AXIORY スプレッド

AXIORY

AXIORYのスプレッドは狭いのか|オススメCFDはゴールド!?

AXIORY(アキシオリー)は2011年に運営を開始して、低スプレッドとNDD方式による約定率、透明性の高さなどを売りに多くのトレーダーに利用されている、海外FX会社の1つです。

しかしAXIORYにおける最大のメリットと称されているのは「貴金属CFD取引」で、その中でも「ゴールド(XAUUSD)」は特に稼ぎやすい商品として人気を博しています。

この記事では

・AXIORYにおけるゴールドのスプレッドが狭いのか知りたい

・口座ごとにあるスプレッドの違いが分からない

・AXIORYと他社のゴールドのスプレッドを比較したい

以上のような方々に向け、海外FX会社であるAXIORYにおけるゴールドのスプレッドや口座ごとのスプレッドについて徹底解説していきます。

この記事を読む事で、AXIORYのゴールドやスプレッドについて、初心者~上級者の方までご理解頂けるようになります。

是非最後までご覧ください。

約定率99.99%の実績

AXIORYリアル口座開設はこちら

パートナーコード【20004】でお得に取引

AXIORYにおけるゴールドのスプレッド

AXIORY ゴールド スプレッド

ゴールド(XAUUSD)の取引は、日々価格の変化していく様々なCFD銘柄の中で安定した人気を博し、投資人口も増え続けている商品です。

なぜゴールドが人気を博しているのか、それは「金は安全資産」として投資の世界で親しまれているからに他なりません。

戦争や経済危機などの有事において、株式や為替相場は軒並み価値が下がりますが、金(ゴールド)は大昔から「お金の代わりになるもの」として扱われる事で、価値を失った事がありません。

金自体の主な用途は宝石になりますが、技術革新と共にテクノロジー製品の製造にも関わっている事もあり、今後にも注目されている商品と言えるでしょう。

勿論、2010年前半における金融ショックなどによる影響で一度大きく価値が下がった事等もありましたが、2010年後半には前半で下落した以上の成長を見せました。

こうしたゴールド(XAUUSD)の取り扱いを行なっているAXIORYですが、AXIORYは「ボーナスなどが無い分スプレッドが狭い」という評判をよく耳にし、そしてそれは事実です。

スプレッドは、いわばトレード会社に支払う手数料とも言うべきコストです。どれだけ安定した金融資産であるゴールドであったとしても、これがなるべく狭い会社を選びたいというのもトレーダーの心情です。

では、ゴールドのスプレッドはどうなのか。それをこの記事では紹介していきます。

口座タイプごとにスプレッドは異なる

まず最初に明記しておかなければならないのは「AXIORYでは口座タイプによってスプレッドが異なる」という事です。

海外FX会社は、取引を行う会社や口座ごとの機能によって様々な個性があります。

しかし、どこの会社も多くのトレーダーに自社で取引を行なってほしいと考え、1つの会社がいくつもの口座タイプを用意している事が多いです。

AXIORYも例外ではなく、大きく分けて2つの口座タイプに分かれています。

それが「スタンダード口座」「ナノスプレッド口座」の2つです。

性能 スタンダード口座 ナノスプレッド口座
注文方式 NDD STP方式 NDD ECN方式
対応プラットフォーム MT4・cTrader MT4・cTrader
最大レバレッジ 400倍 400倍
最低入金額 200ドル 200ドル
取り扱い商品 61種類の通貨ペア

10種類の株式指数CFD

4種類の貴金属CFD

2種類の原油CFD

61種類の通貨ペア

10種類の株式指数CFD

4種類の貴金属CFD

2種類の原油CFD

口座開設費用 無料 無料
取引手数料 なし 往復6ドル(0.6pips相当)
最小ロット 0.01 0.01
最大ロット 1000 1000
ロスカット水準 20% 20%
追証 無し 無し

その他にも「テラ口座」「アルファ口座」の2つが存在しますが、テラ口座は「ナノスプレッド口座をMT5専用にした口座」で、アルファ口座は「個別株やETFにのみ対応した口座」と、用途の限定された少し変わっている口座になりますので、ここでは割愛させて頂きます。

