DD方式 NDD方式 違い

FX攻略

【あなたのFX業者はどっち?】DD方式とNDD方式の違いを詳細解説

FXの発注方式にはDD式とNDD方式の2種類があります。

本記事では次の事が理解できます。

  • DD方式とNDD方式の違い
  • DD方式とNDD方式のメリットとデメリット
  • 主要海外FX業者の発注方式

どちらの発注方式も良い点と悪い点がありますので、自分のトレードスタイルに合わせて希望の発注方式を採用している業者を選びましょう。

 

DD方式とNDD方式とは

DD方式 NDD方式 違い

FXの発注方式には2つ種類があります。

発注方式の種類

  1. DD方式(ディーリングデスク方式)
  2. NDD方式(ノンディーリング方式)

DD方式とは、トレーダーと市場との間にディーラーが入り、注文を処理する方式を指します。

対してNDD方式はトレーダーの注文が直接市場に流れ、トレーダーと市場の間にディーラーが入らない発注方式を指します。

トレーダーと市場の間にディーラーが入るか入らないかだけで何が変わるの?

そう感じられる方も多いかもしれませんが、FXの発注方式においてはディーラーが入るか入らないかでかなりの差が生まれます。

そして、DD方式もNDD方式もメリットとデメリットを併せ持っています。

DD方式とはどんな発注方式か

DD方式はDealing Desk方式の略で、その名の通りディーラーがトレーダーと市場の間に入って注文をさばく方式です。

DD方式は主に国内FX業者が採用している事の多い発注方式です。

DD方式ではトレーダーの出した注文はまずディーラーに届きます。

ディーラーはトレーダーから受けた注文を市場に流して約定させるか、もしくは自社ないで約定させるかを選択します。

自社内で捌くとは、例えばトレーダーが買い注文を出したとすると、ディーラーは売りの反対注文をだして、トレーダーに約定させます。

その後、価格が下がった所でディーラーの売り注文を買い戻します。

このような取引きをすると、ディーラー側つまりFX業者側は売り注文の買い戻しで利益を得る事ができます。

しかし、この場合残念ながら買い注文を出したトレーダーは損失を出している事になります。

DD方式を採用している業者は、スプレッド以外に売買益を得る事ができるのです。

NDD方式とはどんな発注方式か

NDD方式はNon Dealing Desk方式の略で、トレーダーの注文が直接市場に流れて約定する方式を指します。

NDD方式は多くの海外FX業者が採用している方式です。

トレーダーの注文が直接市場に流れるので、取引の透明性が高く約定拒否などの現象が起きにくいと言われています。

間にディーラーが入らない分透明性を確保できるのですが、FX業者はDD方式のように自社ないで注文を捌けないので、スプレッド以外から利益を得る事ができません。

ただし、NDD方式の場合は反対売買の必要が無いので、トレーダーの利益や損失がFX業者側に影響を与える事はありません。

STP口座とECN口座

海外FX業者の口座紹介ではよくSTP口座とECN口座という説明が出てきます。

この2つの口座は取引手数料の徴収方法の違いを表しています。

メモ

STP口座:取引手数料がスプレッドに含まれている

ECN口座:取引手数料がスプレッドに含まれず別途取引手数料がかかる

STP口座の方が各業者とも力を入れている事から、口座を開設する際にはスタンダードのSTP口座を選ぶトレーダーが圧倒的に多いです。

ただし、スキャルピングメインでスプレッドを抑えたいトレーダーにとってECN口座は必須とも言えます。

なぜならばECN口座はスプレッドがほぼ0に近いので、取引手数料のみしかかからないからです。

多くの場合、ECN口座の取引手数料はSTP口座のスプレッドより狭く設定されているので、トレードコストを抑えるにはECN口座の方が良いと言えます。

ただし、ECN口座ではトレードコストを抑えられる反面、海外FXの特徴でもあるボーナスやハイレバレッジが適用されない事もありますので事前によく確認しましょう。

DD方式のメリットとデメリット

DD方式 メリット デメリット

トレーダーと市場の間にディーラー、つまりFX業者が介入するDD方式のメリットとデメリットを見ていきましょう。

また、DD方式を採用している海外FX業者もご紹介いたします。

ただし公式にはNDD方式と公表していても、実際の利用者の声やスプレッドなどからDD方式と思われる業者も含めています。

 

