AXIORY 出金

AXIORY

AXIORYの出金を徹底解説|出金拒否されるって本当?

AXIORY(アキシオリー)は低スプレッドや約定率の高さなどの理由から多くのトレーダーに利用されている、海外FX会社の1つです。

そんなAXIORYで、これから口座開設を行う方も、既に口座開設をされた方も、誰もが気にするのは「利益の出金」であると思います。

しかし、AXIORYの出金について調べてみると、サジェスト画面に「出金拒否」なんて言葉が出てきてしまったり……

「もしかして、AXIORYって危ない会社なんじゃ!?」

なんて思うかもしれませんが、安心してください。そこは100%大丈夫です。

何故安心できるのか、それはこの記事を最後までお読み頂ければ分かるようになっています。

この記事では

・AXIORYにおける出金方法がわからない

・AXIORYにおける出金ルールを確認したい

・出金ができない場合の原因を知りたい

以上のような方々に向け、海外FX会社でありAXIORYにおける出金について徹底解説していきます。

この記事を読むことで、AXIORYにおける出金のルールや方法、出金トラブル時の主な原因や解決方法などをご理解頂けるようになります。

是非最後までご覧ください。

約定率99.99%の実績

AXIORYリアル口座開設はこちら

パートナーコード【20004】でお得に取引

AXIORYの出金についての噂

AXIORY 出金に関する噂

AXIORYの出金で検索をかけたりすると、サジェスト画面に「AXIORY 出金拒否」などと表示される事が多いです。

筆者も試しに検索してみたところ、なんと8つあるサジェストの内3つが出金拒否に関するキーワードが設定されていました。

つまり多くの人が気にしている事と思いますが、断言しても良いです。

AXIORYでの出金拒否は、9割がトレーダー(我々)側による不手際です。

AXIORYの出金拒否はほとんどが利用者側の不手際

何故そう言い切れるかと言えば、AXIORYでの出金時には数多くのルールが存在し、出金拒否はルールのどれかに抵触している事がほとんどだからです。

なお、出金ルールの抵触が出金拒否の9割を占めています。

この9割中には、出金ルールどころか規約に違反して口座凍結を受けた人も含まれています。

さらに残り1割、我々トレーダー側に不手際がない場合についても口座ではなく中継先の金融機関でトラブルが発生した為に出金に時間がかかったとの事でした。

このようにAXIORYでは極めて誠実に出金対応を行なっていますので、その点に関しては信用していいでしょう。

AXIORYの出金前の注意事項

AXIORY 出金前の注意事項

まず入金方法を見ていく前に、必要な準備として気を付けるべき注意事項があります。

AXIORYだけに限りませんが、海外FX会社において基本的に出金は入金より注意すべき点が多くあり、先に注意事項を確認しておくと、後々の混乱を防ぐ事に繋がります。

出金時、先に注意しておくべき点は以下の3つです。

・自分のステージに要注意

・入金方法でクレジット/デビットカードを利用した場合は注意

・STICPAY・VLoadの場合は過去に入金実績のある場合に限る

それぞれ順番に確認しておきましょう。

自分のステージに要注意

AXIORYでは最短5分で口座開設を行い、トレードを行う事が可能になっています。

運転免許証などの本人確認書類が一枚あればよく、手軽にトレードを開始できるようになっている事が特徴です。

しかし、その状態ではトレードの一部に制限があったり、入出金にもいくつか縛りが設けられています。

その要因になっているのが「ステージ」と呼ばれるAXIORYのシステムです。

AXIORYでは2つのステージが用意されています。

それが「ライトステージ」「フルステージ」と呼ばれており、口座開設を行った場合、最初はライトステージが選択され、フルステージにアップグレードできるようになっています。

ライト・フルステージの違いは下記の通りです。

ステージ ライトステージ フルステージ
入金 合計10万円まで 金額制限なし
出金 ・入金合計額に上限あり

・利益額は出金不可

・入金金額制限なし

・利益額も出金可能

入出金方法 ・国内銀行送金(出金は不可)

・クレジット/デビットカード

(VISA/JCB/UnionPay/銀聯)

・STICPAY

・Skrill

・NETELLER

・国内銀行送金

・国際銀行送金

・クレジット/デビットカード

(VISA/JCB/UnionPay/銀聯)

