益を得ているからです。FX で勝つことができるのは全体の1~2割ほどでその他のトレーダーは負けることになります。

負けるトレーダーが多いため、国内FX業者は極端に言ってしまえば取引手数料を多くとらなくても経営としてやっていけるわけです。

また、海外FX 業者が国内FX業者と比べてスプレットを幅を大きく設定している理由としては、広告費が含まれているからです。

海外の場合、あるFX情報会社から紹介されたトレーダーが取引をするたびに、FX業者はFX情報会社に紹介料を払わなくてはなりません。この紹介料がスプレット幅に上乗せされているため、海外FX業者はスプレット幅を大きくしているのです。

まとめ

 
海外FXよりも国内FXのほうがスプレッドが狭い

[/st-mybox]

とはいえ、海外FXの中でも【iFOREX】はスプレッドが安くおすすめです。コストを抑えつつ一攫千金を狙いたい方におすすめの口座ですので、ぜひ登録してみてください。

ロスカット水準0%!追証なし

iFOREXリアル口座開設はこちら

100%入金ボーナスもらえる

国内FX業者と海外FX業者のレバレッジの違い

レバレッジの違い

次に国内FX業者と海外FX業者のレバレッジの違いを説明していきたいと思います。

レバレッジ

例えば、100万円分の取引をするとして、レバレッジ25倍であるとします。

その場合、必要な証拠金は100(万円)÷25(倍)=4(万円)

つまり、4万円が必要です。

勘違いしがちですが、重要なのはどれだけポジションを持つかということです。

レバレッジはあくまで必要な証拠金を定めている倍率にすぎません。

高レバレッジがハイリスクであると言われるのは、証拠金に対してより大きなポジションを持つことができるからなのです。

では実際に、国内FX業者と海外FX業者のレバレッジの違いをこれから述べていきます。

まず、国内FX業者ですが、金融庁の規定に基づき経営を行っているため、レバレッジは最大25倍までと定められています。

一方海外FX業者は、500倍、1000倍といった、国内FX業者とは比べ物にならないくらいのレバレッジで取引を行うことが可能。元手が100万円であれば、その1000倍の10億円分の取引ができるわけですから、資金が少ないトレーダーには好都合の仕様です。

レバレッジが高い分、リスクも大きくなってしまいますが、少ない資金でハイリターンを狙うことができるレバレッジ仕様は、海外FX業者の魅力となっています。

まとめ

・国内FXの最大レバレッジは25倍
・海外FXは500倍以上の高レバレッジが可能

なんと海外FX業者のTraders Trustでは最大3000倍のレバレッジをかけることが可能です。

最大レバレッジ3000倍!

Traders Trustリアル口座開設はこちら

入金100%ボーナスでお得にトレード

国内FX業者と海外FX業者のロスカットの違い

ロスカットの違い

ここではロスカットに違いについて話していきます。普通、取引をしているときに、証拠金維持率が口座資金の範囲内で低くなってしまえば、強制ロスカットが働くはずです。

しかし、大きなポジションを所持していた場合、為替の大変動によりFX口座に預けた資金以上の損失が出てしまう恐れがあります。

その際、国内FX業者は口座資金以上の損失が出てしまった場合、後日資金を投入して借金分を補填する追証をしなくてはなりません。そのため、トレーダーはFX業者に借金をする形になります。

一方海外FX業者ですが、海外FX業者は、FX口座以上の損失が出てしまった場合、ゼロカットというシステムが発動します。

ゼロカットは、FX口座以上の損失が出たとき、その損失分はFX業者が負担するシステムのことです。極端な話、口座残高が10万円で、高レバレッジで取引を行い、100万円の損失が生じてしまっても、損失金額の全額をFX業者が肩代わりしてくれることになります。

