CryptoGT 出金手順

CryptoGT

CryptoGTの出金方法とは?他社との手数料の比較も!

この記事は

・これからCryptoGTで出金したいと考えている方
・CryptoGTについて知りたい方
・FXに興味がある方

に向けて、CryptoGTの出金方法や手数料をわかりやすく解説しています。

CryptoGTで現在取引を行っていて、出金したいけどやり方が分からない。海外FX業者の出金操作って難しそう。そう思っている人は多いでしょう。

この記事では、そんな方々のために、CryptoGTの出金手順や手数料をまとめていますので、ぜひご覧ください!

仮想通貨FXならCryptoGT

CryptoGTリアル口座開設はこちら

初回80%入金ボーナスもらえる

CryptoGTの出金手順

CryptoGT 出金手順

ここでは、CryptoGTの出金手順について紹介していきます。出金手順は大きく分けて2つあります。MT5口座からウォレット口座へ資金を移動させる作業と、ウォレット口座から出金を行う作業です。

CryptoGTでは、MT5口座とウォレット口座の2つの口座を用いることで入出金操作を行います。ウォレット口座に資金移動を行ってから出金を行うのは面倒ですが、操作自体は簡単です。早速見ていきましょう。

MT5口座からウォレット口座へ資金を移動させる

CryptoGTで出金を行う際には、まず、CryptoGTのMT5口座からウォレット口座へ資金を移動させる必要があります。

下の画面のように、最初にCryptoGTのホーム画面に行き、左側メニューのMT5をクリックしましょう。

すると、資金を移動させるMT5口座を決定できる画面に移動するので、資金を移動させるMT5口座が決まったら、決定ボタンをクリックしましょう。

その後、下画面のように、決定したMT5口座からウォレット口座へ資金移動を行うことができる画面に移動しますので、それぞれの入力個所に、

・移動元MT5口座
・移動先ウォレット口座
・移動資金

を入力していきましょう。

 

最後に転送ボタンをクリックすれば、MT5口座からウォレット口座への資金移動は完了になります。

ウォレット口座から出金する

MT5口座からウォレット口座へ資金を移動出来たら、いよいよ本来の目的である外部に出金を行いしょう。

下画面のように、CryptoGTのホーム画面の左側メニューである資金をクリックすると、下画面のように、入金、資金移動、出金の項目が出現します。その中から出金をクリックしましょう。

すると、下画面のように、出金通貨や出金額を記入できるページに移動するので、それぞれの項目を記入していきます。

この時、送信先のアドレスを間違えて入力してしまうと、正しく出金を行うことができなくなってしまいます。そのため、アドレスは慎重に入力するか、あらかじめコピーしておいて入力する際にペーストを行うなどの対策を行っておいたほうがよいでしょう。

この入力項目を埋めたら、CryptoGTの出金作業は終了になります。入力欄に口座番号や送信先のアドレスを入力するのは少し面倒ですが、コピーペーストを行えばスムーズに出金操作を行うことができるでしょう。

CryptoGTリアル口座を開設をする

出金額の確認

上記の手順により、CryptoGTの出金作業を終えたら、入力した出金額が過不足なく入金されているか送信先の口座で確認してみましょう。ほとんどの場合、入力した金額がちゃんと口座に反映されることになりますが、まれに出金依頼額とは異なった額が反映されることがあります。

この相違は約1ドル以下ですが、これはマイナーフィーによるものです。マイナーフィーというのは、ビットコインを送る際に、マイナーに対して支払う手数料の事です。ネットワークが混雑してくると、手数料を高くしなければビットコインのやり取りの承認が後回しにされることがあります。

そのため、トランザクションいった、ネットワークに負荷がかかっている状態に限り、マイナーフィーが上昇し、トレーダーの口座からマイナーフィーの分だけ資金が引かれてしまうというわけです。

とは言ったものの、このマイナーフィーは前述したように1ドル以下なので、あまり気にしなくてもしなくてもよいでしょう。

出金依頼額と反映された金額が異なる場合がある!