・STICPAY

・VLOAD

・Skrill

・NETELLER

必要書類 ・本人確認書類 ・本人確認書類

・現住所確認書類

・セルフィ

取引開始までの時間 約5分 営業日24時間以内

特にライトステージで一番ネックな部分は「入金額以上の出金が出来ない」という事。

用意する必要書類や取引開始までに必要な時間など、フルステージの場合に面倒が多い事は事実ですが、利益分が出金できないのはトレーダーとして最も大きなデメリットになり得ます。

なので可能な限り早く、ライトステージからフルステージへのアップグレードをおこなっておきましょう。

入金方法でクレジット/デビットカードを利用した場合は注意

クレジット/デビットカードでの入金は即時反映が行われる為、多くのトレーダーが利用している事と思います。

しかし、クレジット/デビットカードを利用した場合の出金にはいくつか注意が必要です。

AXIORYだけに限りませんが、基本的にクレジット/デビットカードで入金した場合、入金した分はクレジット/デビットカードに出金されますが、利益分については出金できません。

もし利益分の出金を行いたい場合は、国内銀行送金・海外送金・STICPAYなどでの出金が必要になります。

また、クレジット/デビットカードを入金方法として選択した場合の出金時、入金額分は必ずクレジットカードに出金を行わなければならない仕様になっています。

例題

入金額:10万円・出金額:15万円の場合

クレジット/デビットカードに10万円出金

他出金方法に5万円出金

このように、出金手続きが2回必要になってしまいます。

「なんでこんなややこしい出金の仕方が採用されているの?」

「全部カードで出金させてくれれば楽なのに」

と思われる方も多いと思いますが、これには一応理由があります。

クレジット入金の場合はショッピング枠を使ったカード決済の為、出金の際にはショッピング利用履歴のキャンセルを行う事で出金対応を行なうという仕組みになっているからです。

こうした手続きを踏む為、入金額以上の払い戻しを行う事が出来ないようになっています。

その為、多少手間ではありますが入金方法をカードで設定した場合には注意しましょう。

STICPAY・VLoadの場合は過去に入金実績のある場合に限る

クレジットカードの場合は入金額以上の出金ができない事は分かりましたが、続いて他の出金方法についてです。

クレジットカードだけでなく他の出金についても、マネーロンダリングに対抗するアンチマネーロンダリングルールと規制を遵守している為、出金方法は入金方法と一致させる必要があるとされています。

これもAXIORYだけに限らず、他の海外FX会社の場合でも同様の場合が多いです。

マネーロンダリングとは…

マネロン、資金洗浄と言われる行為。

脱税や犯罪によって得られた資金を、出所がわからなくなるようにする為、架空または他人名義の金融機関口座を利用し、送金を転々と繰り返したりする犯罪行為です。

これに対抗する事をアンチマネーロンダリング(AML)と言います。

こうした犯罪行為を抑止する為、STICPAYやVLoadの場合は一度でも入金実績がある方法でないと出金が出来ない、と定められているわけですね。

例えば…

A銀行の口座を用いて10万円分の入金を行い、10万円の出金を行う場合

(STICPAY・VLoadでの入金実績はないものとする)

・A銀行への出金……可能

・STICPAYへの出金……不可

ただしクレジット/デビットカードとは違い、STICPAY・VLoadの場合は利益額も同時に出金可能ですので、カード出金よりは分かりやすいですよね。

こうしたいくつかの注意事項を理解した上で、それぞれの出金方法について確認していきましょう。

AXIORYの出金方法

AXIORY 出金方法

各種注意事項について学んだ上で、ようやくAXIORYでの出金について詳細を確認してみましょう。

日本国内でAXIORYを利用する場合は、以下の出金方法が利用可能です。

出金方法 手数料 利用対象
国際銀行送金 2万円以上/無料

2万円以内/出金ごとに1,500円

フルステージ
国内銀行送金 2万円以上/無料

2万円以内/出金ごとに1,000円

ライト・フルステージ
国内銀行送金 by Curfex フルステージ
クレジット/デビットカード ライト・フルステージ
STICPAY(スティックペイ) ライト・フルステージ
VLoda(ブイロード) ライト・フルステージ

