CryptoGT 評判

CryptoGT

CryptoGT(クリプトGT) の評判│評判からわかるメリット・デメリット

あなたは、海外FX業者のCryptoGTの評判が気になっていませんか?

・CryptoGTの評判を知ってトレードに役立てたい
・CryptoGTのメリット・デメリットを知りたい

こちらの記事を読むと、CryptoGTがどんな業者なのかはっきりとわかるようになります。

評判、口コミ、メリット・デメリットをわかりやすくまとめました。

是非最後までお読みくださいませ。

仮想通貨FXならCryptoGT

CryptoGTリアル口座開設はこちら

初回80%入金ボーナスもらえる

CryptoGTとは

CryptpGTとは

CryptoGTは、2018年6月にキプロスで設立された仮想通貨FXに特化した海外FX業者です。

CryptoGTは仮想通貨の専門FX業者として、仮想通貨・為替・メタルとエネルギー・株価指数などを多数の商品を扱っております。
60を超える通貨ペアを提供している海外FX業者であり、豊富な通貨ペア数を高いレバレッジでトレードすることができます。

CryptoGT会社情報

運営会社 Hatio Ltd.
運営地 マーシャル諸島
手数料 入金・出金手数料:無料
スプレッド:通貨によるが基本的に狭い
スワップ手数料:通貨による(1日6回)
取扱通貨 仮想通貨:61ペア
為替:9ペア
ゴールド・株:4種類
レバレッジ 500倍
日本語対応
金融ライセンス ×

 公式サイトでは、日本語サポートが充実で初心者でも見やすいサイト設計となっており、仮想通貨を扱う日本人のトレーダーに人気があります。

CryptoGTの特徴

CryptpGT 特徴

CryptoGTの最大の特徴といえば、仮想通貨のみでトレードを行えることです。

ほかにも、いくつか特徴がありますのでご紹介します。

CryptoGTの特徴

  • MT5が使えて、EA制限なし
  • 着金が速い
  • 日本語サポートが充実
  • 金融ライセンスがない

といった特徴があります。

MT5が利用できて、自動売買ソフト(EA)の制限がありません。つまり、MT5で使える自動売買ソフト(EA)を自由に選ぶことができます。

CryptoGTは着金が速いのが特徴的で、たくさんのトレーダーから評価されています。主に入金は30分以内、出金は48時間以内です。

日本人向けの公式サイトの設計により、見やすく細かいところまで配慮されています。Q&Aなど初心者にとってわかりやすい説明がされています。

金融ライセンスは信頼度の指標となりますが、CryptoGTでは金融ライセンスがありません。

CryptoGTで実際に使用できる通貨を紹介

実際に使用できる通貨をご紹介します。

仮想通貨に特化した海外FX業者と言われるだけって、使える通貨は豊富に取り揃えられています。

引用 CryptoGT
仮想通貨 通貨 最小入金 手数料
BTC 0.0001 なし
BCH 0.00001 なし
ETH 0.05 なし
DSH 0.00001 なし
LTC 0.00001 なし
XMR 0.01 なし
XRP 25 なし
ADA 0.0001 なし
USDT 25 なし
NEM 0.0001 なし
PAX 0.000 なし
TUSD 0.000 なし
GUSD 0.000 なし
USDC 0.000 なし
ZEC 1 なし
EOS 1 なし
XLM 1 なし