上記2つの違いはほとんどなく、違いは主に「取引時に手数料がかかるかどうか」と「スプレッドが広めか狭めか」の違いとなります。

そして、スプレッドの違いはゴールド(XAUUSD)でも同様です。

以上の口座による違いを覚えた上で、AXIORYにおけるゴールドのスプレッドが狭いのかを見ていきましょう。

結論から言うとAXIORYのゴールドはスプレッドが狭い

結論から言えば、AXIORYのゴールドは海外FX会社の中では狭い部類に入ります。

AXIORYは変動スプレッド制を採用している為、取り扱い商品の流動制が低かったり、相場が荒れているとスプレッドが開きやすいという側面はありますが、実測値を平均化すると分かりやすいです。

口座タイプ XAUUSDの平均スプレッド
スタンダード口座 3.2pips
ナノスプレッド口座 1.2pips

取引手数料のかからないスタンダード口座であっても3.2pipsと高くない数字を維持し、取引手数料が往復6ドル発生するナノスプレッド口座では1.2pipsと、かなり狭くなっています。

とは言えこれだけの情報では、どれだけAXIORYにおけるゴールドのスプレッドが狭いか分かりづらいと思いますので、先にゴールドのスプレッドに関する他社比較を行ってみましょう。

FX会社 XAUUSDの平均スプレッド
AXIORY(スタンダード口座) 3.2pips
XM Trading(スタンダード口座) 3.5pips
Gemforex(オールインワン口座) 3.4pips

こちらは実測値から平均的な数値を割り出したものになりますので、あくまで参考値ですが、海外FX会社の中では特に有名な【XM Trading】や【Gemforex】とも遜色の無いスプレッドとなっています。

加えて上記の表はあくまでスタンダード口座、つまりAXIORYの中でもスプレッドが広い口座での比較となります。

ナノスプレッド口座の場合は以下の通りとなります。

FX会社 XAUUSDの平均スプレッド
AXIORY(ナノスプレッド口座) 1.2pips
XM Trading(XM Zero口座) 2.1pips
Gemforex(口座) 2.1pips

この段階では、AXIORYのスプレッドが圧勝していますね。

ただし、忘れてはならないのが手数料です。往復で6ドルの取引手数料が発生するので、そこも加味して考えなければなりません。

加え、比較しているGemforexでは取引手数料が発生しませんので、その点で言えばGemforexの方が優ってしまうかもしれません……

なので手数料分も加味し、スプレッドに換算してみましょう。

FX会社 XAUUSDの平均スプレッド(手数料加味)
AXIORY(ナノスプレッド口座) 1.8pips(往復6ドル)
XM Trading(XM Zero口座) 3.1pips(往復10ドル)
Gemforex(口座) 2.1pips(手数料無料)

手数料を加味してみても、AXIORYのスプレッドの方が3社の中で一番狭い事が分かりました。

こう見てみるとAXIORYのスプレッドがいかに狭いかをご理解頂けると思います。

「とにかく狭いスプレッドでゴールドの取引をしたい!」と考えている人は、AXIORYでの口座開設が視野に入るでしょう。

ゴールド取引でのオススメはナノスプレッド口座

ここまでの説明でもあります通り、スタンダード口座とナノスプレッド口座には大きく分けて「取引手数料が発生する」、「スプレッドが広め or 狭め」という2つの違いがありますが、逆に言えば「この2つしか違いがない」という事になります。

他FX会社では低スプレッド口座の場合は最低入金額が高額であったりするパターンも多い中で、AXIORYではどちらの口座を選択しても最低入金額が変わらない事もあり、最初に飛び越えなければならないハードルは一緒となっています。

その為、取引手数料を加味しても、ゴールド取引で利益を狙いたい場合はナノスプレッド口座を開設する事がオススメになります。

AXIORYのゴールドを含めた各種スプレッドと他社比較

AXIORY スプレッド 他社比較

ここまではゴールドだけに着目して解説を行ってまいりましたが、AXIORYはゴールドを含めた貴金属CFDだけでなく外国為替FX、株式や株式指数、エネルギーなどのCFD銘柄を多く取り揃えています。