他にも「Neteller」「Skrill」という方法もあるのですが、日本在住の場合は利用できませんので今回は割愛させて頂きます。ただ方法としては他の方法と基本一緒です。

しかし手数料については、国際銀行送金を用いる場合に少しだけ他と異なり、2万円以内の金額を出金する際には出金ごとに1,500円となります。

他の出金方法の場合は出金ごとに1,000円と考えると、手数料が高めに設定されているのが特徴です。

こうした出金方法がある中で、着金までの時間や出金最低額などもありますので、1つずつ詳細を確認していきましょう。

クレジット/デビットカード

出金方法 クレジット/デビットカード
手数料 2万円以上/無料

2万円以内/出金ごとに1,000円

利用対象 ライト・フルステージ
着金までの時間 3ー20営業日
出金最低額 1,100円
出金最大額 カード入金時の金額

クレジット/デビットカードでの出金には、いくつか制約がある事は前述の通りです。

しかしそれ以外にも、まだまだ注意すべき点があります。

クレジットカードの場合に限りますが「着金までの時間がカード会社や入出金のタイミングにより手続きが異なる」という点です。

通常、クレジットカード入金の場合はショッピング枠を利用して入金を行いますが、その請求は概ね翌月に行われます。

例えばクレジットカードが月末締日・15日支払いの場合……

2月1日にAXIORYへ10万円分の入金を行い、2月15日に10万円の出金申請を行うとします。

この場合はその月の請求確定前なので、ショッピング枠からキャンセル処理が行われ、10万円の入金と出金額が相殺され、翌月の請求に上がらなくなります。

つまり……

入金額10万円(請求確定前)・出金額10万円の場合

A.相殺可能。クレジット請求なし

しかし、例えば2月20日にAXIORYへ10万円分の入金を行い、翌3月5日に出金申請を行うと、既に締日を過ぎている状態になりますので、キャンセル処理が間に合いません。

この場合、一旦カードで入金した金額分はカード会社が請求し、後日カード会社に登録されている口座に出金額分の金額が返金される、という処理になります。

つまり……

入金額10万円(請求確定後)・出金額10万円の場合

A.相殺不可。クレジット金額を一度請求後、支払い口座に10万円を返金

こうした手続きを踏む為、着金までの時間は他の出金方法よりも複雑かつ期間が広めに設定されています。

クレジット/デビットカードでの入金は即時なので便利ですが、出金時にはこうした注意事項が多くある事を念頭に入れておきましょう。

国内銀行送金

出金方法 国内銀行送金
入出金手数料 2万円以上/無料

2万円以内/入出金ごとに1,000円

利用対象 ライト・フルステージ
着金までの時間 AXIORY手続き完了後~1ー2 営業日
出金最低額 1,100円
出金最大額

国内銀行送金は、次で解説するCurfexに登録を行っていない場合にのみ利用可能です。

基本的に大きく違いはありませんが、Curfexとは違いライトステージの場合でも入金が可能になっています。

ただし注意事項があり、出金時にはフルステージへアップグレードが必要です。

また国内銀行に着金した際、別途で受取手数料が発生します。

さらに、入金可能額が月に50万円までと制限もありますので、着金時手数料が気になる時や入金時に50万円以上の入金を行いたい場合はCurfexがオススメとなっています。

ただCurfexを経由しない事、ライトステージでも入金が可能な手軽さからオススメできる入出金方法です。

国内銀行送金 By Curfex

出金方法 国内銀行送金 By Curfex
入出金手数料 2万円以上/無料

2万円以内/入出金ごとに1,000円

利用対象 フルステージ
着金までの時間 AXIORY手続き完了後~1ー2 営業日
出金最低額 1,100円
出金最大額

上記の国内銀行送金サービスが開始される前に主流であった銀行送金方法です。

「Curfex」は関東財務局による認可を受けている香港の資金移動業者で、海外FX会社ではAXIORYでのみ取り扱いを行っています。

AXIORYは過去に「bitwallet」というオンラインウォレットを入出金方法として採用していましたが、提携解除が行われた事を皮切りにこのCurfexが提携業者として入出金方法のリリースがなされました。