DD方式のメリット

DD方式のメリットは次の通りです。

DD方式のメリット

  • スプレッドが狭く抑えられる
  • スプレッドの変動が小さい

主にはスプレッドを狭くできる事がDD方式の最大のメリットと言えます。

DD方式を採用しているFX業者は、トレーダーから得られるスプレッド収入の他に自社内で捌いた注文から得られる利益も収入となります。

そのため、手数料収入のみのNDD方式の業者に比べて、利益を多く得る事が可能になります。

そうした背景から、DD方式を採用しているFX業者は得た資金を様々なサービスでトレーダーに還元しています。

最も分かりやすい還元がスプレッドの狭さです。

DD方式の業者は収益源が多い分、NDD方式の業者よりも平均スプレッドを狭く設定する事ができるのです。

国内FX業者のドル円の平均スプレッドと海外FX業者のドル円の平均スプレッドでは、約1Pips程差があるのはそのためです。

DD方式のデメリット

DD方式のデメリットは次のような点です。

DD方式のデメリット

  • トレーダーの利益がFX業者の損失になる
  • 約定拒否やストップ狩りが起こる可能性が否定できない
  • スキャルピングや大口トレードが禁止されている事が多い

DD方式の注文を自社内で捌く方法は、業者が利益を得ているという事は、逆に言うとトレーダーは損失を出している事になります。

つまり、トレーダーの利益はFX業者にとっての損失になってしまうのです。

そうした事から悪質な業者の場合、約定拒否やストップ狩りなどのトレーダーが不利になる現象が起きるとされています。

ただし、DD方式を採用している業者が皆約定拒否やストップ狩りをしているわけではありません。

あくまでもそうした行為をする事で自社の損失を回避する事が可能であると言うだけです。

現代では、悪質な約定拒否やストップ狩りが起こったならば、たちまちSNSなどで拡散されてしまうので余程怪しい業者でない限りは問題ないと言えますが黒い噂のある業者は念の為利用を避けましょう。

DD方式を採用している海外FX業者紹介

DD方式 採用 FX会社

DD方式を採用している海外FX業者には次のような業者があります。

公表していなくても、おそらくDD方式であろうと考えられる業者も含まれていますので、実際にDD方式を保証しているものではない点はご承知おきください。

DD方式を採用している海外FX業者

  • iForex
  • is6com
  • GemForex

iForex

iFOREXは海外FX業者のなかで最も古くから営業している業者のひとつで、日本人トレーダーにもなじみ深い海外FX業者と言えます。

iFOREXの特徴は取扱通貨ペアの豊富さや25年以上の営業歴を持つという安心感にあります。

また、株式のトレードも可能である点は、為替以外にもトレードをしたいトレーダー向きと言えます。

そして、海外FXを利用しているトレーダーの間では、iFOREXを利用しているトレーダーのことを『アイフォ戦士』など呼んだりします。

愛称で呼ばれるほどiFOREXが日本人になじみの深い海外FX業者であるという事です。

iFOREXではオフィシャルにはNDD方式を謳っていますが、実際はDD方式である事はもはやトレーダーの間では常識となっています。

ロスカット水準0%!追証なし

iFOREXリアル口座開設はこちら

100%入金ボーナスもらえる

is6FX

IS6FXは、前身のIS6comから2020年に社名変更した海外FX業者です。

もともとIS6comは2016年からサービスを提供しており、入出金トラブルが目立っていた業者でしたが、社名変更後は堅実な営業になったとの評判です。

IS6FXもDD方式を採用している海外FX業者として知られています。

2020年にIS6FXとなってからは、入出金スピードも早くなり、約定拒否やストップ狩りといったネガティブな噂も聞きませんので今後さらに拡大していく可能性もあります。

1,000倍のレバレッジは非常に大きいので、ハイレバレッジを希望するトレーダーにおすすめです。

入金ボーナス最大100%

IS6FXリアル口座開設はこちら

¥5,000分取引ボーナスを付与

GemForex

GemForexは多彩なボーナスプログラムや無料EAの豊富さで人気を得ている海外FX業者です。

GemForexはDD方式とNDD方式の両方を採用している海外FX業者です。

ただし、ゼロスプレッド口座はスプレッドが狭いにもかかわらず取引手数料がかからない点やスキャルピングができない点を考慮するとDD方式の色合いが濃いように感じられます。

もともEAの提供会社だったため、有料のものだと数万円から数十万円する事もあるEAが無料で利用できるメリットは大きいです。

ボーナストレードや自動売買を行いたいトレーダーに向いた海外FX業者と言えるでしょう。

新規口座開設で【10,000円】もらえる

GemForexリアル口座開設はこちら

最短30秒で登録可能!