CryptoGTでは小さな金額から入金することができ、入金・出金と共に手数料が0円です。

ココがポイント

入金してから口座に反映されるまでの時間は30分以内。
出金してからクレジットカードや仮想通貨に反映されるのは48時間以内です。

CryptoGTリアル口座を開設をする

CryptoGTの良い評判

CryptpGT 評判

ここからCryptoGTのリアルな評判や、本当の口コミを紹介します。

実際にどのような評判があるのかをリアルな口コミから見ていきましょう。

送金・着金が早くて助かる

両建てができるのが嬉しい

キャンペーンボーナスで得たボーナスでトレードできるのでリスクをおさえてトレードができる

CryptoGTの評判として様々な声がインターネットより寄せられています。

送金・着金が早くて助かる

特に多かった口コミは、送金・着金が早いことでした。

CryptoGTは送金・着金が早いことから、FXユーザから支持されています。送金・着金が遅いという報告は少なかったです。

両建てができるのが嬉しい

両建てとは、買いと売りのポジションを同時に保有することです。

この仕組みによりリスクを減らしつつトレードを行うことができます。

キャンペーンボーナスで得たボーナスでトレードできる

キャンペーンボーナスを利用することで、リスクをおさえたトレードを行うことができます。

CryptoGTでは積極的にキャンペーンを行っています。基本的に入金ボーナスが大きいのが特徴ですが、ボーナス額が変更されることもあるので早めに決断した方が良いです。

>

CryptoGTリアル口座を開設をする

CryptoGTの悪い評判

CryptpGT 悪い評判

証拠金維持率が高いからすぐにロスカットされてしまう

仮想通貨の入金しかできないので不便

基本的にスプレッドが狭いが、広いときもあるのが謎

証拠金維持率が高いからすぐにロスカットされてしまう

CryptoGTはロスカット基準が高いので、損失が出るとロスカットされがちで取引が終了してしまったという報告を見かけました。

ロスカット基準に関しては後ほどデメリットの部分でわかりやすく解説いたします。

仮想通貨の入金しかできないので不便

CryptoGTでは仮想通貨のみで入金・出金が行えます。

これまで銀行送金などによる現金やクレジットの入金はできないので、仮想通貨に抵抗がある人には不向きです。

基本的にスプレッドが狭いが、広いときもあるのが謎

CryptoGTは基本的にスプレッドが狭いのですが、広いときもあります。

仮想通貨ペアによってスプレッドが広い場合があるので、トレードを行う前にスプレッドをチェックしておきましょう。

スプレッドに関しては後ほど「CryptoGTのメリット」の部分で詳しく説明しております。

【評判からわかる】CryptoGTのデメリット

CryptpGT デメリット

ここからはCryptoGTのデメリットをご紹介します。

  • 日本円で入出金できない
  • ライセンスを取得していない
  • 信託保全を採用していない
  • ロスカット基準が高い
  • スワップポイントが1日6回発生する
  • MT4が使えない
  • レバレッジ変更が手間
  • 円建てのトレードができない

日本円で入出金できない

CryptoGTでは仮想通貨のみ入金・出金ができます。

銀行から日本円で入金したり、出金することができません。

ライセンスを取得していない

CryptoGTでは、金融ライセンスを取得していません。

金融ライセンスはそのFX業者を信用できるかどうかの指標になります。

しかし、実際のところはトレードにおける信用度は高く入金・着金の早さからユーザから評価されています。

信託保全を採用していない

CryptoGTでは、信託保全を採用していません。

信託保全とは

信託保全とは、顧客からお預かりした証拠金とFX業者の資産を分けて管理することです。分けて管理することにより顧客のお金を保証することができます。 信託保全を採用していないということは、FX業者が破綻した場合責任を負うことができないということになります。

ロスカット基準が高い

CryptoGTでは最大レバレッジを500倍に設定できる分、ロスカットの基準が100%と高めです。

たとえば、トレード口座に10BTCあり、5BTCでポジションを保有するとします。損益が-5.1BTCに膨らんでしまった場合、証拠金維持率が100%を切るのでロスカットされてしまいます。

追証がないので、追加で支払う必要はありませんがトレード口座に十分な証拠金を持っておく必要があります。

追証とは?