ここからはAXIORYが取り扱っている主要商品のスプレッド紹介と、他社のスプレッドとを比較してまいります。

(※全て独自調査上の平均スプレッドとなり、実際のデータとは異なる場合があります)

スタンダード口座のスプレッド一覧と他社比較

AXIORYのスタンダード口座は、ナノスプレッド口座と異なり手数料がかからない事が人気の口座です。

しかし手数料がかからないからこそ、ナノスプレッド口座と比較した場合はスプレッドが広くなっています。

これから紹介するのはスタンダード口座における特に人気の高い通貨ペア7つの平均スプレッドと、人気海外FX会社である「XM」「Gemforex」とのスプレッド比較になります。

FX通貨ペア AXIORY

(スタンダード口座)

XM

(スタンダード口座)

Gemforex

(オールインワン口座)

USDJPY 1.5pips 1.8pips 1.6pips
EURJPY 1.7pips 2.6pips 1.7pips
GBPJPY 2.6pips 4.1pips 2.4pips
AUDJPY 1.9pips 3.4pips 2.3pips
EURUSD 1.2pips 1.8pips 1.8pips
GBPUSD 1.9pips 2.4pips 2.5pips
AUDUSD 1.7pips 1.8pips 2.5pips

上記7つを含め、AXIORYでは61のFX通貨ペアが存在しますが、特に人気の高い上記の通貨ペアを一覧にし、XMやGemforexと比較する事で、その狭さが分かりやすくなると思います。

続いては株式指数CFDのスプレッドを比較していきますが、XMやGemforexでは平均スプレッドが公表されておらず、集計した結果もバラつきが大きかった為、ここでは発表値を記載しています。

また、AXIORYではCFDは全て現物取引なので、XMやGemforexも現物取引のスプレッドを記載している事をご了承ください。

株式指数CFD商品 AXIORY

(スタンダード口座)

XM

(スタンダード口座)

Gemforex

(オールインワン口座)

Nikkei 225

(JP225)

11pips 12pips 1pips
Dow Jones

(US30)

6pips 2.8pips -
NASDAQ

(US100)

4pips 2pips 20pips
S&P 500

(US500)

1pips 0.7pips 7pips
FTSE 100

(UK100)

7pips 2pips 27.5pips
EURO STOXX 50

(EU50)

3pips 2.6pips 26pips
DAX 30

(GER30)

8pips 2pips 30pips
CAC 40

(FRA40)

2pips 1.8pips 18pips
S&P/ASX 200

(ASU200)

2.9pips 3pips 30pips
Hang Seng50

(HK 50)

6.6pips 14pips 0.8pips

株式指数CFDにおいては他社と大きく明確に差があるわけではありません。むしろスタンダード口座では大差で他社よりも開いている銘柄もあります。

エネルギーCFD商品 AXIORY

(スタンダード口座)

現物

XM

(スタンダード口座)

先物

Gemforex

(オールインワン口座)

先物

WTI 原油 0.5pips 3pips 0.5pips
WTI 原油インデックス 0.6pips - -
ブレント原油 0.4pips 3pips -
ブレント原油インデックス 0.5pips - -
天然ガス 1.2pips - -

続けてエネルギーCFD商品におけるスプレッド比較ですが、XMやGemforexの場合はエネルギー商品の取り扱いに違いがあり、比較が出来るのは2種類だけに留まってしまいました。

また、AXIORYは現物、XMとGemforexのエネルギーCFDは先物取引になります。

現物取引と先物取引でも、スプレッドに違いがあります。その為、公平な比較という意味では不十分である事もご了承頂ければと思います。

貴金属CFD商品 AXIORY

(スタンダード口座)

XM

(スタンダード口座)

Gemforex

(オールインワン口座)

XAUUSD

(ゴールド)