CryptoGTの注意点

CryptoGT 注意点

CryptoGTには、注意しなければならないポイントがいくつか存在します。ここでは、主に7つの注意点を紹介していきますので、これらの注意点を踏まえて、実際の出金操作を行いましょう。

CryptoGTリアル口座を開設をする

出金方法は仮想通貨

CryptoGTの出金手段は、仮想通貨だけです。そのため、出金を行う際には、この仮想通貨を介して資金を動かす必要があります。

また、CryptoGTには、取引専用口座であるMT5の口座があります。その口座から直接資金を得られるのではなく、CryptoGT内の仮想通貨ウォレットへ資金を動かしてから、利益を得られる形になっているのです。

入金手段は仮想通貨とクレジットカードになっているよ!

手数料は無料

CryptoGTでは、出金手数料は原則無料になっています。出金手数料だけではなく、入金手数料も無料です。他の海外FX業者は、少額の取引だと手数料が生じてしまいますが、CryptoGTの場合は手数料の心配はありません。

出金についても他の海外FX業者では手数料が生じてしまいますが、出入金の手数料が生じないCryptoGTは、非常にありがたい海外FX業者でしょう。

最低出金額が通貨ごとにある

CryptoGTで出金を行う際には、仮想通貨を介して行わなければならないということはもうご存じだと思います。仮想通貨は多くの種類の通貨が存在しており、CryptoGTではその通貨に応じて、再提出金額が決まっています。金額についてはCryptoGTの公式ホームページに掲載されていますが、以下に主要な通貨の最低入金額を記載しますので、こちらからも確認してみてください。

通貨 最低入金額
BTC,BCH,DASH,LTC,XMR,ADA 0.0001
ETH 0.00105
XLM 0.1
PAX,TUSD,GUSD,USDC 1
USDT 5

出金が完了するまで48時間かかる

CryptoGTの場合、口座から出金手続きを完了させてから、実際資金が送信させるまで最大でも48時間かかります。この理由としては、CryptoGTが、仮想通貨を厳重なセキュリティーシステムで管理しているからです。このセキュリティーシステムのおかげか、CryptoGTは、これまでに不正な出金拒否や口座凍結などの問題報告がなされていません。

しかし、安全なシステムがあるといっても、出金操作に丸2日かかるのは大きなデメリットともいえるでしょう。そのため、資金を早く確保したいと考えている方は、早めの出金操作を行う必要があります。

余裕を持った出金を!

ポジション保有中は出金できない

海外FX業者では、ポジションを保有している状態での出金が不可能です。これは、CryptoGTについても同じです。レバレッジ1000倍といった、ハイレバレッジで取引をしているときに出金をすると、証拠金が少なくなってしまいます。すると、取引で損失が生じてしまった場合、ロスカットされるだけではなく、ゼロカットシステムが発動してしまう恐れがあります。

ゼロカットシステムというのは、相場の急変によって、強制ロスカットが間に合わず、口座残高を超える損失が発生してしまったときに、FX業者業者がその借金を肩代わりしてくれるシステムのことです。ほとんどの海外FX業者では、このシステムを取り入れていますが、これはFX業者にとっては損なのです。

そのため、ゼロカットシステムの発動を防ぐためにポジション保有中の決済を禁止しているといってもいいでしょう。

出金依頼すると、ボーナス残高はゼロになる

CryptoGTでは、出金依頼をするとボーナス残高がゼロになってます。口座にボーナスが残っていたとしても、出金操作だけでそのボーナスが失われてしまうのは結構いたいですよね。

そのため、CryptoGTで出金を行う際には、口座にボーナスが残っているか確認してから出金しましょう。

5BTC以上の出金には、本人確認書類を提出しなければならない

CryptoGTには、出金制限が存在します。5BTC以上出金する場合、本人確認書類を提出しなくてはなりません。提出しなければならない書類は以下の2点です。

①本人性確認書類(写真付きカラー)