高レバレッジで大きなポジションを持つ場合は、ロスカットのある海外FXでトレードをすることをおすすめします。

ロスカットの基準は業者ごとに異なります、例えば【iFOREX】ではロスカット基準0%であるため、ギリギリまでポジションを持つことができます。

自分の取引スタイルに合った口座選びをしましょう。

まとめ

海外FXはゼロカットシステムにより、追証というマイナスが生じるリスクが無い 

ロスカット水準0%!追証なし

iFOREXリアル口座開設はこちら

100%入金ボーナスもらえる

国内FX業者と海外FX業者の入金方法の違い

入出金の違い

次に、国内FX業者と海外FX業者の入出金の違いについて説明していきます。まず、国内FX業者の入出金についてです。

国内FX業者の場合は、大きく分けて2つの入金方法があります。

・インターネット上で入金するクイック入金
・銀行やATMを使ってお金を入金する通常入金

の2種類です。

国内FX業者では現金がないとFX取引を行うことができません。したがって、取引を行う際は自己資金の範囲でのみ、取引が可能ということになっています。

一方海外FX業者は、国内FX業者と比べて多くの入金方法が存在しており、この下には、代表的な入金方法を3つ解説していきます。

クレジットカード、デビットカードによる入金

海外FX業者で特徴的なのは、クレジットカードやデビットカードにより入金が可能という点です。カードの場合、たとえ現金が存在しなくても、ショッピングや取引を行うことができるので、便利なシステムだといえます。

しかし、クレジットカードを入金に用いた場合、クレジットカードのショッピング枠を用いるため、利用枠を超えた入金を行うことはできません。

そのため、少額のトレードにはカードでの入金が向いていますが、多額のトレードには向いていないといえます。

バーチャルマネーによる入金

海外FX業者ではバーチャルマネーで有名なPayPal、Skrillなどにより、入金を行うことができます。残高分しか入金することができませんが、基本的には手数料が無料になっており、リアルタイムで取引口座に反映されます。

海外サイトでネットショッピングを利用するためにこれらのバーチャルマネーを保有していれば、即座の入金、取引が行えるため、便利な方法であること間違いなしです。

国内銀行による振込

この方法は、海外FX業者が指定している日本国内の銀行口座に、お金を振込む形となっており、国内FX業者とほとんど同じです。各銀行が定めている手数料を支払わなければなりませんが、クレジットカードやその他オンライン決済を苦手としている人も安心して利用できます。

近年では、インターネットバンキングも充実しているため、在宅で振り込み処理が可能です。

そのため、その他の入出金方法の中で最も簡単に処理ができる方法だといえます。

国内FX業者と海外FX業者のボーナスの違い

ボーナスの違い

FX業者の中には、口座を開設したり、取引を実際行うと、キャッシュバックといったボーナスが付与されます。ここでも国内FX業者と海外FX業者とでは内容が異なっており、その相違点をさっそく解説していきましょう。

国内FX業者のキャンペーン

国内FX業者では、海外FX業者ほどではないですが、口座開設時にキャッシュバックなどの特典を得ることができます。また、口座開設ボーナスと同じように、口座に入金しただけでもボーナスをもらえるところもあります。代表的なFX会社としては、FXTFやLINE FXといったところでしょうか。

FXTFでは、新規口座開設で3000円をもらうことができ、取引を行うとさらに7000円もらえ、合計で10000円を手に入れることができます。

しかし、これらのボーナスは、入金量や取引量に応じてもらえることがほとんどです。例えば、入金10万以上で1000円、取引金額10万以上で2000円といった具合です。

国内FX業者では、近年、紹介ボーナスなどのキャンペーンが充実してきています。多様なキャンペーンを利用したいと思っている人は国内FX業者で口座開設や取引を行ったほうがいいでしょう。

海外FX業者のキャンペーン

海外FX業者のキャンペーンは国内FX業者と比べて金額が高く、充実したものです。新規口座開設や入金でボーナスをもらえることに関しては、国内FX業者と変わりませんが、ボーナスの金額は、多いところでは10万円にもなります。

また、時期によってもらえるボーナスが異なっています。is6FXは、新規口座開設の際に、通常時では5000円、キャンペーン時には10000~円、中には10万円のボーナスをもらえたキャンペーンもありました。

ボーナスに関しては時期変動がありますので、日々チェックすると良いです!

このように、とにかく高いボーナスが欲しい!と考えているトレーダーは、海外FX業者を利用しない手はないでしょう。

入金ボーナス最大100%

IS6FXリアル口座開設はこちら

¥5,000分取引ボーナスを付与

国内FX業者と海外FX業者の違い まとめ

国内FX 海外FX 違い まとめ

いかがだったでしょうか。国内FX業者と海外FX業者の違いを徹底的に解説してきましたが、大きくまとめると、国内FX業者は安全性が高い、海外FX業者はハイリスクだがハイリターンを得ることができ、ボーナスも豊富といったところでしょうか。

FXを始める際には、国内FX業者に目を向ける人が多いと思いますが、高レバレッジ、ゼロカット、ボーナスの充実といった国内FX業者にはない魅力を持つ海外FX業者も検討してみる価値はあると思います。

この記事を読み、それぞれの業者の違いを理解して、自分に合ったFX業者を選ぶことができれば幸いです。

-FX攻略