3.2pips 3.5pips 3.4pips
XAGUSD

(シルバー)

3.6pips 3.4pips 3.2pips
XPDUSD

(パラジウム)

84.3pips 1001pips

(先物取引)

-
XPTUSD

(プラチナ)

43.1pips 425pips

(先物取引)

-

そして最後に、ゴールドも含めた貴金属CFDのスプレッドと比較になります。

貴金属も同様に、Gemforexはゴールドとシルバーの取り扱いしかなく、XMではパラジウムとプラチナが先物取引となっている事をご了承ください。

こうして見ると、スタンダード口座におけるCFD商品のスプレッドは、優れている部分もあれど他社と大きく異なる点はないように思えます。

しかし気をつけなければならないのは、株式指数CFDとエネルギーCFDについては、AXIORYだけが独自計測した平均スプレッドであり、XMやGemforexは発表値を記載している部分も多いという点。

加え、XMはスタンダード口座以外のZero口座などにおいても、CFD商品のスプレッドは変わりませんし、Gemforexは貴金属CFDを除くと、そもそもオールインワン口座しかCFD商品の取り扱いがありません。

以上の事も踏まえた上で、ナノスプレッド口座のスプレッドと比較した場合を見てみましょう。

ナノスプレッドのスプレッド一覧と他社比較

ここからはナノスプレッド口座のスプレッドと、他社における低スプレッド口座と比較して参りますが、AXIORYとXMについては取引手数料を加味した実質平均スプレッドを記載している事を、予めご了承下さい。

FX通貨ペア AXIORY

(ナノスプレッド口座)

XM

(XM Zero口座)

Gemforex

(ノースプレッド口座)

USDJPY 1.0pips 1.2pips 0.3pips
EURJPY 1.3pips 1.7pips 0.5pips
GBPJPY 2.3pips 2.7pips 1.0pips
AUDJPY 1.5pips 2.3pips 0.6pips
EURUSD 1.0pips 1.2pips 0.3pips
GBPUSD 1.5pips 1.4pips 1.3pips
AUDUSD 1.1pips 1.5pips 0.3pips

低スプレッド口座におけるFX通貨ペアの場合、低スプレッド+手数料無料というGemforexのノースプレッド口座に全ての軍配が上がる結果となりましたが、XM Zero口座と比較した場合は、ほぼ全ての通貨ペアでAXIORYの方が優っていました。

Gemforexの場合は取り扱いCFD商品の数が多くはない為、FXだけを行う場合はGemforexの方が良いかもしれませんが、CFDも含めた取引を行う場合は、AXIORYのナノスプレッド口座を選んだ方が良いかもしれません。

株式指数CFD商品 AXIORY

(ナノスプレッド口座)

XM

(スタンダード口座)

Gemforex

(オールインワン口座)

Nikkei 225

(JP225)

10pips 12pips 1pips
Dow Jones

(US30)

5pips 2.8pips -
NASDAQ

(US100)

3pips 2pips 20pips
S&P 500

(US500)

0.9pips 0.7pips 7pips
FTSE 100

(UK100)

5pips 2pips 27.5pips
EURO STOXX 50

(EU50)

2.8pips 2.6pips 26pips
DAX 30

(GER30)

7.0pips 2pips 30pips
CAC 40

(FRA40)

1.8pips 1.8pips 18pips
S&P/ASX 200

(ASU200)

2.2pips 3pips 30pips
Hang Seng50

(HK 50)

6.5pips 14pips 0.8pips

株式指数CFD商品については、XMとGemforexにおいて低スプレッド口座での取り扱いがない為、再びスタンダード・オールインワン口座との比較になります。

AXIORYもスタンダード口座より少しだけ平均スプレッドが下がった、程度に収まっている事がわかると思います。

エネルギーCFD商品 AXIORY

(ナノスプレッド口座)

XM

(スタンダード口座)

Gemforex

(オールインワン口座)

WTI 原油 0.5pips 3pips 0.5pips
WTI 原油インデックス 0.6pips - -
ブレント原油 0.4pips 3pips -
ブレント原油インデックス 0.5pips - -
天然ガス 1.2pips - -