・パスポート

・自動車運転免許証

・マイナンバーカード

・写真付き住民基本台帳カード

②現住所確認書類(カラー)

・公共料金の請求書

・電話料金の請求書

・クレジットカードの請求書

・国民健康保険証

・住民票

本人性確認書類と、現住所確認書類から1つずつの提出が必要になっています。また、CryptoGTでは、アンチマネーロンダリングの遵守に基づき、出金依頼額は1か月間で合計10BTCまでと規定されています。

そのため、まとめて多額を出金しようとすると出金が制限されてしまうため、少しずつ出金して利益を移動しておきましょう。

計画的な出金をしよう

各海外FX業者の手数料

海外FX業者の手数料

CryptoGTの注意点で、CryptoGTは出金手数料、入金手数料ともに無料であることがお分かりいただけたかと思います。それでは、他の海外FX業者の出金、入金手数料はどうなっているのでしょうか。ここからは、有名海外FX業者であるXMTrading、Gemforex、Traders Trust の手数料について解説していきますので、比較してみてください。

XMTrading

・入金手数料

XMTradingの入金手数料は、国内銀行送金の場合、振込手数料が0~880円、入金額が1万円未満の場合980円の手数料が発生します。それ以外の入金手段については手数料は発生しません。

・出金手数料

入金と同様ほとんど手数料はかかりませんが、40万円未満の出金の場合決済代行手数料として2500円の手数料が発生してしまいます。

入金手数料 出金手数料
0~880円、入金額が1万円未満の場合980円 40万円未満の出金で2500円

XMリアル口座開設をする

Gemforex

・入金手数料

Gemforexの入金手数料は原則無料です。万が一入金の際に手数料を請求されたとしても、入金を証明できるスクリーンショット等をGemforexに提出すれば手数料を負担してもらえます。

・出金手数料

出金手数料も原則無料ですが、例外的に出金手数料が発生するパータンがあります。海外銀行への月2回以降の出金や入金後にトレード実績のない状態での出金、ボーナスのみのトレードによる出金には約4500円程度の手数料が生じるので注意が必要です。

入金手数料 出金手数料
無料 原則無料、4500円の時もある

GemForexリアル口座を開設をする

Traders Trust

・入金手数料

Traders Trustの場合は、入金手数料は無料です。万が一手数料が発生してしまったとしても、Traders Trustに申請をすればTraders Trustがその手数料を負担してくれます。

・出金手数料

出金手数料についても入金手数料と同様に無料となっており、申請手続きを行えば万が一の時の手数料もTraders Trustが負担してくれます。

入金手数料 出金手数料
無料 無料

Traders Trustリアル口座を開設をする

まとめ

CryptoGT 出金 まとめ

いかがだったでしょうか。CryptoGTの出金手順としては、

MT5口座からウォレット口座への資金移動 → ウォレット口座から出金

大きな流れは上の通りです。また、注意点を以下にまとめましたので復習してみてください!

①出金方法は仮想通貨だけ

②手数料は無料

③最低出金額が通貨ごとに存在する

④出金が完了するまで48時間かかる

⑤ポジション保有中の出金はできない

⑥出金依頼するとボーナス残高は0になる

⑦5BTC以上の出金には本人性確認書類を提出しなければならない

様々注意点が存在しますが、トレーダーが大きな損失を受けるようなことはないので、安心してトレードを行いましょう。

また、手数料についても、XMtradingやGemforexでは、入出金の際に手数料が生じてしまう場合があるのに対し、CryptoGTは出金、入金ともに手数料が無料です。毎回の入出金の際に手数料を請求されるのはかなり痛いため、どちらも完全に無料なCryptoGTはかなりおすすめな海外FX業者であることは間違いないでしょう。

この記事を読み、CryptoGTの出金方法や理解を深めていただけたら幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました!

仮想通貨FXならCryptoGT

CryptoGTリアル口座開設はこちら

初回80%入金ボーナスもらえる

-CryptoGT