追証(おいしょう)とは追加証拠金の略のことで、損失で出た場合の支払いの義務のことです。追証なしの場合、FX口座がゼロになった途端カットされて取引が終了するため、追加でお金を支払う必要がないということになります。

スワップポイントが1日6回発生する

CryptoGTでは、スワップポイントが1日に6回発生します。

タイミングは日本時間で「3時、7時、11時、15時、19時、23時」です。

3時から4時間おきと考えておけば、覚えやすいです。

スワップとは、簡単に説明すると「金利」のことです。銀行でお金を預けると金利が発生して増える仕組みと同じです。

CryptoGTでは、元の金利がマイナスなので1日6回のスワップポイントのタイミングで手数料がかかります。

仮想通貨のスワップ手数料の一覧はこちらです。

手数料を抑えたいのであれば、できるだけ低いスワップポイントでトレードしましょう。

1日の手数料としてはBTC(ビットコイン)がスワップが低く、BNB(バイナンスコイン)が一番スワップが高いです。

レバレッジ変更が手間

CryptoGTのレバレッジは最大500倍まで設定しトレードすることができますが、レバレッジ倍率をご自身で変更することが出来ません。

レバレッジを設定する際には公式サイトよりメールを送る必要があります。
メールの内容は以下の通りです。

お問い合わせ先: jpsupport@cryptogt.com

【レバレッジ変更依頼】

トレーディング口座ID:入力

希望レバレッジ倍数:(5倍・10倍・20倍・50倍・100倍・200倍・500倍から選びます。)

また、変更する際はポジション保有をしていない状態でしか変更できませんので注意が必要です。

円建てのトレードができない

CryptoGTのトレード口座はすべて仮想通貨によるものとなりますので、円建てのトレードを行うことができません。

また、仮想通貨自体のレートというものが存在するので、相場変動による損失もチェックしておきましょう。

円建てとは?

外国から商品を送るときに価格表示を円で表示し、実際の支払いも円でされる事です。

【評判からわかる】CryptoGTのメリット

CryptoGT メリット

  • 仮想通貨が使える
  • 58種類もの仮想通貨ペア
  • 最大500倍レバレッジ
  • 日本語サポートが充実
  • 口座開設は1分
  • 積極的なボーナスキャンペーン
  • 入金・出金の手数料が無料
  • MT5が使える
  • スキャルピング、EAの制限なし
  • ゼロカットシステム採用・追証なし
  • スプレッドが狭い
  • 両建てのトレードが可能
  • 土日もトレードが可能

仮想通貨が使える

CryptoGTでは、入金・出金ともに仮想通貨のみ使うことができます。(2021年12月現在)

使用できる仮想通貨はこちら

 
仮想通貨ロゴ 通貨名称 最小入金
BTC 0.0001
BCH 0.00001
ETH 0.05
DSH 0.00001
LTC 0.00001
XMR 0.01
XRP 25
ADA 0.0001
USDT 25
NEM 0.0001
PAX 0.000
TUSD 0.000
GUSD 0.000
USDC 0.000
ZEC 1
EOS 1
XLM 1

豊富な仮想通貨を扱えるほか、最小入金額も低いのもメリットの1つです。

64種の仮想通貨ペア

CryptoGTでは、64種類の仮想通貨を用意しています。ライバルの海外FX業者でさえ15種類程度しか取引できないのでCryptoGTがどれだけ豊富に仮想通貨を扱っているのかが一目瞭然ですね。

さらに仮想通貨以外の為替やエネルギーも取引できるので、様々な商品でトレードしたい方におすすめです。

扱える仮想通貨ペアはこちらです。

USD=アメリカドル JPY=日本円 EUR=欧州ユーロ

最大500倍レバレッジ

CryptoGTでは最大500倍のレバレッジをかけてトレードを行うことができます。

ただ、デメリットで紹介した通り、レバレッジを変更するには公式サイトよりメールで問い合わせする必要があります。

その際、ポジションを保有していない状態でしか変更できないので注意が必要です。

お問い合わせ先: jpsupport@cryptogt.com

【レバレッジ変更依頼】

トレーディング口座ID:入力

希望レバレッジ倍数:(5倍・10倍・20倍・50倍・100倍・200倍・500倍から選びます。)