通常の国内銀行送金と同様に、入出金手数料などのコストが低い為、AXIORYの入出金方法としては重宝されています。

また入金時には2万円以上の場合はAXIORYが手数料を負担してくれるにも関わらず、出金時も出金額の1%と割安になっている事も推奨ポイントですね。

さらに国内銀行送金とは異なり、入金額に対する制限もない為、50万円以上の入金を行う場合はCurfexがオススメになります。

国際銀行送金

出金方法 国際銀行送金
入出金手数料 2万円以上/無料

2万円以内/入出金ごとに1,500円

利用対象 フルステージ
着金までの時間 3ー20営業日
出金最低額 10,000円
出金最大額

海外FX会社の多くで主流の入出金方法が国際銀行送金となり、AXIORYでも採用されています。

ただし注意するべき点が国内銀行送金(By Curfex)と異なり、下記のような注意点が存在する事がネックとなっています。

注意点

・出金最低額が10,000円からと他の出金方法より高め

・入出金額が2万円以内の手数料が他の入出金方法より割高

・経由する金融機関で発生する手数料が高い

・口座反映や着金までの時間が「3ー20営業日」と日数を要する

・金融機関によっては入出金手続きを断られる場合がある

特に経由する金融機関によっては3,000~5,000円くらいのコストが発生します。

正直に言えば、国内銀行送金と比べて良いと思える部分が多くありませんので、海外口座を所有しているなどの理由がない限りは、現状選択する理由がありません。

STICPAY

出金方法 STICPAY
入出金手数料 2万円以上/無料

2万円以内/入出金ごとに1,000円

利用対象 ライト・フルステージ
着金までの時間 AXIORY手続き完了後~営業日24時間
出金最低額 1,100円
出金最大額

STICPAYアカウントを所有している場合は、STICPAYを用いた入出金も可能です。

国内銀行送金と同様に手続きも早く、AXIORY側での手数料も国際銀行送金と比べれば安めの為にオススメ……かと思いきや、こちらも注意事項が。

それはSTICPAY側での入出金手数料が割高になっている事です。

国内銀行とSTICPAYで入出金を行う場合、入金手数料が入金額の2%、出金額が800円+手数料が出金額の1.5%と、かなり割高になっています。

STICPAYへ既に入金されている分をトレードに用いる為などの理由がない場合は、新たにSTICPAYアカウントを作成して入出金を行う利点も大きくありませんので避けましょう。