エネルギーCFD商品についても同様に、XMとGemforexでは低スプレッド口座での取り扱いがない為、再びスタンダード・オールインワン口座との比較になります。

しかし、AXIORYもスタンダード口座との違いがありませんでしたので、ここはスタンダード口座での比較と同様のものになりました。

貴金属CFD商品 AXIORY

(ナノスプレッド口座)

XM

(XM Zero口座)

Gemforex

(ノースプレッド口座)

XAUUSD

(ゴールド)

1.8pips

(往復6ドル加味)

3.1pips

(往復10ドル加味)

2.1pips
XAGUSD

(シルバー)

2.2pips

(往復6ドル加味)

2.8pips

(往復10ドル加味)

2.0pips
XPDUSD

(パラジウム)

84.3pips - -
XPTUSD

(プラチナ)

43.1pips - -

そして最後に、ゴールドも含めた貴金属CFDの一覧と比較です。なおこちらの一覧も手数料を加味した実質スプレッドになっております。

またパラジウムやプラチナについては、スタンダード・ナノスプレッドのどちらでもスプレッドは変わらず、ナノスプレッド口座においても手数料がかからない商品になっています。

ゴールドについては先述の通り、手数料を加味した実質スプレッドで比較しても3社の中で軍配が上がります。

しかしシルバーについては、手数料を加味するとGemforexに僅かですが軍配が上がりました。

こうして様々な視点から比較して見ると、AXIORYの強みが見えてくると思います。

是非、口座開設時の参考にして頂ければ幸いです。

さらにスプレッドを比較したい方はこちら

AXIORYにおけるゴールドのスプレッドに関する注意事項

AXIORY ゴールド スプレッド 注意事項

AXIORYのスプレッドを比較し、ゴールドのスプレッドが如何に優れているかがお分かりいただけた事と思います。

ですがどんな海外FX会社にも注意事項は存在しますので、こちらも忘れず確認をしていきましょう。

ゴールドの最大レバレッジは100倍

AXIORYは最大レバレッジが400倍に設定されていますが、ゴールドやシルバーは最大レバレッジが100倍、パラジウムとプラチナは最大20倍と、400倍のレバレッジに比べると少々見劣りする数字になっています。

貴金属CFD商品 最大レバレッジ
XAUUSD

(ゴールド)

最大100倍
XAGUSD

(シルバー)

最大100倍
XPDUSD

(パラジウム)

最大20倍
XPTUSD

(プラチナ)

最大20倍

最大レバレッジが少なければ資金管理がしやすくなる利点はありますが、少ない資金での大口取引やハイリターンを見込みにくくなるというデメリットがある事は覚えておきましょう。

スプレッドが狭い分ボーナスなどがほとんどない

AXIORYはスタンダード口座もナノスプレッド口座も、他社と比較してかなり狭いスプレッドが魅力となっています。

しかしスプレッドが狭い分、多くの海外FXが採用しているボーナスやキャンペーンなどがほとんどない、というデメリットが目立つのも事実です。

もし「ボーナスやキャンペーンが豊富な海外FXを選びたい!」となった場合には、残念ですがAXIORYは口座開設候補から外した方が良いでしょう。

まとめ

AXIORY スプレッド まとめ

いかがでしたでしょうか。

AXIORYはボーナスやキャンペーンなどがほとんどない分、スプレッドに還元が出来ている海外FX会社であり、ゴールド取引においても優秀であるとお分かり頂けた事と思います。

昨今の経済不安が続く現状で「有事の安全資産」として多くのトレーダーに親しまれているゴールドの取引は、安定性という魅力に溢れています。

この記事を読んで下さった皆さんの中で、AXIORYでそんな「魅力のあるゴールドの取引を行ないたい」と思って頂ける方がいて下されば幸いです。

最後までご覧頂きありがとうございます。

約定率99.99%の実績

AXIORYリアル口座開設はこちら

パートナーコード【20004】でお得に取引

-AXIORY