日本語サポートが充実

CryptoGTは日本語サポートが充実しております。

ライブチャット、メールによって問い合わせすることが可能です。

サイト設計も日本人向けに作られており、抵抗がないので口座開設~取引までカンタンに行えることができます。

  • 初心者でもカンタン登録
  • 仮想通貨に興味がある
  • 仮想通貨を持っていて、FXをやってみたい

といった方にオススメです。

口座開設は1分

CryptoGTの口座開設は1分と言われています。確かめるために、実際に登録してみました。

確かにアカウント登録までは1分、MT5口座開設は2分でできました。

流れは、公式サイト新規登録で名前やメールアドレスを登録すると、メールが届いて「認証」ボタンを押します。あとは使用するビットコインと、レバレッジを選ぶだけで口座開設できました。

スムーズに口座を開設できるのが素晴らしかったです。

口座開設後に、わかりやすい入金方法の案内メールが届きます。

CryptoGTリアル口座を開設をする

積極的なボーナスキャンペーン

CryptoGTでは積極的にボーナスキャンペーンを行っています。

2021年12月現在のボーナスキャンペーンはこちらです。

引用 CryptoGT

初めての入金で80%のボーナスがつきます。

例えば1万円入金で8000円のボーナスがつき、さらに回数は無制限で入金ごとに20%のボーナスがつきます。

初回だけでなく、回数が無制限で20%のボーナスがつくのは嬉しいですね。

仮想通貨FXならCryptoGT

CryptoGTリアル口座開設はこちら

初回80%入金ボーナスもらえる

入金・出金の手数料が無料

CryptoGTでは入金・出金の手数料が無料です。

しかし、仮想通貨によってトランザクションフィーという手数料がかかる場合があるので注意が必要です。

 

Transaction fee(トランザクション フィー)は、仮想通貨を別アドレスへ送付する際に設定する送付手数料のことです。 仮想通貨によってはかかる場合があります。

参考値→BTCの場合:約0.0001BTC)

MT5が使える

CryptoGTではMT5(メタトレーダー5)が使えます。

様々なデバイスで利用することができます。

  • Windows
  • Mac
  • iPhone/iPad
  • Andoroid

MT5とは?

MT5とは、メタトレーダー5の略で最新のトレードツールのことです。

MT5では仮想通貨が使えるというメリットがありますが、利用できるEA(自動売買ソフト)が限られているという特徴があります。

スキャルピング、EAの制限なし

スキャルピングが可能!

CryptoGTでは、スキャルピングが可能で、かつEAの制限がありません。

スキャルピングとは、数分~数十分の短い時間でトレードを行う手法のことです。トレードを積み重ねることで利益を狙います。

スキャルピングはサーバーに負荷がかかるため、禁止しているFX業者も多いです。

CryptoGTではスキャルピングが可能なので短期で何度も取引をしたい人に向いています。また、1日6回のスワップポイントを避けることで手数料を軽減することができます。

EAの制限なし

CryptoGTでは、EAの制限がありません。つまり、MT5で使えるEA(自動売買ソフト)なら使い放題ということになります。

そもそもMT5で使えるEAには限りがありますが、選択の自由度があがるためメリットといえます。

ゼロカットシステム採用・追証なし

CryptoGTは、ゼロカットシステムを採用しています。

本来なら、赤い部分のように損失分を追加で支払う必要がありますが、ゼロカットシステムにより支払いする必要がなくなります。

ゼロカットというのは、FXで損失をして口座がゼロになった場合カットが執行されるとトレーダー向けのサービスです。

例えば仮想通貨の口座に1BTCが入っていたとすると、ポジションの動きで1.1BTC以上の損失が発生したとしても、1BTCまでの損失に修正されゼロまでにカットされるというシステムです。