NDD方式のメリットとデメリット

NDD方式 メリット デメリット

では次にNDD方式のメリットとデメリットを見ていきましょう。

トレーダーと市場の間にディーラーを挟まないNDD方式は多くの海外FX業者が採用している発注方式です。

約定力や取引の透明性など多くの点にメリットがあります。

NDD方式のメリット

NDD方式のメリットは次のような点があります。

NDD方式のメリット

  • 取引の透明性をたもてる
  • 約定拒否やスリッページが起きにくい
  • 約定力が高くなりやすい
  • 大口の注文にも対応できる

NDD方式ではトレーダーの注文が直接市場に流れるので、取引の透明性が非常に高いというメリットが挙げられます。

取引の透明性が高いとは、DD方式と違って自社内で注文を捌けないので、不利なレートでの約定や約定拒否が起きないという事を意味します。

トレーダーの不利になる現象が起きないので、結果的にトレーダーにとってのメリットは大きいと言えます。

また、注文が直接市場に流れることで約定力が高くなり、大口の取引にも対応できるというメリットもあります。

ディーラーが入らないので、スキャルピングなどの高速なトレードが可能という点も特徴的です。

NDD方式のデメリット

逆にNDD方式のデメリットは次のような点です。

NDD方式のデメリット

  • スプレッドが広めになってしまう
  • スプレッドの変動が大きくなる事がある

スプレッド以外の収益が少ない分、スプレッドはDD方式の業者と比較すると広めになってしまうわけです。

また、もともとスプレッドが大きい分変動が大きくなった時の動きも大きくなりがちです。

NDD方式を採用している海外FX業者

NDD方式 採用 FX会社

海外FXの多くはほとんどNDD方式を採用していますが、中でもおすすめの海外FX業者は次の3社です。

NDD方式を採用している海外FX業者

  • XM
  • Titan
  • AXIORY

XM

XMは日本人トレーダーの口座開設数がNO1という最も日本人になじみの深い海外FX業者です。

最大888倍のレバレッジや充実したボーナスプログラムで多くのトレーダーの人気を集めている業者でもあります。

トレーダーの求める必要なサービスが一通りそろっているので、海外FXを始めるならまずXMからスタートするのがおすすめです。

XMはNDD方式の業者で約定力が非常に高いので、スキャルピングにも最適と言えます。

口座登録で「3,000円」の取引ボーナスがもらえる

XMリアル口座開設はこちら

最短2分で登録完了

Titan

TitanFXは2014年の設立でまだ運営歴は浅いですが、豊富な口座タイプが用意されており、ボーナスがない分スプレッドで還元されている点が人気です。

また、ボーナストレードなどはあまり行わないトレーダーならば、スプレッドを抑える事ができるのでおすすめと言えます。

ボーナスを排除して徹底的にトレードコスト抑制にこだわる姿勢は、NDD方式を採用している業者のボーナス以外の還元強化とも言えるでしょう。

レバレッジ500倍!追証なし!

TITANFXリアル口座開設はこちら

取り扱い銘柄63種類

AXIORY

AXIORYは10年以上の実績を持ち、高い約定力と平均スプレッドの狭さで人気を集めています。

海外FXで多いボーナスは用意されていませんが、その分スプレッドを抑えたトレードが可能になっています。

そして、スキャルピング用のプラットフォームであるcTraderが使える点も特徴的です。

AXIORYは、トレードコストを抑えたい中級以上のトレーダーにおすすめの業者と言えます。

ボーナスがない分、スプレッドの狭さで勝負しているNDD方式の海外FX業者の代表です。

約定率99.99%の実績

AXIORYリアル口座開設はこちら

パートナーコード【20004】でお得に取引

まとめ

DD方式 NDD方式 まとめ

DD方式とNDD方式にはどちらにもメリットとデメリットが存在します。

自分のトレードスタイルに合った発注方式がどちらなのかを理解した上で口座開設する事をおすすめします。

国内FX業者の多くがDD方式を採用していますので、国内FXから海外FX業者を検討しているトレーダーならば、NDD方式のFX業者を選んで違いを実感するのも良いでしょう。

また、国内FX業者の発注方式で特に不自由を感じていないならば、DD方式の海外FX業者を選べば、違和感なく海外FX業者でトレード出来るでしょう。

-FX攻略