VLoad

出金方法 VLoad
入出金手数料 2万円以上/無料

2万円以内/入出金ごとに1,000円

利用対象 フルステージ
着金までの時間 営業日24時間
出金最低額 2,000円
出金最大額

VLoadはポーランドに本社を持つ、クーポンタイプのオンライン決済サービスです。

クレジット/デビットカード、国内送金などでアカウントに入金を行った後、クーポンを購入してから入出金を行う、というプロセスになっています。

利点としては、カードや銀行口座の情報がFX会社に知られる心配がない為、セキュリティの高い決済方法として知られています。

ただしこちらのVLoadも、STICPAYと同様にVLoad側の入出金手数料が高いというデメリットが。

銀行送金で入金額の2%、クレジット/デビットカードが入金額の3.5%で、出金時には30ドル or 出金額に応じた手数料0.3%と、こちらも割高という印象です。

AXIORYリアル口座を開設をする パートナーコード【20004】

AXIORYの出金トラブルの主な原因と解決方法

出金トラブル 原因 解決方法

AXIORYでは基本的に、私たち利用者側がルールを守って申請を行えば拒否される事はありません。

しかし、どうして出金拒否がサジェスト表示されるほど話題になるかと言えば、恐らく出金方法が少し分かりづらく複雑だからという理由が考えられます。

ここからは出金トラブルが起きた際に、どう解決すれば良いかに着目し、解説していきます。

AXIORYの名義と異なる名義での出金サービスを利用しようとしている

AXIORYでは、口座開設を行った名義と出金先口座の名義が異なる場合には出金が出来ないようになっています。

家族を含めた第三者への送金などは出来ませんので、必ずAXIORYの名義と同じ名義の口座で出金するようにしましょう。

また、スペルが異なるなどの場合でも出金できないようなので、口座によって「TAROU」「TARO」などで異なる場合も注意しましょう。

出金後の口座維持率が100%以下になる

これは現在ポジションを保有している場合にのみ限りますが、AXIORYではポジション保有中でも出金申請が可能です。

ただし出金後の口座維持率が100%以下になる場合は強制ロスカットになってしまう可能性が考慮され、出金が出来ないようになっています。

出金トラブルが起こった際にポジションを保有していた場合は、一度ポジションを決済してから出金申請を行いましょう。

最低出金額以下であったり、最大出金額以上である

AXIORYでは出金方法によって、最低出金額と最大出金額が異なります。

例えば国際銀行送金の場合は10,000円以上の出金が必要になりますので、9,000円の出金申請では拒否されてしまいます。

また、クレジット/デビットカードでの出金時に、当該カードで入金した金額以上の出金が行えない為、出金ができません。

こうした最低出金額やカード出金の場合、出金額をもう一度確認してみましょう。

ライトステージユーザーのままになっている

AXIORYで取引を始めたばかりのトレーダーにありがちなのがこちらです。

AXIORYでは口座開設してすぐの状態ではライトステージユーザーとなっており、このままでは入金額分以上の出金が行えないようになっています。

もし利益分の出金を行いたい場合はフルステージにアップグレードする必要がありますし、フルステージへのアップグレードは1営業日ほど時間がかかるので、一度自分のステージがフルステージになっているかどうかを確認してみましょう。

利用規約違反などによる口座凍結を受けたから

こちらはあまり考えられない事ではありますが、例えばAXIORYの利用規約違反などを犯した場合に、口座凍結が行われる場合があります。

例えば、名義の詐称、マネーロンダリングを行っている、法律違反などですね。

口座凍結をされた場合は、資金移動や取引などが制限され、出金も行えない場合があります。

もし口座凍結をされてしまった場合の対処法ですが、凍結の解除は基本的に行われない為、難しいです。

ただ1つだけ言うのであれば「そもそも口座凍結されるような行為をしてはいけません」という事でしょう。

AXIORYリアル口座を開設をする パートナーコード【20004】

AXIORYのオススメ出金方法

AXIORY オススメ出金方法

色々と出金方法の解説を行ってきましたが、中には少しオススメしにくい出金方法があったり、注意事項が多かったりと、皆さんの頭を悩ませているかもしれません。

ですが「オススメの出金方法はないのか!?」と声を荒げる必要はありません。

何故ならAXIORYの出金は、圧倒的に「国内銀行送金 By Curfex」がオススメと言えるからです。

国内銀行送金 By Curfex がオススメな理由

これまで説明してきた中で「国内銀行送金 By Curfex」を除いた出金方法を思い出すと、正直多くの注意事項があった事を思い出せると思います。

・国内銀行送金は着金手数料がかかり、月50万円の入金制限がある

・国際銀行送金は着金までの日数がかかり、手数料が割高

・STICPAYやVLoadはアカウント側の入出金手数料が割高

こうした中で「国内銀行送金 By Curfex」ならば着金時の手数料が1%と固定化されており、着金も最大2営業日ほどで行われます。

強いて他の口座を選ぶ場合には、約50万円以上の入金や出金に際しては、国際銀行送金の方が手数料が割安になる可能性があります。

ただその場合も、その時になってから国際銀行送金を設定すれば良いだけなので、主に利用する出金方法としてはやはり「国内銀行送金 By Curfex」一択になると思います。

AXIORYの出金 まとめ

AXIORY 出金 まとめ

いかがでしたでしょうか。

AXIORYだけに限りませんが、海外FX会社の場合は出金に際し色々と手間や注意事項が多く、そのせいで悩んでしまったりする事も多いと思います。

ただAXIORYの場合は一度出金方法を登録しておけば、次回からその方法で出金する事が出来るなどのサポートもありますし、慣れれば他海外FX会社より使いやすい場合もあります。

皆さんがいざAXIORYでトレードを始めて、いざ出金で困った事があった場合は、またこの記事を読み返し、解決に繋げて頂ければ嬉しいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

約定率99.99%の実績

AXIORYリアル口座開設はこちら

パートナーコード【20004】でお得に取引

-AXIORY