つまり、過大に損失が出ても追加で支払う必要がないので、借金というリスクをなくしてくれます。

スプレッドが狭い

CryptoGTは仮想通貨によるトレードのスプレッドが他社に比べて狭めに設定されています。

CryptoGTでは2019年11月5日のスプレッド革命でマーケットデプスを導入したことにより、業界最小水準のスプレッドを実現しました。

仮想通貨のスプレッドが狭い

マーケットデプスとは、注文ロット数に応じて価格が変化する仕組みのことをいいます。

トレードする通貨ペアにもよりますが、CryptoGTの仮想通貨スプレッドは狭く設定されております。しかし、このマーケットデプスによる仕組みで保有するロット数が大きくなるほどスプレッドも大きくなりますので注意が必要です。

平均スプレッドはこちら

仮想通貨ペア 平均スプレッド
ADAEUR 0.001pips
ADAJPY 0.2pips
ADAUSD 0.0023pips
BCHEUR 0.6pips
BCHJPY 68pips
BCHUSD 0.7pips
BNBJPY 120pips
BNBUSD 1.23pips
BNBXRP 1.35pips
BSVUSD 0.58pips
BTCEUR 6pips
BTCJPY 960pips
BTCUSD 8pips
DOTEUR 0.11pips
DOTJPY 16pips
DOTUSD 0.075pips
DSHEUR 0.32pips
DSHJPY 65pips
DSHUSD 0.5pips
EOSJPY 1.8pips
EOSUSD 0.016pips
ETHEUR 0.67pips
ETHJPY 90pips
ETHUSD 0.8pips
IOTUSD 0.0035pips
LTCEUR 0.32pips
LTCJPY 55pips
LTCUSD 0.42pips
MBTUSD 0.018pips
TRXUSD 0.000315pips
XLMEUR 0.0018pips
XLMJPY 0.25pips
XLMUSD 0.0012pips
XMREUR 0.55pips
XMRJPY 70pips
XMRUSD 0.6pips
XRPEUR 0.0023pips
XRPJPY 0.35pips
XRPUSD 0.0025pips
XTZUSD 0.016pips

CryptoGTのスプレッドは、表の通りバラつきがあります。ビットコインのスプレッドが高いことがわかりますね。

特にBTC/JPYの通貨ペアのスプレッドは960pipsなので扱う場合は注意が必要です。反対にTRX/USDのスプレッドは0.000315pipsと低いです。

スプレッドは常に変動されていますので、公式サイトよりチェックしましょう。

CryptoGTリアル口座を開設をする

両建てのトレードが可能

CryptoGTでは両建てのトレードが可能です。

両建てのトレードとは

売りと買いのポジションを同時に保有することにより、損失のリスクを下げる手法です。

FX業者によっては禁止している場合もあります。

リスクを下げるための手法ではありますが、CryptoGTではロスカット基準が100%と高いためロスカットされて取引が終了しないように注意しましょう。

土日もトレードが可能

為替相場は月曜日~金曜日のみ相場が開いていて、土曜日と日曜日は開いていません。

なので、土曜日と日曜日はトレードすることができません。

しかし、仮想通貨の相場には休日がなく年中無休で相場が動いています。

特にCryptoGTは仮想通貨に特化したFX業者なので、平日のみならず土日祝日も取引できるのが特徴です。

 

 

CryptoGTの評判 まとめ

CryptoGT まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここまでリアルな評判やメリット・デメリットをご紹介しました。

CryptoGTはスワップポイントが4時間おきに発生するものの基本的に全ての手数料が安く、入金・着金が早いため短期間でトレードをしたい方にオススメです。

また、日本語サポートも充実しており、口座開設も1分でできることから初心者の方にとっても安心してトレードを行うことができます。

  • 仮想通貨でFXトレードをしてみたい
  • 仮想通貨に興味がある
  • 仮想通貨で短期間取引をしたい

といった方にオススメです。是非この機会に口座を開設してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

仮想通貨FXならCryptoGT

CryptoGTリアル口座開設はこちら

初回80%入金ボーナスもらえる

-CryptoGT